沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

10月16日の観察会

10月16日の観察会は、「カーミージーの海で遊び隊」の今年最後の昼間の観察会で、早くから定員一杯になり、6家族ほどの参加希望をお断りしてきたなか、27人の親子連れと5人のスタッフで実施されました。

c0180460_14143535.jpg

最初に危険生物の説明と観察会の注意があり、

c0180460_14144913.jpg

岸辺の岩場のたくさんの穴がカニや貝の住み家だということを説明していると大きなルリマダラシオマネキのオスが出て来てみなさん大喜び!

c0180460_1415513.jpg

海に入ると空気中に酸素を補給してくれるカイメンソウ、岩に着いた二枚貝や生きたサンゴや

c0180460_14152912.jpg

クロナマコやニセクロナマコにも出合い、感触の違いを確かめつつ、身を守る方法に違いがあるものの、食事をすることを通じて海をきれいにしてくれている一員だということを知りました。

c0180460_14155234.jpg

白いアオリイカの卵が孵化した後の茶色い袋(卵のう)が残っていたのに触れ、そばの岩場にヨウジウオの幼魚が6匹も遊んでいるようすや

c0180460_1416148.jpg

白化したイソギンチャクに棲む二匹のかわいいカクレクマノミを2~3人ずつ交代で観察し、

c0180460_14164238.jpg

海草藻場の1~2cmほどの穴に棲むトゲアナエビを海草のリュウキュウスガモの葉っぱで釣り上げる、

c0180460_14171914.jpg

「トゲアナエビ釣り」を楽しみました。

c0180460_1417357.jpg

「釣り上げた方は先着5名に賞金一万円を差し上げます!」との声にみなさん一層夢中になりましたが、残念ながら一人も成功しませんでしたが、

c0180460_1418071.jpg

エビ釣りをしながらシャシャコパンチの怖いフトユビシャコ、

c0180460_14182498.jpg

毒針で魚をとらえて食べるイモガイやかわいい二個の目を持つクモガイ、

c0180460_14183996.jpg

白いとげが一杯のナガウニ、

c0180460_14185468.jpg

砂もぐりの名人技を使ってペンチのような爪でヤドカリを襲って食べるソデカラッパなどに出合いました。

c0180460_141997.jpg

大岩に住みついて珍しく大きく成長したヒメシャコガイを見学してから大きなブロックに向かっていると、昨日出会ったサメの死骸が流されているのを再発見!

c0180460_14192547.jpg

1m20cmほどのネムリブカのヤングですが、もう腐敗が進んでいて臭いにおいが立ち込めていましたので、

c0180460_14195665.jpg

写真を撮ってすぐに離れました。

c0180460_14201181.jpg

大きなブロックに着いたブジツボ、カサガイ、オハグロガキ、オニヒザラガイなどは干潮時は乾燥にじっと耐え、潮が満ちた時だけに食事をしてきれいな海を保つのに貢献しているという説明にみなさんガッテン!と感心しておられました。

c0180460_14254948.jpg

ブロックのそばの水溜りに、アオヤガラとサザナミフグの赤ちゃんがいるのをザルにすくって観察していると、

c0180460_14262244.jpg

たくさんあちこちにみられるモンブランのような砂山が何か?の質問があり、

c0180460_1426362.jpg

砂地に棲んでいるたくさんのゴカイの仲間が、砂にたまった汚れをエサ(栄養)にして取り除いた後のきれいな砂をウンコとして出したものが、潮の満ち引きで崩れてできたもので、きれいな沖縄の海ができる一つの要因だと説明するとみなさんガッテン!と納得していました。

c0180460_14211186.jpg

帰り道で、アオリイカの産みたての白い卵塊を海草藻場に見つけ、

c0180460_14212353.jpg

たくさんの生き物に出合った観察会を無事に終え、カーミージーの海の素晴らしさを再認識することができました。

c0180460_1421409.jpg

みなさんお疲れさまでした。
by nami-5963 | 2016-10-17 14:09 | 磯遊び | Comments(0)