人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

湧き水fun俱楽部定例会

9月の湧き水fun俱楽部の定例会があり、9人が集まりました。

c0180460_17104032.jpg

今回は浦添市の水道部から熊本地震で被害を受けた阿蘇郡西原村へ救援活動に入られた真栄城さんに来て頂いて、5日間の水道復旧支援のようすをお話してもらいました。

c0180460_1710544.jpg

まず、熊本県の水道復旧には福岡市の水道局が各地に10人ずつの職員と配管工事業者と資材をいっしょに投入するという支援体制がありとても助かったこと、

熊本は「火の国・水の国」と言われるだけあって阿蘇山の自然の地下ダムで豊富できれいな水があり、普段は塩素消毒をするだけで水道を賄っていたようで、断水は排水管の継ぎ目が破壊したことによるものがほとんどで、耐震性を高めた修理に取り組んできたこと、

c0180460_17111674.jpg

西原村も湧き水の多い地域で、民営と村営の水道があり、どこをどうどちらの水道管が通っているのかが十分把握できていなくて作業に手間取ったこと、

湧き水がいくら豊富といえ、一か月水道なしで暮らしていただけに、どこに行っても「ありがとう!」とよく言われたのが嬉しかったと、

c0180460_17113515.jpg

村役場の一室で一日の仕事の整理やまとめをし、そこで寝るということで一般の避難者といっしょでなかったので、とても仕事がしやすかったこと、

震災後の水にはどこも苦労するので、浦添市では、6ℓの背負えるタンク式の水を用意しているということも紹介して下さいました。

c0180460_17115653.jpg

いつもの情報交換では、富士山のふもとの柿田川湧水は工業排水で汚れきった川を、地域住民のトラスト運動で今のようにきれいな川を取り戻したということを知り、ビックリ!

c0180460_1712142.jpg

忍野八海(おしのはっかい)のきれいな写真を見せてもらい、駿河湾の桜エビのお土産もあり嬉しい限りでした。

c0180460_17122851.jpg

私が夏休みに中央公民館行事で取り組んだ、「てだこ自然体験教室1」のレポート記事も紹介され、

11月27(日)の環境フェスタで、「湧き水fun俱楽部」と「港川に清流を取り戻す会」と「カーミージーの海で遊び隊」の三団体で、湧き水が川になり海に注ぐことを三位一体で表現することになりました。

c0180460_1713461.jpg

さらに、今日誕生日の事務局長さんにチーズケーキとハッピーバースデー!のうたをうたってお祝いし、おいしいケーキを頂きました。

c0180460_17132246.jpg

帰り道に、一時水が枯れてしまっていた仲間樋川(ナカマヒージャー)に立ち寄ると、水量が復活していてとても嬉しかったで~す。
by nami-5963 | 2016-09-27 17:06 | 沖縄の不思議 | Comments(0)