人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

12月29日の観察会

12月29日に今年最後の観察会があり、参加者21人とスタッフ4人の25名が28日の真夜中に集まりました。

c0180460_9513747.jpg

最初に危険な生物や観察会のルールの説明があり、

c0180460_9515296.jpg

海辺の岩場に開いたたくさんの穴が、カニや二枚貝の住み家で、餌を採ることで沖縄のきれいな海を作っていることを学習していると、たくさんのイソアワモチやタカラガイが届けられました。

c0180460_952103.jpg

海に入ると冬の季節を迎えて海藻類がたくさん成長してきていることを知り、ホンダワラ類、イソスギナ、フデノホなどに出合いました。

c0180460_9522647.jpg

ナマコ類では、クロナマコ、ニセクロナマコ、オオイカリナマコ、トゲクリイロナマコなどに出合い、それぞれの特徴とみんなきれいな海をつくる掃除屋さんだということも知りました。

c0180460_9525576.jpg

イソギンチャクに棲むカクレクマノミ(ニモ)を探していると、10cmくらいに成長したヒレに毒針を持つゴンズイの群れ(ゴンズイ玉)や寝ぼけたアオヤガラのヤング、ライトにビックリして水面を飛び跳ねるグルクンの幼魚や

c0180460_9531167.jpg

ウミヘビのヤングに出合っていると、

c0180460_9533368.jpg

やっと見つかった1cmほどに成長したカクレクマノミ(ニモ)を「かわいい!」「こんなところに棲んでいるんだ!」と皆さんに楽しんでもらえました。

c0180460_9535193.jpg

続いて、海草藻場の1~2cmの穴に棲むトゲアナエビ釣りを「エサを採られた!」「すごい引きだ!」とみなさんに楽しんでもらいました。

c0180460_9542168.jpg

今日も大きく成長したヒメシャコガイを見てもらおうと探しましたが、周りの岩ごと崩して持ち去られたようでした。自分の胃袋に一回収まって満足するのとたくさんの人がヒメシャコガイの生きている姿に感動するのとどちらが大切か、よく考えてほしくて残念でなりませんでした。

c0180460_9543921.jpg

また、食べると強い毒を持つスベスベマンジュウガニに触れ、

c0180460_9545752.jpg

一匹見つかると恋の季節なので何匹かいるはず!と探すと三匹もいた「立浪の形」の貝殻を体内に持つタツナミガイにも出会い、最後に夜光虫を観察しましたが、今回もピカピカ光るくらいで残念でした。

c0180460_9552169.jpg

帰り道で、大きなイモガイにたくさん出会い、ハボウキガイの仲間の大きなクロタイラギや

c0180460_956273.jpg

パジャマ姿のまま死んでいるアイゴの幼魚に出合ってビックリすることばかりの観察会を無事終えることができました。

Tさんの友人のJさんが観察会に参加し、「とても楽しかった!」ので、「遊び隊」の活動に参加表明して下さいました。ありがとうございます。

観察会に参加して下さったみなさん、「遊び隊」の隊員のみなさん、この一年間大変お世話になりありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

よいお年をお迎え下さ~い。
by nami-5963 | 2016-12-30 09:43 | 磯遊び | Comments(0)