沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

与那川の探索①

ギノワンセミナーハウスから春の与那川の探索に出かけました。

c0180460_002884.jpg

国頭村の与那の集落から与那川の左岸を山に向かうと、そこは琉球大学の演習林になっていました。

c0180460_01454.jpg

山道を歩いているとヤンバル(山原)独特のブロッコリーの形をしたイタジイの森が新緑の輝きを放っていました。

c0180460_012480.jpg

最初に出会ったのはタツナミソウという白と紫色をしたかわいい花でした。

c0180460_015480.jpg

イルカンダという花は紫色をした地味な大きな花をたくさんつけていましたが、

c0180460_02178.jpg

ビックリしたのは、つる性植物の太くて曲がりくねったつるのすごさでした。

c0180460_023510.jpg

オレンジ色のリュウキュウイチゴは口に入れると甘酸っぱかったで~す。

c0180460_03512.jpg

ランの仲間のキンギンソウはたくさんの小さな白い花をつけていました。

c0180460_033543.jpg

演習林だけあって本土の杉を植えていましたが、気候風土の違いであまり大きく育たないそうです。

樹皮がらせん状に巻きついたようなユーカリの木が、周りの水を大量に吸って成長していました。

c0180460_04580.jpg

樹皮をつつくとスポンジ状になっていて、これならよく水を吸収できるわ!と納得しました。

c0180460_042793.jpg

山道を下り河原に出て、

c0180460_044851.jpg

川を100mほど遡上すると立派な滝がありました。

c0180460_051196.jpg

水はとてもきれいで、タニシや巻貝がたくさん住んでいました。

c0180460_053593.jpg

マイナスイオンに包まれておいしい昼食をとることができ、幸せでした。
Commented by TANOMUSAKU at 2011-06-07 11:07 x
綺麗な滝ですね。実は与那川は何度も歩いたことがあるのですが、この滝へは行ったことがありません。私が歩くと10メートル以上もある砂防ダムで行き止まります。その上にあるのかな。今度行ったら探してみたいです!
Commented by nami-5963 at 2011-06-07 16:03
TANOMUSAKU さん、こんにちは

お便りありがとうございます。
この滝は、「立ち入り禁止」の看板から5~600m?程歩くと、右手の山側から小さな水の流れが落ちてくる所があります。その5mほど先に左側の河原に降りる道があります。細い道ですが、パイプの手すりが付いているのですぐ目に着くと思います。河原に出てから、100mほど遡上するとこの滝に出会えますよ。次回チャレンジしてみて下さい。

                なみまる
Commented by TANOMUSAKU at 2011-06-07 16:33 x
なみまるさん
とてもご丁寧なお返事、ありがとうございます!
なるほど、私はあの看板を少し下ったところから川を歩いたことは何度かありますが、その場合大きな砂防ダムに突き当たっていました。どうやらこの滝はその砂防ダムのさらに上流のようですね!看板の貼ってあるゲートを越えていく道なのか、この看板を右に見ながらゲートを越えずに進む道なのか。後者の方なのでしょうか。天気のよい穏やかな日に行ってみたいと思います。これからもブログを拝見していきたいです
Commented by nami-5963 at 2011-06-08 00:05
TANOMUSAKUさん、こんばんは

あの看板の貼ってあるゲートを超えていく道を進んで下さい。緩やかな上り坂になっています。後は前回書いた小さな水の流れとパイプの手すりの小さな下り道を見つけて下さい。人工物はほとんどないので、見つけやすいと思いますよ。滝との出会いをお祈りいたします!

                  なみまる
Commented by TANOMUSAKU at 2011-06-08 14:49 x
なみまるさん、とても親切にご説明くださり、ありがとうございます!入山許可申請の上、行ってみたいと思います。暑い日にこの滝に出会って涼むのを楽しみにしております。
by nami-5963 | 2011-04-28 22:05 | 沖縄の不思議 | Comments(5)