人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

カバマダラ①

チョウチョウのカバマダラがたくさん飛びかっています。

c0180460_14523227.jpg

多い時で5~6匹が訪れてくれます。

c0180460_1453737.jpg

花の蜜を吸ったり、

c0180460_14532995.jpg

尻尾を曲げて卵をたくさん産みつけます。

c0180460_14565136.jpg

食草のトウワタの葉っぱの裏側に茶色い小さな卵をたくさん産みつけていました。

c0180460_14572374.jpg

卵からかえった幼虫は、6本のツノ(触覚)も小さくてとてもかわいいですね。

c0180460_14582100.jpg

もりもりとトウワタの葉っぱを食べまくりどんどんと大きくなりますが、脱皮などはしないようです。

c0180460_14584493.jpg

3.5cmくらいに成長すると動きも小さくなり、お尻をもぞもぞ動かしてサナギになる準備をします。

c0180460_14592940.jpg

触覚が4本ある方が頭部で、葉っぱをかじる口でどこがサナギになるのに一番いいかをあっち行きこ
っち行きし、しっかり探っているようです。

c0180460_150936.jpg

雨のかからない葉の裏とか物陰などお気に入りの場所が決まると、頭を下にして、尻尾から白い粘液をだして体を固定します。

こんな確実な行動ができるように遺伝子に組み込まれているのが不思議でなりません。
by nami-5963 | 2011-08-03 14:28 | 沖縄の不思議 | Comments(0)