人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

12月13日の観察会

風もなく穏やかな真夜中の早朝の1時に集まったのは18名の熱心な自然ファンで、

c0180460_18513874.jpg

4月に大阪から移住してきたというファミリーに小中高校生が一人ずついた以外は大人ばかりという普段より平均年齢の高い構成でした。

c0180460_18522560.jpg

その高校生の足元は最新のたび型のマリンシューズで固められていてびっくり!

c0180460_18523841.jpg

岸辺にしゃがみ込み、岩に開いた穴で一つ穴の大小はカニの巣穴で、並んでふたつあいた穴は岩の中に二枚貝が住んでいて海水の浄化に大きく貢献している話にみなさんビックリしたり納得したりしていると、イソアワモチを見つけた人がいて「貝殻を脱いだ貝でこのヒトも浄化に貢献している!」と話をしていると次から次へとどんどんたくさんのイソアワモチを見つけることができました。

c0180460_18532321.jpg

海の中に入ると大きな背ビレがちょっと不格好な珍しいツマジロオコゼがいてびっくり!

c0180460_18534418.jpg

他にもアオヤガラの幼魚、水面を飛び跳ねるグルクンの幼魚などにも出会いました。

c0180460_18541032.jpg

岩に生えた海藻が冬の到来を告げていることを紹介し、

c0180460_18543328.jpg

イソスギナ、フデノホなどの海藻や

c0180460_18545428.jpg

小さな岩にサンゴが成長しつつあるようすも観察でき、

c0180460_1855104.jpg

大きな毒針を持つイモガイ、

c0180460_18553054.jpg

大きな肉食のベニツケガニにも出合いました。

c0180460_18555266.jpg

クロナマコの説明をしていると「食べたことがある」という方のお話が聞けたり、ニセクロナマコ、クリイロナマコや

c0180460_1954433.jpg

チクチクするイカリ型の小さな骨片を持つオオイカリナマコに出合い、触れてみて皆さん名前の由来に納得でした。

c0180460_1961250.jpg

海草藻場でタツナミガイに出合い、恋の季節だから周りを探すとたくさんいて、

c0180460_1962472.jpg

踏みつけて紫色の汁を吐き出させたり、トゲアナエビ釣りやライトを消しての夜光虫・ウミホタルの神秘的な輝きを楽しむことができました。

c0180460_1965137.jpg

岸辺で終わりの会をしているとイジャイ帰りの方に大きなタコを見せてもらい、カーミージーの海の豊かさを体感して観察会を終えることができました。

みなさんまた遊びに来てください!お疲れさまでした。
by nami-5963 | 2015-12-14 18:51 | 磯遊び | Comments(0)