人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

今帰仁の桜と歴史①

桜の季節に今帰仁の史跡を巡る催しが、三回のシリーズでありました。

c0180460_0153952.jpg

一回目は桜祭りが始まったところで、寒緋桜(カンピサクラ)は二分咲きぐらいでした。

c0180460_016625.jpg

それでも木によっては八分咲きのものもあり、十分目を楽しませてくれました。

c0180460_0163087.jpg

今帰仁村歴史文化センターで、「今帰仁グスクと北山の歴史」の講話の後、

c0180460_0165570.jpg

歴史ガイドのみなさんの案内で今帰仁グスクの周りの史跡を見学しました。

c0180460_0171557.jpg

山道を歩いて最初に着いたのが、シニグンニでした。

c0180460_0174213.jpg

ここは円形に石を並べてあったり、

c0180460_018683.jpg

四角い二段の石積みが残っている昔の拝所だそうです。

c0180460_0183238.jpg

アタイ原ウーニーという大きな石にくぼみがついたものもありました。

これは航海の安全を祈願した場所だそうです。

c0180460_0185823.jpg

お城への馬車道も横切り、

c0180460_0193372.jpg

昔の祭司施設があった三段の平らなナガレ庭(なぁ~)につきました。

c0180460_020497.jpg

昔の登城道のハンタ道に出ました。

c0180460_0203422.jpg

ハンタとは崖のことだそうで、敵が攻め込みにくいような険しい自然の石がむき出しになった道でした。

c0180460_021735.jpg

その途中にあるミームングスクという三段の石組は、物見台か出城の跡といわれているそうです。

登ってみると周りがよく見渡せるので、物見台のようでした。

c0180460_0215816.jpg

阿応理屋恵(あおりやけい)ノロ殿内(とんち)火之神の祠、

c0180460_0223860.jpg

今帰仁ノロ殿内火之神の祠、

c0180460_023632.jpg

供のかねノロ殿内火之神の祠という三つのノロ殿内火之神の祠が残っていて、今も参拝者が絶えないそうです。

ノロとは占いを行う昔の国家公務員だった女性のことで、

身分や位は、「阿応理屋恵ノロ>今帰仁ノロ>供のかねノロ」だったそうです。

c0180460_0235068.jpg

今帰仁城の南にはクバの御嶽がそびえ、今帰仁城を守護している聖地だそうです。

c0180460_0242085.jpg

今帰仁城は世界遺産に登録されていますが、現在も発掘調査中だそうで、首里城に次ぐ大きな歴史ある城だけあって、その奥の深さを感じることができました。
by nami-5963 | 2011-01-31 22:10 | 歴史・史跡・世界遺産 | Comments(0)