人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

辺野古・大浦湾シンポジュウム

3月24日に県主催の辺野古・大浦湾シンポジュウムが「国立劇場おきなわ」であり、Aさんといっしょに新しくできた浦添西海岸道路を通っていくと13分で着いてビックリ!



c0180460_23585013.jpg
みなさんの関心も高く会場は定員オーバーで、外のホールにモニターと椅子席を設置する程の盛況でしたが、若い人が少ないのが気になりました。



c0180460_23593068.jpg
講演や報告内容は辺野古・大浦湾の地形的な複雑さが生物の多様性を生み出し、固有性と可能性を秘めているので、素晴らしい自然を大切にして残したい!ということを訴えるもので、とても勉強になりました。



c0180460_23591407.jpg
面白かったのは甲殻類の新種がたくさん発見できたのはヤビーポンプとスキューバダイビングのおかげだということが分かり、とても納得できました。




また、翁長知事が「あらゆる手段を駆使して辺野古新基地建設を阻止する!」と明言してきた割には、今回のような有意義なシンポジュウムが少なすぎたのではないか?と思いましたし、裁判闘争に偏りすぎてまだまだいろんな手を使い切っていないのではないかと疑問に思いました。



c0180460_00000848.jpg
講演者の一人が「目の前の海に足を踏み入れてみよう。そして、そこにすむ生きものに触れたり、疑問に思うことを調べたりすることが大切で、各地でそのような活動が盛んになれば自然を大切に思う気持ちが育まれ、将来の自然保護活動につながっていくものなので、今一歩を踏み出そう!」と話をされたのがとても印象的で、まさに私たちの「カーミージーの海で遊び隊」の活動そのもののような気がしました。今までに120回の観察会に2708人の市民のみなさんが参加してきましたが、そういう意味では「辺野古の自然観察会」というものが今まで開かれていなかったようでとても残念でなりませんでした。




さらにジュゴンは騒音を嫌い、埋め立て工事の音に敏感なため辺野古のエサ場を放棄した可能性もあると指摘されていました。



c0180460_23594830.jpg
そんな中「北限のジュゴン調査チーム・ザン」のみなさんから「ジュゴンを県獣にしよう!」の署名用紙をもらってきましたので、ご協力下さ~い!




by nami-5963 | 2018-03-25 23:53 | 磯遊び | Comments(0)