人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

サメの秘密?!

美ら海水族館の研究センターで「サメの秘密を探る」という自然教室がありました。

サメの秘密?!_c0180460_0431777.jpg

サメやエイといっても、自分になじみのあるのは酒のつまみの「エイのヒレ」や「ふかひれスープ」くらいしかないので、興味を持って参加しました。

最初にサメについてスライドを使って丁寧に説明してくれました。

サメの秘密?!_c0180460_043488.jpg

サメとエイは同じ仲間で、体は軟骨でできていて、頭の左右にえらの穴があるのがサメで、頭の下にあるのがエイだそうです。

サメ肌と言われるのは小さなうろこが頭から尻尾の方向にきちんと並んでいることからくるそうで、

サメの秘密?!_c0180460_0441133.jpg

うろこの顕微鏡写真の左が頭側になります。

サメの秘密?!_c0180460_0443132.jpg

サメにはダイビングなどで出会う浅海性(左のメジロザメ系)のものと深海性(右のツノザメ系)のものがいるそうで、浅海性のものからは「ふかひれ」やかまぼこ用の「白身」が採れ、

サメの秘密?!_c0180460_045699.jpg

深海性のサメの大きな肝臓からは肝油が採れるそうです。

驚かされたのは、生殖能力の高さとその素晴らしさでした。

サメ・「鮫」という文字は、「交」尾の時にオスがメスの体に噛みついて固定し、受精の確率を高めていること、

サメの秘密?!_c0180460_046249.jpg

メスの体の中で一年近く成長してから生まれてくるものは生存確率を高めていること、

サメの秘密?!_c0180460_0464672.jpg

卵黄を抱えたり、

サメの秘密?!_c0180460_0471059.jpg

胎盤を持った物までいるそうで、生存率を高める仕組みに驚かされるばかりでした。

サメの秘密?!_c0180460_0473661.jpg

卵から生まれるものでも、写真左のナノカザメのように陸上に揚げても七日間は生きていることから名づけられた!という素晴らしい生命力をもっていたり、真ん中のネコザメのように岩の隙間にねじ込んで卵を守る機能性も見られ、すばらしい!の一言でした。

最後に、「ジョーズ」の映画によってサメは人を襲う怖いイメージが植え付けられてきましたが、

サメの秘密?!_c0180460_0483142.jpg

交通事故の死者の方がはるかに多く、ハチやクマによる死者よりも少ない!ということでほっとしました。

いろいろとサメの勉強をしてから、いよいよサメの解剖に取り組むことになりました。

サメの秘密?!_c0180460_049653.jpg

私はこの大きな頭をひとつもらい、

サメの秘密?!_c0180460_049485.jpg

解剖をしてこのようなサメの顎と歯の標本をつくることになりました。

サメの秘密?!_c0180460_050525.jpg

サメは頭とあごの軟骨は人間のようにつながっていないので、切り離すのは簡単だそうです。

サメの秘密?!_c0180460_0511960.jpg

皮は身を守るためある程度の強度を持っていましたが、ナイフで切りこみを入れるとあとは割合柔らかで切断しやすかったです。

サメの秘密?!_c0180460_0514583.jpg

頭部を切り離す時に、脳みその入っていた部分の軟骨を切断してしまい、

サメの秘密?!_c0180460_0522196.jpg

たこ焼きくらいの大きさのやわらかいサメの脳みそを初めて見ることができました。

サメの秘密?!_c0180460_052527.jpg

舌の分厚い筋肉も見られましたが、味覚を感じることはなく、口を大きく開くための働きをしているそうでした。

サメの秘密?!_c0180460_0531943.jpg

ナイフを入れていくと軟骨の顎と鋭い歯が頭部と分離できました。

サメの秘密?!_c0180460_0534681.jpg

次はあごの軟骨に着いた肉を丁寧にそぎ落として軟骨だけにしていきますが、この作業に一番時間がかかり、大変でした。

サメの秘密?!_c0180460_0544892.jpg

サメの歯は鋭いナイフのようなもので、指を切ってしまい、ずきずきととてもうずきました。

サメの秘密?!_c0180460_055985.jpg

大奮闘の末、時間内で何とか出来上がったのがこれですが、あと細かい肉をそぎ落として乾燥させると標本の完成となります。

サメの解剖という貴重な体験ができ、とても面白かったけれど、とっても疲れま~した!
by nami-5963 | 2011-01-11 23:29 | 沖縄の不思議 | Comments(0)