人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

その後の白化現象

その後のカーミージーの海の白化現象が心配で、久しぶりの海の散策に出かけました。



c0180460_22261941.jpg


風が強くて水面が波立っていましたが、イソギンチャクに近づくと白い物が目立ってきて白化現象だとすぐにわかります。




c0180460_22265640.jpg

一番目のハタゴイソギンチャクは住んでいたイソギンチャクエビやイソギンチャクモエビの姿も確認できず、残念でなりません!




c0180460_22315452.jpg
二番目のハタゴイソギンチャクはずいぶん大きく成長してきたのが、やせ細っていてビックリ!



c0180460_22323695.jpg
カクレクマノミを探していくと全部で5匹住んでいて、大きなメスが白化したイソギンチャクから離れて警戒していました。



c0180460_22330748.jpg
三番目のものは移植したものの住民がいなかったのが、赤ちゃんカクレクマノミとイソギンチャクエビが一匹ずつ住みついていてホッとしましたが、立派に白化していました。



c0180460_22334163.jpg
四番目は水深もあり、外洋の干満の潮流が押し寄せるので白化は免れていましたし、



c0180460_22340288.jpg
カクレクマノミが2匹と



c0180460_22342534.jpg
黒っぽい体色のクマノミが一匹住みついていて嬉しくなりました。



c0180460_22345049.jpg
五番目のものも立派に白化していましたが、カクレクマノミが4匹も住みついていて嬉しかったで~す。



c0180460_22354293.jpg
六番目のハタゴイソギンチャクは外洋の干満の潮流が押し寄せるので白化は免れていましたが、他の生きものの姿は見られませんでした。



c0180460_22361228.jpg
七番目は六番目と似た環境なので白化は免れていましたし、かわいいカクレクマノミが一匹住みついていました。



浅場に棲む7体のハタゴイソギンチャクを見て回り、半分以上の4体が白化!という危機的な状況がよく分かりました。



c0180460_22365881.jpg
散策中にも温かい海水に触れる部分が白化したサンゴが「白い輪」になっており、



c0180460_22371965.jpg
外洋性のオレンジ色のカイメンの分布が広がっているのを目にし、



c0180460_22373949.jpg
暑いので岩の下に体を隠したニセクロナマコや



c0180460_22380013.jpg
トゲクリイロナマコ、



c0180460_22381625.jpg
ただのクリイロナマコ、



c0180460_22383733.jpg
かわいい赤ちゃんのクロナマコ、



c0180460_22385690.jpg
手のひらサイズの大きなイソアワモチや



c0180460_22391327.jpg
クモガイのヤングの個体にも出会いました。




このクモガイのヤングの個体を私の「貝牧場」に放しに行くと、今までいたジャゴウが行方不明でビックリ!



c0180460_22394445.jpg
今まで住んでいたところから10m四方をじっくり探して回ると、3m移動している一回り大きくなったジャゴウを発見し、ホッとしました。



c0180460_22400874.jpg
海の中でおにぎりを頬張っていると雨雲が接近してきたので、急いで帰路につきましたが、ヒョウモンヒラムシやカニの食事風景の動画をゲットすることができました。。


c0180460_22411591.jpg

いつ行っても楽しいカーミージーの海で~す。








by nami-5963 | 2017-09-07 22:24 | 磯遊び | Comments(0)