沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

9月18日の観察会

9月18日は台風一過の好天に恵まれ、


c0180460_01210748.jpg

35名の参加者に5名のスタッフが集まり、いつものように海の危険生物の説明や注意事項を説明し、元気にスタートしました。



c0180460_01225372.jpg
トンネルを抜けてカーミージーの岩場に出たあたりの岩は琉球石灰岩の粟石で、12万年前の海にいた星砂などの有孔虫の集まりなのでとても柔らかく、自然の力でぐるぐる丸く削り取られた甌穴(おうけつ、ポットホール)や海岸崖を削り取ったノッチの地形がみられる一方、



c0180460_01230983.jpg
大正から昭和の初めころにヒンプンや墓石、門柱や石垣の石材として切り出された石切り場が残されていることを説明しました。



c0180460_01241811.jpg
反対側に移動すると、干潮時に石を切り出し、満潮時に船に乗せて運びだした様子がよく分かる石切り場跡も観察できました。



c0180460_01244666.jpg
そばの大岩にたくさんへばりついたオハグロガキやクロフジツボが、みんな生きているばかりか満潮時になるとプランクトンを食べてきれいな沖縄の海を作ってくれていると説明するとみなさんビックリしていました。



c0180460_01252923.jpg
岩がごろごろと転がった岩場では、一人一回は岩を起して隠れている生きものを探し、元に戻す練習をすると、



c0180460_01254619.jpg
いきなり黒いクモヒトデとオレンジの糸状の体をプファプファして動くミノガイ(右)が出て来てみなさんとても盛り上がりました。



c0180460_01264041.jpg
たくさんの岩をめくるとケブカガニもたくさん見られ、観察後は台風でひっくり返った岩もいっしょに元に戻してもらい、大助かりでした。



c0180460_01331944.jpg
また、岩場にたくさんあいたふたつ穴は岩の中に住みついた二枚貝の吹管と吸管の穴で、


c0180460_01291499.jpg
台風の荒波にもびくともせずに岩にへばりついたたくさんのヘリトリアオリガイとともにきれいな沖縄の海を作る立役者だということを説明するとみなさんビックリしていました。



c0180460_01295843.jpg
このあたりがカーミージーの海で一番危険な場所だ!ということも説明して意識してもらいました。



c0180460_01301904.jpg
帰り道でも、きれいな色のヒメシャコガイ、


c0180460_01303207.jpg
片方のツメが大きく、パチンパチンと打ち鳴らして敵を威嚇し縄張りを主張するテッポウエビ、



c0180460_01321880.jpg
毒針を持つ危険なウミケムシなどにも出会い、楽しい観察会を終えることができました。



c0180460_01324091.jpg
みなさん、お疲れさまでした。





by nami-5963 | 2017-09-19 19:13 | 磯遊び | Comments(0)