人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

内間の歴史散策

うらおそい歴史ガイド友の会の主催で内間の歴史散策がありました。

事前の学習会や打ち合わせもし、準備OK!の状態でしたが、前日からの雨が朝まで残っていていたので、参加者は50名ほどにとどまってしまいました。

c0180460_15194680.jpg

受付の後、飲み物を受け取り、

c0180460_1520590.jpg

5班に分かれて資料をもらい、

c0180460_15202392.jpg

ストレッチ体操をしてからスタートしました。

c0180460_15214574.jpg

最初に訪れたのは天然記念物の内間の大アカギで、

c0180460_1522921.jpg

戦災にも焼けずに残り、今も雄大な姿を見せてくれています。

c0180460_15231775.jpg

この辺りは宅地開発がとても進んだため、たくさんの拝所や御嶽が合祀されていました。

c0180460_15234577.jpg

400年前、この地の疫病を退治するために獅子舞と棒術を持ち込んだというチャヌチヌチマル(茶貫軒丸)の墓もあり、

c0180460_15243680.jpg

公民館の南壁にはレリーフもあり、

c0180460_15245711.jpg

公民館内には雌獅子の頭も大切に保存され、

c0180460_15252582.jpg

街のシンボル的存在のようでした。

c0180460_1526331.jpg

道を渡ると根屋(宮里家)があり、ここを中心として古い集落があったそうです。

c0180460_15263290.jpg

パイプライン通りの年金事務所のところに軽便鉄道の内間駅(無人駅)があったそうです。

c0180460_1527661.jpg

人ひとりがやっと通れる細い道(スージ道)の右が浦添市で左が那覇市と教えられると、みんな「ええ~~!」と驚いていました。

c0180460_15273570.jpg

安謝川の側のカラチガー(頭井泉)は貴婦人が洗髪に利用し、産湯や若水にも利用されたそうですが、今は水脈が枯れてしまっていて残念でした。

c0180460_15281150.jpg

昔は、内間西公園のあたりまで海が入り込んでいて、砂遊びや魚を採って遊んだと街の古老が話して下さいました。

c0180460_15283812.jpg

この辺り一帯を統治した有力者の按司墓(アジバカ)があり、

c0180460_1529658.jpg

その東となりに鍛冶屋が使っていたという石灰岩洞窟のカンジャーガマも残っていました。

c0180460_15293043.jpg

途中でシーサーのような猫がいたり、

c0180460_15295464.jpg

貝で装飾されたおうちがあったり、

c0180460_15302599.jpg

きれいな花が咲いていたりと楽しむこともできました。

c0180460_15305825.jpg

時々雨もぱらつきましたが、80歳の方も参加して下さった中、事故や怪我もなく無事に内間の歴史
散策が終えられてよかった!とみんなで反省会のお弁当をほうばりました。
by nami-5963 | 2011-12-11 20:15 | 歴史・史跡・世界遺産 | Comments(0)