人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

真夜中のカーミージーの海

今年の最大干潮の-33cmの水位という貴重な日ので、「カーミージーの海で遊び隊」の夜の研修会を開催しました。



c0180460_23511071.jpg

MさんとAさんとの三人で真夜中の12時に集まって夜の海に繰り出して、最初に感じたのは、海藻の多さでした。



c0180460_23514254.jpg

例年より早く寒くなったためにたくさんの海藻が成長しているようですし、



c0180460_23521446.jpg

食感がシャキシャキしたチヌマタや



c0180460_23524747.jpg

立派なイソスギナや



c0180460_23535363.jpg

ホンダワラの仲間もたくさん見られ、



c0180460_23544649.jpg

高い位置にある岩には濃い緑色のアオサ(アーサ)がたくさん付いていてビックリ!



c0180460_23553354.jpg

海草藻場にいるイソギンチャクは白化現象も早くに回復し、イソギンチャクエビのご夫婦が住みついていましたし、



c0180460_23560408.jpg

夏場は真っ白になってしまい、なかなか回復せずそのまま死んでしまうのか?と心配したイソギンチャクも回復し、1~2cmぐらいのカクレクマノミもすみついていてほっとしました。




夏以後に大きな台風が連続して沖縄にやって来て海水をかき混ぜ水温を下げ、気温も下がり寒くなるのが早かったお蔭で、サンゴやイソギンチャクの白化現象が回復したものと思われました。



c0180460_23565048.jpg

三つ目のイソギンチャクはGPSを使っても潮の引きが大きすぎて地形が変わって見えるため見つけることができませんでしたが、普段の海底に立つことができたので、



c0180460_23580253.jpg

ティラジャー(マガキガイ)を石ころをひろうようにできて三人が童心にかえって「あった!」「ここにもいた!」と楽しむことができました。



c0180460_23590594.jpg

一食分を取り終えるとあとは取りすぎないように気遣い、「見つけても採らない!」と決めて帰路につきましたが、たくさんの赤い目をしたイワオウギガニ、



c0180460_23594306.jpg

横たわって寝ているギンポの仲間、



c0180460_00001567.jpg

交尾中のタツナミガイ、



c0180460_00005503.jpg

大きなアオヒトデ、



c0180460_00012222.jpg

毒針を持つ大きなイモガイ、



c0180460_00014735.jpg

強い毒を持ち食べると怖いスベスベマンジュウガニ、



c0180460_00021314.jpg

仲良しご夫婦のイシヨウジ、



c0180460_00024315.jpg

寝姿のダンダラトラギス、



c0180460_00031108.jpg

コブラの100倍の毒を持つというエラブウミヘビ、



c0180460_00033144.jpg

かわいいヒトデ、



c0180460_00035497.jpg

マギー(ビッグの沖縄語)なイソアワモチなどに出合い、楽しい夜の海の2時間があっという間に過ぎ去ってしまいました。







by nami-5963 | 2018-01-04 21:49 | 磯遊び | Comments(0)