人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

泡瀬干潟

潮加減がいいので、久しぶりの泡瀬干潟に、

c0180460_9171582.jpg

最近カーミージーの海でガイドをしてもらっている朝比奈さんを誘って出かけました。

c0180460_922676.jpg

カーミージーの海に比べて広大な面積にビックリしていましたが、カーミージーの海の生きものの多さとカーミージーの海では見られない生きものが多いことにも感心していました。

c0180460_9222588.jpg

その一つが、ハボウキガイで、

c0180460_9224240.jpg

いたるところに突き刺さったように生育しているその数の多さと刃物のような先端の鋭さにビックリしていました。

c0180460_9235531.jpg

二つ目はなまこの多さで、特にクリイロナマコが多くみられ、

c0180460_9242432.jpg

カーミージーではあまりお目にかからない種類もいて、

c0180460_9244029.jpg

所変われば…を感じました。

c0180460_925788.jpg

お目当ての、ウミエラは三個体しか出会えませんでしたが、

c0180460_9252885.jpg

コブヒトデも姿を見せ、


c0180460_9254499.jpg

ツーショットの絵になる写真を撮ることができました。

c0180460_926336.jpg

あとは、往きは一面の砂地だったのが、帰りにはミナミコメツキガニの食事跡の一面の丸い砂粒になっていたのにはビックリ!

c0180460_9262126.jpg

途中でタイワンガザミの交尾シーンに出合いました。

c0180460_9263859.jpg

オスがツメ以外の足でメスをがっちり抱え込んでこちらを威嚇する姿に、感心することしきり!

c0180460_927047.jpg

また、砂地に細長い吻を巣穴からのばし、その上に栄養を含んだ砂をのせてベルトコンベアーのように口に運んで栄養を摂る埋在動物(ゴカイの仲間)のタテジマユムシを観察するのが楽しかったです。

一番の目的は「貝採り」だったのですが、以前私が楽しんだようにたくさんは採れず残念!

c0180460_9271829.jpg

それでも、リュウキュウザルボウガイ、リュウキュウザルガイ、カワラガイをその場でさばき、朝比奈さんに刺身で食べてもらいました。

c0180460_9273769.jpg

一日楽しく過ごすことができた泡瀬海岸は、素晴らしい自然の残る場所で、カーミージーの海とともにいつまでも残したい貴重な海だと思いました。
by nami-5963 | 2016-07-06 09:15 | 磯遊び | Comments(0)