人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

宮古島③

宮古島の南東部の保良(ぼら)のマイバー(前場)海岸では、

c0180460_0564133.jpg

高台から眺めると現在も成長している長いビーチロックがよく見えました。

c0180460_0571182.jpg

そばに行くと、石灰岩のレキやサンゴ塊、オオジャコガイなどを含んでいることがわかりました。

c0180460_0575031.jpg

東平安名崎を望む海食崖の上からは、大津波によって運ばれて来たたというたくさんの津波石が見られました。

c0180460_0581774.jpg

海岸に下りると、高さ60mの琉球石灰岩の崖の下に粘土の島尻層群が見られました。

ここいら一帯は、この石灰岩を通って浄化されたきれいな水が、粘土層の上からこんこんと湧き出す仕組みがよく解りました。

c0180460_0594100.jpg

東平安名崎の先端近くに行っても大きな津波石がごろごろしているのにもびっくりしました。

c0180460_0594567.jpg

みんな熱心に見学していて、東平安名崎の灯台の灯を見て宿に着きました。

c0180460_102015.jpg

夕食は沖縄の郷土料理を出してくれる店にお邪魔し、

c0180460_104881.jpg

各自、魚汁や


c0180460_114516.jpg
テビチの煮つけなどを堪能しました。

c0180460_124797.jpg

店内にはゴシキエビや

c0180460_13897.jpg

アサヒガニや、

c0180460_154258.jpg

タイマイなどの剥製も飾られていて素晴らしかったで~す。
by nami-5963 | 2010-12-10 21:34 | 沖縄の不思議 | Comments(0)