人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

サンゴのちゅら海大会

宜野湾市のコンベンションセンターで「2016島人ぬ宝、サンゴのちゅら海大会」があり、展示部門に「カーミージーの海で遊び隊」として参加しました。

サンゴのちゅら海大会_c0180460_23401.jpg

「遊び隊」のNさんと駐車場で待ち合わせ、展示物を会場に運び込み、会場設営を自分たちでしてから、展示物を飾り付けて行きました。

サンゴのちゅら海大会_c0180460_2355942.jpg

「遊び隊」の総会の会場を飾っていた観察会の参加者の素晴らしい笑顔の写真を片付ける時に、

サンゴのちゅら海大会_c0180460_2361929.jpg

ゆみさんといっしょにガムテープで5枚ずつセットにしていたので、会場での飾り付けがとても短時間でできました。

サンゴのちゅら海大会_c0180460_2364093.jpg

飾り付けが済んでしまうとたっぷり時間があり、

サンゴのちゅら海大会_c0180460_2371497.jpg

後から参加したMさんとも一緒に他のブースを訪ねて回り、いろんな勉強をさせてもらいました。

サンゴのちゅら海大会_c0180460_2374525.jpg

「遊び隊」のブースはとても人気で、パンフレットの100部がどんどんなくなり、

サンゴのちゅら海大会_c0180460_238243.jpg

危険生物についての意見交換も盛んでしたし、

サンゴのちゅら海大会_c0180460_2383128.jpg

観察会の申し込みや「隊員になりたい!」という人もありとても有意義な時間となりました。

サンゴのちゅら海大会_c0180460_2384720.jpg

午後6時からのシンポジウムでは、5人のパネリストから沖縄のサンゴやサンゴ礁の素晴らしさ(浦添のカーミージーが余り芳しくないとの報告があり、残念!)の報告、

サンゴのちゅら海大会_c0180460_2391085.jpg

リーフチェックを市民参加で世界共通の方法で継続する意義、東海岸の素晴らしさの紹介、

サンゴのちゅら海大会_c0180460_2393188.jpg

沖縄は世界で一番生物の多様性の高いところで、慶良間と本島のサンゴばかりか東海岸と西海岸のサンゴも違う可能性も報告され、

サンゴのちゅら海大会_c0180460_2394696.jpg

漁業とモズク養殖の可能性やサンゴ礁と地域文化の関わりや社会的価値にも触れられました。

サンゴのちゅら海大会_c0180460_2310716.jpg

このシンポジウムには、「遊び隊」からも顧問の銘苅全郎会長や若いMさんも参加してくれ、5名の参加でこの大会を盛り上げることができたことが嬉しかったで~す。

サンゴのちゅら海大会_c0180460_23102424.jpg

延べ150人が参加し、とても地味ながら、素晴らしい価値の高い展示とシンポジウムでした。

サンゴのちゅら海大会_c0180460_23103862.jpg

by nami-5963 | 2016-01-16 23:01 | 磯遊び | Comments(0)