人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

西原町探索

歴史好きの友人と西原町の探索に出かけました。

今まで、車を運転している時に見てきた「西原の塔」「西原村役場壕」という案内表示板を実際に訪ねてみました。

c0180460_22555923.jpg

最初に訪れたのは「西原の塔」で、

c0180460_22581781.jpg

「平和の礎」のような屏風状の碑に西原町の全戦没者名が字ごとに記名されていました。

c0180460_22584315.jpg

沖縄戦当時、嘉数の高台や前田高地の激戦地を迂回し、

c0180460_230838.jpg

首里に進攻しようとする米軍との戦いで結果的に市町村別では一番多い、5106名の戦死者を出すことになったそうです。

c0180460_2304121.jpg

たくさんの日本軍の慰霊碑もあり、

c0180460_2313389.jpg

合掌を奉げました。

c0180460_2321591.jpg

また、50mほどのそばに、旧西原村役場壕が保存されていて、

c0180460_2323898.jpg

沿革も記されていました。

c0180460_233051.jpg

砂岩(ニービ)の壕が少し崩れていましたが、

c0180460_2332687.jpg

役場壕として残っているのは珍しいそうです。


草木の生い茂ったところには15cm以上ある大きなジョロウグモのメスが網を張っていて、その右に5mmほどの小さなオスが死をかけて交尾のチャンスをうかがっているのが観察できました。

c0180460_233492.jpg

ドライブしていると、畑の中に小波津の慰霊碑も見つけ、合掌を奉げてきました。

c0180460_2341985.jpg

さらに、西原町の激戦地の運玉森(158.1m)に行きつこうとしていると、以前に羽衣伝説で訪れたユブシガー(2012.1.3、参照)に辿り着きましたが、いまだに何の説明板もないのが残念でした。

c0180460_2344354.jpg

ゴルフ場や町の人に「運玉森の慰霊碑」について尋ねながら探し回りましたが、今日のところは辿り着けず残念でしたが、変わった石敢當を見つけました。

c0180460_235448.jpg

途中の山側からの景色は、68年前の激戦地だったことが嘘のようでした。
by nami-5963 | 2013-08-26 22:50 | 歴史・史跡・世界遺産 | Comments(0)