人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

冬の花

南国沖縄は冬でもいろんな花が楽しめます。

c0180460_5512457.jpg

青空によく映えるトックリキワタのピンクの花は、

c0180460_5514526.jpg

遠目には満開の桜のように見えます。

c0180460_18492469.jpg

真っ赤な花を咲かせる合歓木(ネムノキ)の意味を持つオオベニゴウカンは、ボリビア原産だそうです。

c0180460_18495386.jpg

パウダーをつけるパフに似た赤い花を咲かすので、英名はpowder-puffだそうです。

c0180460_5575622.jpg

薄紫色のラッパ状の花がたくさん咲いていたので写真を撮りに近づくとニンニクのにおいをぷん!とさせるのはニンニクカズラです。

c0180460_5581246.jpg

アルゼンチン原産のつる性植物だそうです。

c0180460_5531145.jpg

沖縄三大名花のひとつのオオゴチョウが黄色と朱色の花をわが家のベランダで楽しませてくれています。

c0180460_554053.jpg

よく見るとサヤエンドウのような種をたくさんつけていました。

c0180460_5543214.jpg

とってもきれいなブーゲンビレアを見つけました。

ブーゲンビレアは年中見られますが、冬の日が短くなってくると花をつける(短日性というそうです)性質があるそうです。

植木市で「夕方5時になったらダンボールをかぶせ、朝の8時になったら取ってやるといつも一杯の花を楽しめるさぁ~!」と教えてもらいました。強制的に冬の短日を演出するという方法のようで、面白いですね。

c0180460_5552723.jpg

わが家でも花盛りで~す!
by nami-5963 | 2010-12-22 21:48 | 花・草木 | Comments(0)