人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

泡瀬の自然観察会

「泡瀬干潟を守る連絡会」主催の観察会があるというので、「カーミージーの海で遊び隊」の研修を兼ね、Aさん、Mさんといっしょに出かけました。


c0180460_03054175.jpg

11時すぎに地元の中学生を含めた20人が集まり観察会がスタートしましたが、



c0180460_03054939.jpg
今回の課題の一つが前回のセミナー時(2017.5.14、参照)の「ギボシムシ吸引機」のパワーアップ改良版を試してみることでした。



c0180460_03055937.jpg
干潟に出ると今まで見たこともない豆のような種子がたくさん打ち上げられていましたし、



c0180460_03065815.jpg
少し歩くとマングローブの植物が岩場にしっかり根付いているものに出合いビックリ!



c0180460_03074463.jpg
また、岩をめくってみると茶色いヒラムシや



c0180460_03080390.jpg
スジホシムシに出合い、



c0180460_03082858.jpg
おいしい貝のカンギクが岩の裏側や



c0180460_03084553.jpg
岩のくぼみにたくさん群れていたり、



c0180460_03090180.jpg
肉食のタマガイ類の卵塊の砂茶わんが何種類も見つかり、



c0180460_03092146.jpg
ナツメモドキ、ハナビラダカラやたくさんのタカラガイが見つかり貝類の多さに驚くばかりでした。



c0180460_03125110.jpg
砂州に着くとたくさんのミナミコメツキガニが食事をした後の砂団子を作り、らせん状にくるくる回って砂に潜る様子を動画に収めることができました。



c0180460_03132022.jpg
また、砂地に棲むメナガオサガニや



c0180460_03135375.jpg
ゴカイの仲間の棲管(せいかん、住み家)が見つかりましたが、



c0180460_03141851.jpg
砂地の表面にたくさんあいた穴が何の住み家なのかをはっきりさせるために「ギボシムシ吸引機」が大活躍をしました。



c0180460_03143733.jpg
中学生も小学生も力を込めて頑張って砂と水を吸い上げると、ゴカイの仲間はゲットできませんでしたが、



c0180460_03193322.jpg
体が透明で黄色い卵が丸見えでテッポウエビのように片方のツメが大きなスナモグリがたくさんのゲットできビックリ!



c0180460_03203150.jpg
面白いようにたくさん採れるようになり、



c0180460_03204142.jpg
たくさん集めて観察した後は



c0180460_03213611.jpg
砂地に戻すと一目散に砂に潜って行く様子も観察することができました。



c0180460_03220629.jpg
他にも砂地に棲むキンセンガ二や



c0180460_03222688.jpg
タイワンガザミの死骸や



c0180460_03224414.jpg
クモヒトデにも出会い、貴重な動画を残すことができました。



c0180460_03230334.jpg
ウミエラ館でおいしい沖縄のぜんざいを頂いて有意義な観察会を終えることができました。



c0180460_04001963.jpg
みなさん、お疲れさまでした。





by nami-5963 | 2017-09-25 08:57 | 磯遊び | Comments(0)