人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

海藻講座

美ら島研究センターの「知っているようで知らない 海藻はふしぎ!」の講演会が名護市の東海岸の嘉陽であり、

c0180460_0205653.jpg

「カーミージーの海で遊び隊」のメンバー4人でAさんの車に乗せてもらって研修に参加しました。

c0180460_0233054.jpg

会場は廃校になった嘉陽小学校跡地で、1964年の東京オリンピックの聖火が沖縄を一周した時の宿泊地だったことでも有名な場所でした。

二人の講師さんの紹介の後、食卓を中心とした写真のどこに海藻が使われているか?のクイズに大人もこどもも夢中になりましたが、

c0180460_0235457.jpg

アーサ汁、ヒジキ、モズクなどの食品以外にもパン、ハム、アイスクリームの「増粘多糖類」としてや化粧水、消火器にまで使われていることを知ってビックリ!

c0180460_0241020.jpg

すぐ前の嘉陽海岸に出て、今が旬のアオサ(ヒトエグサ)や西海岸のカーミージーの海では見られない海藻を観察し、嘉陽海岸の海藻や海草の実物をたくさん見せてもらったのがいい勉強になりました。

さらに、海藻は胞子だけで増えるものと思っていたのが、放出卵と精子で増えるということも新しい知識となりました。

c0180460_0295368.jpg

すべての学習が終るととても素晴らしい「海藻のはなし」のパンフレットを頂き、いいお土産になりました。

帰りにはAさんは辺野古が初めてということなので、基地のゲート前や座り込みテントも訪ねてみて阪神タイガースのキャンプ地を遠くに見てきました。

おじさん四人のとても充実した一日研修旅行となりました。
by nami-5963 | 2016-02-22 21:18 | 磯遊び | Comments(0)