人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

イジャイ研修

久しぶりのイジャイ研修にTさんと2人で出かけました。

オニダルマオコゼがよく住みついていた岩穴を回りましたが、最近はお留守のようでした。

イジャイ研修_c0180460_17212263.jpg

マガキガイ(ティラジャー)の良くとれる浅瀬の海草藻場を歩き回りましたが、以前ほどティラジャーが採れず、採れても大きいものはほとんど出会うことが少なくなってしまいました。

イジャイ研修_c0180460_17213676.jpg

その大きな原因として考えられるのは、夏場に箱メガネと1m以上の棒の先に茶こしを付けた貝採り器を持った7~8人の集団を何度も見かけましたが、その集団が少し深い海で稚貝が成長する間も与えないほどに採りつくしてしまった!ようでした。

人間の欲が自然を滅ぼしてしまった例はたくさんありますが、この海のマガキガイ(ティラジャー)もその一例になってしまったようで、とても残念で仕方ありません。

その海草藻場でティラジャー採りをしている奥さんに出合い、採ったものを見せてもらってビックリ!

イジャイ研修_c0180460_1722257.jpg

なんと大小合わせて12個すべてが毒針を持つイモガイばかりで、

イジャイ研修_c0180460_10193287.jpg

ティラジャーは貝殻の先にとんがり帽子をもち、貝殻に分厚いオレンジ色の縁があり、貝殻に目を出すくぼみがあり、動き回るための茶色い爪を持つという4つの特徴を説明し、しばらく一緒に探してマスターしてもらいました。

もう少しのところで毒針で命を落とすところだったのでよかったで~す。

イジャイ研修_c0180460_17222426.jpg

その後、いろいろと歩いたので、超ビッグなイソアワモチに3個、

イジャイ研修_c0180460_17223977.jpg

太陽のようなイソギンチャク、

イジャイ研修_c0180460_17225522.jpg

きれいな縞模様の毒を持つヒラムシ、

イジャイ研修_c0180460_17231333.jpg

まだ名前の分からない海藻、

イジャイ研修_c0180460_17232994.jpg

どう猛な肉食のベニツケガニ、

イジャイ研修_c0180460_17234710.jpg

食べると強い毒で死亡例のあるスベスベマンジュウガニ、

イジャイ研修_c0180460_17241041.jpg

アワビのようにおいしいというミミガイ、

イジャイ研修_c0180460_17242384.jpg

歴史に出てくる勾玉そっくりなマガタマモ、

イジャイ研修_c0180460_17243877.jpg

だんだん成長しだしているアーサ(ヒトエグサ)や

イジャイ研修_c0180460_17245774.jpg

ご近所のイジャイ仲間に出合いました。

イジャイ研修_c0180460_17251119.jpg

帰り道でもカーミージーの海では珍しいジャノメナマコ、

イジャイ研修_c0180460_17252660.jpg

冬が恋の季節のタツナミガイ、

イジャイ研修_c0180460_17254069.jpg

二つもイソギンチャクを付けた「高級住宅」に住むヤドカリに出会い、楽しい夜の磯遊び(イジャイ)となりました。
by nami-5963 | 2016-12-13 17:18 | 磯遊び | Comments(0)