沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

天然記念物の褶曲(しゅうきょく)


おきなわ石の会から「名護市の天然記念物の褶曲(しゅうきょく)見学会」の案内状が届き、


c0180460_17004952.jpg

生きものの這ったあとが分かる生痕化石(せいこんかせき)やこんな褶曲が見られるから行かない?と孫のゆみさんを誘うと「行きたい!」の返事があり、最近地学が面白いというAさんとばあちゃんの4人で出かけました。



c0180460_17005880.jpg

朝から降る雨が、高速に乗っている間も名護市の東海岸を走る間も降り続き、「中止になるかもしれないけど行ってみよう!」と現地に到着し、


c0180460_17014207.jpg

集合時間の10時過ぎにはいつもの半分以下の25名の地質ファンが集まり、



c0180460_17011625.jpg

「行けるところまで行ってみよう!」ということでスタートしました。



c0180460_17011175.jpg

歩くに従い、ゆみさんとばあちゃんはごろた石で歩きにくい上に雨で足元が滑りやすくてみんなから遅れだし、



c0180460_17012821.jpg

追いついたら説明が終わって移動しだすといった感じであまり説明が聞けませんでしたので、詳しくは天然記念物の指定を受けた時のブログ(2013.9.10、参照)をご覧下さい。







c0180460_17102741.jpg

この場所は土砂が普通にたまってできた地層なら下が古くて上にあるものは新しいはずが、



c0180460_17013591.jpg

褶曲や浸食を受けて上下逆さまな状態で見ることのできるとても珍しい場所だということでした。




c0180460_17111986.jpg
その根拠の一つに、海底をはいずりまわった生きもののあと(生痕化石)はへこんでいるはずなのに、ここでは盛り上がってふくらんでいることです。




c0180460_17115597.jpg

ゆみさんはずぶ濡れになりながら、防水カメラでがけ崩れの現場や



c0180460_17122476.jpg


とても興味を示していた生痕化石を撮ったり、



c0180460_16444055.jpg

始めて見る崖一面の大きな褶曲模様に感動し、



c0180460_17014054.jpg


丸くなったサンゴを「卵を見つけた!」と言ってとても楽しんでいました。



c0180460_17133978.jpg

最後に、先端のバン崎の大褶曲をゆみさんと見に行こうとしましたが、



c0180460_17134549.jpg

岩肌が雨に濡れ、海藻が生えていてとても滑りやすくて危険なので、今日は無理をせず、記念撮影を撮ってもらって帰路につきました。



c0180460_17145110.jpg

次は、天気が良くて暖かい時にチャレンジしたいと思っていま~す。

c0180460_15135930.jpg







by nami-5963 | 2017-03-12 16:58 | 沖縄の不思議 | Comments(0)