人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

シュノーケリング②

ゆみさんとカーミージーの海の北側で今年初めてのシュノーケリング(2017.5.4、参照)をしてからしばらくたったので、「シュノーケリングに行こうよ!」と誘うと「行きたい!」との返事があり、両手が自由になるようにマスクとシュノーケルを買いに出かけました。

シュノーケリング②_c0180460_22402353.jpg

ピンク色のマスクとシュノーケルは子供用しかなくて、「水色の大人用でいい!」というので買って帰るとピッタリ!

シュノーケリング②_c0180460_22415013.jpg

今日のシュノーケリングのポイントは前回の少し南の「隠れ家カフェ・清ちゃんの裏の海」です。

シュノーケリング②_c0180460_22425649.jpg

一回目の海に入ると干潮時で、シリン川がそばにあるので、濁っていているし、空き缶が海底に一杯集まっていてビックリ!

シュノーケリング②_c0180460_22435288.jpg

泳ぎ進むとソフトコーラルがたくさんあり、

シュノーケリング②_c0180460_224413100.jpg

きれいで大きなヒメシャコガイがたくさんいるのにもびっくりしていると、

シュノーケリング②_c0180460_22443944.jpg

赤い色のルソンヒトデ、

シュノーケリング②_c0180460_2245364.jpg

カラフルなクリスマスツリーのようなゴカイの仲間のイバラカンザシ、

シュノーケリング②_c0180460_22453118.jpg

大きなイボウミウシ、

シュノーケリング②_c0180460_22462118.jpg

シライトイソギンチャクに棲むクマノミに出合い、楽しく一本目を終えました。

シュノーケリング②_c0180460_22464441.jpg

休憩しているとばあちゃんが、岸辺にたくさんの幼魚が群れているのを教えてくれ、それを見に二本目をスタートすると、

シュノーケリング②_c0180460_2247487.jpg

幼魚の群れの正体はキンメモドキで、

シュノーケリング②_c0180460_22483427.jpg

ゆみさんは何度も手でつかもうとチャレンジしていました。

シュノーケリング②_c0180460_2249350.jpg

一本目と違うルートに進むと、大きな岩にたくさんのきれいなヒメシャコガイが付いていてビックリ!

シュノーケリング②_c0180460_22492690.jpg

シライトイソギンチャクに棲むクマノミをゆみさんに紹介すると、

シュノーケリング②_c0180460_22495975.jpg

ゆみさんがすぐ横にヤングなウツボが大きな口を開けているのを教えてくれ、ビックリ!

シュノーケリング②_c0180460_22502865.jpg

二本目はきれいなヒメシャコガイとクマノミの多いポイントで、

シュノーケリング②_c0180460_22511887.jpg

二匹のヒメシャコガイがくっついてハート型をしているのを写真に撮れ!と指示してくるゆみさんでした。

シュノーケリング②_c0180460_17383349.jpg

大きな黄色い体の魚群がいたのを「アカヒメジ」だと紹介したのですが、後で図鑑を見て赤い体の写真が載っていたのを不思議そうにしていたゆみさんに、生きていると黄色い体だが釣り上げて死んでしまうと赤くなるので、「アカヒメジ」と名前がついてしまったんだよ、と説明すると納得できたようでした。

シュノーケリング②_c0180460_2252250.jpg

このポイントはまた、ゆっくりとシュノーケリングしたいポイントとなりました。
by nami-5963 | 2017-06-12 22:34 | ダイビング・クジラ・水中写真 | Comments(0)