沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

イソギンチャク巡り

昨夜、潮の引きが大きすぎて地形が変わって見えたため、見つけることができなかったイソギンチャクを探しに水位は62cmと高めでしたが、昼のカーミージーの海に出かけてみました。



c0180460_08120223.jpg

夜でも簡単に見つかったふたつのイソギンチャクを確認し、一つの体を棒で触れると「白い煙幕?」のようなものを吐き出し、こんなことは初めてでビックリ!何なのでしょう???



c0180460_08164924.jpg
夜に見つけられなかったイソギンチャクをGPSで探しまわると、岩と同じ色をしていて夜なら見逃してしまうのが当たり前のようなイソギンチャクをやっと見つけることができ、白化現象も回復し大きなイソギンチャクエビが住みついていてほっとしました。



c0180460_08173889.jpg
四つ目のイソギンチャクは夏の白化現象が回復していて胸をなでおろしました。


c0180460_08261774.jpg
五つ目のイソギンチャクは水深があるため、夏の白化現象にあわずにすみ、嬉しいことにかわいいカクレクマノミも一匹住みついてくれていました。



c0180460_08193777.jpg
六つ目のイソギンチャクは五つ目と同じ条件下にあったので、白化現象にあわずにすんだようでしたが、残念ながらまだ生きものは住みついていないようでした。




他のイソギンチャクはもっと水深があるので、今日は行けませんでしたが、白化現象がすべて回復していることが確認できてとても嬉しかったで~す。



c0180460_08201671.jpg
帰り道、海に放牧場の牛のように貝を養殖している「マイ放貝場」に寄ると、シャコガイの仲間のジャゴウが少し移動したようで少し探し回りましたが、一回り大きくなった姿を確認することができ嬉しくなりました。



c0180460_08210298.jpg
また、歩いているとアナダコが自分で身の危険を感じてスミを吐いて逃げて行きましたが、



c0180460_08211522.jpg
海で本物の凧(タコ)に出合ってビックリ!



c0180460_08520561.jpg
お正月の凧揚げを楽しんでいて糸が切れてここまで飛ばされてきたようで、タコに逃げられて凧を拾ったなんて笑ってしまいました。







by nami-5963 | 2018-01-05 08:54 | 磯遊び | Comments(0)