人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

浦添市環境学習講座の観察会

浦添市の環境保全課から「環境学習講座」の講師依頼があり、

c0180460_3563572.jpg

私もこの講座を8年前に受講して現在の活動がありますので、ご恩返しのつもりでお受けしました。

c0180460_3565556.jpg

午前中の牧港漁港にある沖電開発の施設見学は私も初めてなので、ご一緒させてもらいました。

c0180460_3571627.jpg

子どもたちはサンゴの移植用の苗作りをさせてもらい、

c0180460_3573245.jpg

タッチプールではナマコやヒトデにさわり、

c0180460_3574857.jpg

飼育されている熱帯魚や

c0180460_358578.jpg

海ブドウの養殖場を見学させてもらいました。

c0180460_3582735.jpg

午後1時からはカーミージーの海での観察会となりましたが、スタッフを入れると50名を超えるので、2班体制で、

c0180460_3584242.jpg

危険生物の学習をしてスタートしました。

c0180460_359889.jpg

岸辺の岩にたくさんあいた穴がカニや二枚貝の住み家ということを説明しているとルリマダラシオマネキのメスのヤングが現れてくれましたが、最干潮には2時間ほどあるため、普段より30cmほど水深があり、生きものはあまり見つけられずに困りました。

c0180460_359252.jpg

それでも、海の掃除屋さんのニセクロナマコや

c0180460_3594645.jpg

クロナマコ、

c0180460_40756.jpg

岩にへばりついたオニヒザラガイや

c0180460_7334162.jpg

貝の卵の入っていた卵のうや

c0180460_404163.jpg

7本のツメのあるクモガイ、

c0180460_405944.jpg

人知れず大きく成長していたヒメジャコガイを観察することができました。

c0180460_411740.jpg

そうしていると「これはなんですか?」と声がかかり、そばに行ってみると二匹のニセクロナマコが体を直立させて産卵の真っ最中でした。

c0180460_43479.jpg

こんなシーンに出合うことはとても珍しく、頭頂部の黄色い部分から白い煙のような精子と卵子が海中に放たれる様子をしばらく観察することができました。

c0180460_432322.jpg

よく見ると、そこら中いたるところでこの産卵行動がされていて大潮ならではの行動だということが分かりました。

自然の奥深さをまたも味わうことができました。
by nami-5963 | 2016-08-06 22:53 | 磯遊び | Comments(0)