人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

4月29日の観察会


4月29日の観察会はとても好天に恵まれました。



c0180460_12483185.jpg

早くから来た人には、貝の「コマ回し」と「宝貝の笛」の遊びにチャレンジしてもらいました。



c0180460_12484085.jpg

どんどん集まった子供たちは夢中になって楽しんでいましたが、なかなかうまく行かないひとはお家に持ち帰って次回までの宿題にしました。



c0180460_12495791.jpg

そのうち25名の参加者と7名のスタッフが集まり、いつものように危険生物の学習からスタートしました。



c0180460_12503266.jpg

観察会のルールの話の後繰り出した海辺にはたくさんのゴマフニナやヘリトリアオリガイがいて、岸辺の岩場に空いた一つ穴はカニの住み家で二つ穴は岩の中にすむ二枚貝の住み家だということを学んでいると、

貝殻を脱いだ貝のイソアワモチ、



c0180460_12504214.jpg

肉食のタマガイ類の卵塊の砂茶わん、



c0180460_12510895.jpg

表情がかわいくて人気者のハリセンボンが現れてみなさん大喜び!



c0180460_12511715.jpg

そこになんにでもしがみつく足の長いシガヤーダコが現れて大騒動!



c0180460_12512518.jpg
足を一本自切したものを踊り食いしようとすると男の子はしり込みするばかりなのに女の子が勇気を振り絞って口に入れてくれました。



c0180460_12534173.jpg
その後もクロナマコと青いきれいな模様のタイワンガザミの爪や



c0180460_12534940.jpg
クロナマコと足元を離れないハリセンボンに出合いましたし、



c0180460_12543585.jpg
タイワンガザミの爪集めに夢中になっているお友達もいました。



c0180460_12554922.jpg
みんなで小さな穴にすむ赤色のトゲアナエビ釣りを童心に返って夢中になって楽しみました。



c0180460_13010792.jpg
砂潜りの名人技でヤドカリを待ち伏せて襲うソデカラッパのようすを観察するのは何度も楽しみ、



c0180460_13014050.jpg
大きなブロックに着いたたくさんの生きものはみんな生きていて潮が満ちるとみなさんお食事を通じてきれいな海づくりに貢献していることを学習して帰路に着きました。



c0180460_13025874.jpg
帰り道で今年はあまり目にしなかった貝殻を体内に持つタツナミガイにであい、



c0180460_13031280.jpg
貝殻を指で探っていると紫色の汁を出し怒り出しました。ごめんなさい!



c0180460_13032009.jpg
ほかにもツノウシノシタの幼魚や



c0180460_13044961.jpg
イモガイのピンク色の卵の詰まった卵のう、



c0180460_13050234.jpg
大きなイモガイとピンク色の卵がかえってしまった白い袋だけの卵のう、



c0180460_13032893.jpg
たくさんのソデカラッパに出合い楽しかった観察会を無事に終えることができました。





by nami-5963 | 2018-04-30 12:30 | 磯遊び | Comments(0)