人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

若草児童センターの観察会

若草児童センターが4月からお世話になっているご縁で観察会を開いてくれました。

c0180460_5593453.jpg

こども達や先生方、高校生ボランティアやこちらのスタッフ合わせて25名の観察会となり、最初に危険な生きものの説明を受け、

c0180460_5595479.jpg

岸辺の岩場のたくさんの穴が二枚貝やカニの住み家だということ、

c0180460_601160.jpg

貝殻を脱いだイソアワモチもたくさんいて、みんなで沖縄の海をきれいにしてくれていることを初めて知りました。

c0180460_603166.jpg

海草藻場で、クロナマコの赤い汁やニセクロナマコの白い内臓のキュビエ管を出す嫌がらせ攻撃の存在を知り、

c0180460_60479.jpg

オオイカリナマコのチクチクするイカリ状の骨片が名前の由来で8本の触手で泥をかき集めて食事をすること、それぞれの感触の違いを確かめ、みんな揃って海の掃除屋さんだということも知りました。

c0180460_612326.jpg

カニのソデカラッパが砂もぐりの名人技を持ち、

c0180460_613664.jpg

ペンチのような立派なツメでヤドカリの通るのを待ち伏せて襲って食べることにもビックリ!

c0180460_614640.jpg

大きく育ったシャコガイ、

c0180460_62552.jpg

卵を一杯抱えた小さいオウギガ二、

c0180460_622274.jpg

5mmほどの真っ黒いフグの赤ちゃんが二匹、

c0180460_62423.jpg

二つのかわいい目をのぞかせるクモガイ、

c0180460_631029.jpg

長い両手を持つコマチガ二、

c0180460_632640.jpg

とても大きくてきれいな青色をしたタイワンガザミのオスなどに出合ったところを

c0180460_634668.jpg

琉球新報さんに取材をしてもらえていい記念になりました。

c0180460_64722.jpg

また、海草のリュウキュウスガモを使い1~2cmの穴にすんでいる赤いトゲアナエビ釣りをみんな熱心に取り組み、

c0180460_643439.jpg

大きな四角いブロックについているたくさんのフジツボ、カサガイ、オハグロガキ、オニヒザラガイなどはみんな生きていいて、潮が満ちてきたときにはみんなが食事をしてきれいな海を作ってくれているということも知りビックリしました。

c0180460_644969.jpg

その後も「もっとトゲアナエビ釣りをしたい!」とリクエストがあり、熱心に取り組んでいると

c0180460_65589.jpg

熱中症でぐったりしたトゲアナエビに出会ってビックリでした。

c0180460_652696.jpg

最後にお腹にいっぱい卵を抱いたウツボが現れ、ビックリすることばかりの観察会を無事に終えることができました。

c0180460_6636100.jpg

by nami-5963 | 2016-08-02 21:55 | 磯遊び | Comments(0)