人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

うるま市の地域散策

お友達の姉さんちのブーゲンビレアの手入れに、勝連城の近くに出かけました。

うるま市の地域散策_c0180460_16405977.jpg

行ってみると夏と違いほとんど伸びておらず、手入れの必要がないことが分かり、今まであまり出かける機会のなかった「うるま市」の地域散策をしてみることにしました。

うるま市の地域散策_c0180460_16444037.jpg

最初に行ってみたのは、天願川のそばにできたと新聞に載っていた「野鳥の森自然公園」で、

うるま市の地域散策_c0180460_16445363.jpg

小高い丘に展望台が見えますが、案内表示が少なくて、すぐには行きつけませんでした。

うるま市の地域散策_c0180460_16453676.jpg

やっとたどり着いた駐車場には10種類の野鳥が紹介されていて、

うるま市の地域散策_c0180460_1646668.jpg

展望台からは向かいに伊計島などの海中道路を始め、

うるま市の地域散策_c0180460_16464443.jpg

勝連城などを遠望する絶景を楽しむことができました。

うるま市の地域散策_c0180460_16494653.jpg

次は、「世界遺産に匹敵する」と何かで読んだことのある伊波城跡でしたが、

道中で「昆布」という地域を通った時、「ここの土地闘争の時にできた歌が『沖縄を返せ』なのですよ。」と教えてもらい、私も「まさか沖縄に住んで、『沖縄を返せ』の歌をうたうようになるなんて夢にも思いませんでした。」といろいろ話が弾みました。

うるま市の地域散策_c0180460_16504436.jpg

伊波城跡の案内板を読み、

うるま市の地域散策_c0180460_16511187.jpg

城址の三つの御嶽を回り、

うるま市の地域散策_c0180460_16514680.jpg

S字状の野面積の石垣も確認しましたが、浦添城よりも小さくて少しがっかりしました。

うるま市の地域散策_c0180460_16523813.jpg

87mの頂上に登ってみると、国道329号線の石川バイパスの石川トンネルのある山が伊波城跡ということも分かり、目の前に石川岳が見える場所で、遠くは伊江島の城山(タッチュー)も見えました。

うるま市の地域散策_c0180460_16553381.jpg

三つ目は、「命(ぬち)しぬじガマ」ですが、「命をしのいだガマ」という意味だそうで、

うるま市の地域散策_c0180460_16555066.jpg

今帰仁の戦いで敗れた王子がここに隠れて命拾いをしたという伝承があり、沖縄戦でもこの自然洞窟に300名が隠れて一名の戦死者も出さず、二人の赤ちゃんまで生まれたという縁起の良いガマだそうです。

うるま市の地域散策_c0180460_16562610.jpg

いろいろ回り、遅い昼食を「大衆食堂・かね食堂」でとりましたが、ここの名物が「骨汁」だそうで、初めてチャレンジしました。

うるま市の地域散策_c0180460_16565361.jpg

これで550円と安くておいしくてやみつきになりそうでした。

月に一度こんな小旅行が、友達とできるのが楽しみで~す。
by nami-5963 | 2015-01-09 20:38 | 歴史・史跡・世界遺産 | Comments(0)