人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

ケラマの海④

水温21度の寒い中でしたが、ダイビングにも出かけました。

c0180460_0373759.jpg

目指すは水深25mの砂地にある小さな根です。ここには、2匹の大きなアザハタ夫婦が主として住んでいることから、「アザハタの根」と呼ばれています。

冬空で曇っていたため、夜になってきたと勘違いし、根の表面ではたくさんのエビが活動していました。

c0180460_0383249.jpg

根の表面に一番たくさんいたのは、スザクサラサエビでした。

c0180460_0394038.jpg

このエビの目は丸い中にブルーの四角があってとても幻想的なんですよ。

c0180460_040494.jpg

穴の左上にオトヒメエビ、右下にアカシマシラヒゲエビがいたり、

c0180460_041090.jpg

穴の一番奥には白い足を持ったホワイトソックスが潜んでいました。

c0180460_0413238.jpg

途中、目新しいエビがいてアカシマシラヒゲエビの幼生か?と思ったのですが、

c0180460_042771.jpg

あとで図鑑を見るとオキノスジエビのようでした。

エビを観察していると、根の主のアザハタ夫婦が私たちのようすを見に巡回にやってきます。

c0180460_0423263.jpg

この二匹とも18年来のなじみで、元気でいてくれるのが嬉しい限りです。

c0180460_043537.jpg

そうしているとおおきい方(メス)が、口とえらを大きく開けてホンソメワケベラのご夫婦にえらを掃除してもらいだしました。

エステタイムのようです。

c0180460_0433798.jpg

しばらくすると、アカシマシラヒゲエビにバトンタッチしていました。みんなおしゃれですね。

c0180460_044866.jpg

浅瀬に戻ってくると岩のくぼみの中にコバンハゼがいて目と目があったり、

c0180460_0442966.jpg

ヒトスジギンポが穴から全身を出していたり、

c0180460_045040.jpg

四匹のハゼが二方向に向いているのに出会ったりと、とても楽しいダイビングした。
by nami-5963 | 2011-02-19 22:34 | ダイビング・クジラ・水中写真 | Comments(0)