人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

4月9日の観察会

4月9日の観察会は好天にも恵まれ、リピーターの人も多い中、参加者20名とスタッフ5名が集まり、元気で賑やかな観察会となりました。




c0180460_12141989.jpg

いつものように危険生物について学習した後、




c0180460_12143156.jpg

海に向かうと岩場にたくさんへばりついたゴマフニナが出迎えてくれ、



c0180460_12143524.jpg




岸辺の岩にたくさんあいた穴がカニや二枚貝の住み家で、海をきれいにする役割を持っていること知り、ビックリ!




c0180460_12143801.jpg

海に入ると、クロナマコが出迎えてくれ、「触ると固くなる!」ことや「紫色の汁を出す!」ことで魚などの敵を撃退すること、



c0180460_12144490.jpg


チクチクするイカリ型の小骨を持ち2~3mに成長するオオイカリナマコにみんなで触れ、



c0180460_12145174.jpg

海の中でたくさんの触手を出して泥や砂の食事のようすを観察し、




c0180460_12145422.jpg


柔らかい体からなんにでもよくくっつく白い内臓のキュビエ管を出し、魚などから自己防衛をすることを紹介し、ナマコの仲間はみんな泥や砂の中の有機物を採ってせいかつする海の掃除屋さんだ!ということを知ってもらいました。




c0180460_12181904.jpg


モズクが自然にたくさん生えているのを手に採ってよく洗って口に入れるとおいしい!ことを体験していると




c0180460_12182310.jpg


短時間でたくさん採ってお土産にできたひともいてビックリ!




c0180460_12191573.jpg

海草藻場を歩いていくと毒針を持つ大きなイモガイや




c0180460_12194823.jpg

昔のお金だったキイロダカラ、





c0180460_12193769.jpg

毛がいっぱい生えた巻貝のサツマボラ、




c0180460_12193006.jpg

きれいな巻貝のチョウセンフデ、




c0180460_12211961.jpg

魚のアミメノカエルウオや




c0180460_12212228.jpg

ベンケイハゼ、




c0180460_12192314.jpg

タマガイが砂と卵を粘液で混ぜて作った卵塊の砂茶わん、




c0180460_12194011.jpg

二枚貝のリュウキュウザルボウガイの赤ちゃん、




c0180460_12263566.jpg


体の中に貝殻を持つ黒いタツナミガイにさわっていると




c0180460_12265126.jpg


タツナミガイの卵塊のウミソウメンに出合ってビックリすることばかりでした。




c0180460_12273333.jpg

大きなブロックに着いたフジツボなどの生きものはみんな潮が満ちた時に食事をしてきれいな海を作ることも知り、



c0180460_12291491.jpg

そばの海草藻場で海草を束ねて1~2cmの穴に棲む赤いトゲアナエビ釣りを楽しんで帰ることになりました。



c0180460_12302058.jpg


帰り道で、絶滅危惧種のカサノリを見つけてとても盛り上がりました。




c0180460_12303214.jpg

楽しくお土産一杯の観察会を無事に終えることができました。




c0180460_12312773.jpg


孫のゆみさんが久しぶりのスタッフとしてたくさんの生きものを発見して大活躍してくれていました。



c0180460_12324229.jpg

みなさん、お疲れさまでした。






by nami-5963 | 2017-04-10 12:12 | 磯遊び | Comments(0)