人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

湧き水巡り①

湧き水funクラブの4月の例会がありました。

c0180460_0545646.jpg

ハーモニーセンターに16名の仲間が集まり、出来たての「浦添湧き水MAP」をもとに浦添市内の湧き水11ヶ所を見学して回りました。

c0180460_0581590.jpg

参加者の中に歴史ガイドをされている方もおられ、歴史的内容を説明して下さり一層理解が深まったことがよかったです。

c0180460_055295.jpg

最初に訪れたのは、前田の井の大人川(イノウシカー)でした。

c0180460_0554772.jpg

ここは古くから浦添城の前の豊かな水田地帯(前田)を支えた水の供給場所であり、どんな旱魃の時も枯れたことはなく、首里の王府からも認められたカーで、聖地だったところだそうです。

大人(ウシ)というのはうやまうという意味をもった言葉だそうで、今も水量が豊富で、田畑を潤していました。

c0180460_0561385.jpg

水槽の壁にここの保存に協力したコカコーラの文字と社長名が残っていました。

c0180460_0564043.jpg

浦添ようどれのすぐ下にあるウフカーは水量がとても豊富で、たくさんのパイプで農業用水に利用しているのがよくわかりました。

c0180460_057996.jpg

昔から当山や仲間の地域の人たちが大切に利用してきた水だそうです。

c0180460_0575062.jpg

ウフカーに行くまでの山道にきれいな花がたくさん咲いていました。

c0180460_0584647.jpg

薄紫の花はフダン草という野菜だそうで~す。

c0180460_0591263.jpg

当山の石畳や石橋を通って当山カーに向かいました。

c0180460_0593978.jpg

この石畳道は琉球国王が普天満宮に参拝するためにつけられた普天間街道で、

c0180460_10258.jpg

年貢を運ぶ馬も転げたという急坂になっていました。

c0180460_10256.jpg

山道を分け入ると、三段の野面積みの半月状のきれいな造りのカーがひっそりとありました。

c0180460_105123.jpg

当山の公民館の駐車場に戻る途中でおいしい!おそば屋さんを紹介してもらいました。

c0180460_112448.jpg

伊祖のクシ(後)ヌカーは、今も農業用水に利用されているようでした。

c0180460_114835.jpg

伊祖のメー(前)ヌカーは、聖地でもあり、たくさんの人が拝みに来るそうです。

ここでカメラの電池切れで、伊祖の伊波ガーとイー(上)ヌカーの写真は撮れませんでしたが、伊祖は水の豊かな集落だったことがよく解りました。

ここで午前中の見学が終わり、ハーモニーセンターで昼食をとることになりました。
by nami-5963 | 2011-05-01 20:51 | 歴史・史跡・世界遺産 | Comments(0)