人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

ウミエラ観察会

泡瀬のウミエラ観察会のガイドで出かけました。

c0180460_0173099.jpg

ウイークディでしたが、ウミエラ館に17人が集まり、浜に出ようとすると埋め立てによる潮の流れの変化で今まであった浜が大きく削られているのにビックリ!

c0180460_0185287.jpg

しかし、干潟に一歩踏み出すと海のチンボーラ(小さなホラ貝の意味)と言われるウミニナがいっぱいいて、これまたビックリ!

c0180460_0191978.jpg

また、カーミージーの海より、砂茶碗の数の多いことと砂茶碗の生みの親のホウシュノタマガイの数も多いことにビックリするほどです。

c0180460_0193496.jpg

砂州に出るときれいな砂地とミナミコメツキガニが食事をした後の砂粒の色の違いがとてもきれいで、

c0180460_019514.jpg

砂州に点在する小さい石をつまみ上げると中に一匹のイボデガニが住み着いていて、

c0180460_020462.jpg

潮が満ちてくると浮力で軽くなった石を背負ってエサを採りに歩き、またこの石を外敵から身を守るシェルターにもしているというとても面白いヤドカリならぬヤドカニ!の存在に笑ってしまいますね。

c0180460_030871.jpg

砂地にギンガメアジの若魚が死んでいて、誰かの命をつなぐ役割をしていました。

c0180460_020417.jpg

途中で貝採りをしているおじさんに出会い、素晴らしい収獲を見せてもらいました。

c0180460_021145.jpg

そうこうしているとウミエラのすむきれいな砂地に到着し、

c0180460_0211487.jpg

あちこちにいっぱい顔を出しているウミエラを見つけました。

c0180460_0213451.jpg

普通ダイビングでは水深15~20mで見られるものが、ここでは水深10~15cmのところにたくさんのウミエラが見られるのがとても不思議です。

c0180460_021463.jpg

近くに3本が集まっていて本当にビックリ!です。

c0180460_0223347.jpg

波打ち際の砂が舞い上がるところに住むイボハタゴイソギンチャクに一匹のクマノミが必死で棲みつこうとしている姿にも感動しました。

c0180460_023496.jpg

帰り道で、遠目の勝連城跡を見上げ、

c0180460_0232133.jpg

大きなコブヒトデ、

c0180460_023389.jpg

きれいなミノウミウシ、

c0180460_023542.jpg

大きなハボウキガイ、

c0180460_0241453.jpg

きれいなフデノホなどに出会いました。

c0180460_0242825.jpg

反省会では、みなさん泡瀬の自然の奥深さを体験できたことに感動し、

c0180460_0245321.jpg

こんな自然を残したい!と発言されていました。
Commented by ネオママ at 2014-07-16 10:42 x
お久しぶりです!
「カーミージーの海で遊び隊」 いいですね!
また、参加したいです。

最近は、カーミージー観察などの記事が多かったので
泡瀬干潟の観察会は、やってないんだと思ってました。
次回、泡瀬干潟の観察会の予定がありましたらぜひ参加
したいです!
これからも、楽しくブログを拝見させてもらいます。
頑張ってください。
Commented by nami-5963 at 2014-07-17 20:11
ネオママさん、お久しぶりで~す

「カーミージーの海で遊び隊」 でパンフづくりをすることになり、市の助成金もゲットできました。そんなこんなで忙しくしていますが、先日伊是名島に湧き水の調査に行った時、売店で「パック入りのイソアワモチ」が売ってあって、ビックリ!したり納得したりでした。
これからもよろし~く!
                        なみまる
by nami-5963 | 2014-07-14 22:14 | 磯遊び | Comments(2)