人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

物外忌

c0180460_1437423.jpg

8月13日は「沖縄学の父」と言われ、「おもろそうし」(神をたたえる古謡)の研究者の伊波普猷(いはふゆう)の命日で、

c0180460_1436111.jpg

浦添城内にある墓前で物外忌が行われました。

c0180460_14363080.jpg

「物外」というのは、伊波普猷の雅号だそうですが、私は沖縄の歴史を学ぶ中で、彼が「浦添城が首里城以前の中山の拠点だった!」ということを明らかにした人!だということを知り、そのことに敬意を表して毎年参加するようにしています。

c0180460_14295763.jpg

墓前祭では最初にお祈りをして線香をあげ、

c0180460_14302459.jpg

「祭文」が読み上げられ、

c0180460_1431361.jpg

c0180460_14312786.jpg

「おもろ」研究会の方々が現存する5曲を謡読してくださいました。

c0180460_14315048.jpg

c0180460_1432448.jpg

祭壇には、彼の大好物だったというサーターアンダギーも添えられ、

c0180460_14331863.jpg

参加者には、お供え物を丁寧に袋に小分けしておすそ分け(これをウサンデーというそうです)してくださいました。

c0180460_14334514.jpg

最後に、安仁屋眞昭さんが伊波普猷の人となりを説明し、親友にささげたおもろ「迎えほこら」を全員で朗読して物外忌を終えました。

c0180460_1434778.jpg

伊波普猷は「沖縄戦の被害は軍国主義の犠牲」だと断じたそうですが、その後も沖縄が米軍統治下におかれ、たくさんの基地が作られ、現在も墓の上を毎日軍用機が飛び交っていました。

c0180460_14343234.jpg

また、8月13日は沖縄国際大学に軍用ヘリが墜落して10年になりますが、一日も早く、このお墓や沖縄が本当に静寂で安らかな地になることを祈っています。
by nami-5963 | 2014-08-13 16:26 | 歴史・史跡・世界遺産 | Comments(0)