人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

6月17日の観察会


この6月3日の観察会と6月14日の沖国大生の卒論支援は残念ながら大雨で中止となり、6月17日の観察会も大型の台風5号の発生で危ぶまれました。



c0180460_12230681.jpg
ところが台風の速度が速くなり、観察会は台風一過の青空の下で29名の参加者と5名の取材陣と5名のスタッフが集まり大盛況でした。また、今回の参加者の中にはアメリカから夏休みで来日中の2名の小学生と出産一週間前の妊婦さんの参加もありました。



c0180460_12215024.jpg
みんなが集まるまでの間の「貝のコマと貝の笛遊び」のコーナーでは大人も子供も楽しそうに過ごし、



c0180460_12215541.jpg
危険生物の説明には、とても熱心に聞き入っていました。



c0180460_12220358.jpg
海辺の岩場には巻貝のゴマフニナや二枚貝のヘリトリアオリガイが岩にくっついて暮らし、岩に一つの穴や二つ穴をあけ、カニの赤ちゃんや二枚貝が住み込んでいることを知り、湧き水の湧き出し口も見つかり、冷たい海に一歩入るとすべての巻貝にヤドカリが住み込んでいてビックリ!



c0180460_12204545.jpg
しばらく歩くと暖かい沖縄の海になり、クロナマコ(右上から)、ニセクロナマコ、オオイカリナマコに出合い、それぞれに触れて感触の違いや特徴を確かめ、みんな泥の中の栄養を取り、きれいなウンコをして沖縄のきれいな海を作ってくれていることを知りました。



c0180460_12222264.jpg
今回はカーミージーの海では珍しい灰色の堅い体のハネジナマコにも出会い、



c0180460_12291222.jpg
珍しいハート型の二枚貝のリュウキュウアオイや



c0180460_12284650.jpg
ヒラメの赤ちゃんにも出会いました。



c0180460_12294414.jpg
そうこうしているとアオリイカの卵が見つかったと知らせが入り、



c0180460_12301485.jpg
ホンダワラ類の海藻にたくさん産み付けられた白いふわふわした卵塊をみんなで見に行き、


c0180460_12302210.jpg
触れるという貴重な経験もできました。



c0180460_12345269.jpg
ほかにも巻貝のタマガイ類の砂と卵を粘液で混ぜあわせて作った芸術的な卵塊の砂茶わんや



c0180460_12390134.jpg
毒針を持つ危険な貝のイモガイがピンク色の卵の粒の入った袋(卵のう)を産みつけているのにも出会い、



妊婦さんは生きものすべてが子孫を残すのに一生懸命だということが分かり感動し、とてもいい胎教になったと語ってくれました。



c0180460_12373368.jpg
その後、小さな穴にすむトゲアナエビを海草のリュウキュウスガモで釣り上げる(ことはできません!)「トゲアナエビ釣り」の遊びを大人も子供も夢中になって楽しみました。



c0180460_12395718.jpg
2m以上ある大きなブロックについたフジツボ、カサガイ、オハグロガキ、オニヒザラガイなどの生きものは干潮時には乾燥を防いでじっとして過ごし、潮が満ちると一斉にエサをとり、きれいな海づくりに貢献していることも知りました。



c0180460_12404598.jpg
最後にタツノオトシゴの仲間のヨウジウオの住む岩場を訪れるとオスがおなかに一杯卵を抱えている様子に妊婦さんを含めみんなが感動し、ビックリ!していました。元気な赤ちゃんを産んでくださいね。




アメリカから夏休みで来日中の2名の小学生は海のないところから来たので、とても楽しかったと語ってくれました。



c0180460_12412835.jpg
無事に観察会も終わり、何組かのファミリーが残って取材のインタビューを受けてくれていました。



c0180460_12420523.jpg
今回取材のあった「海DO宝」の放映は7月3日(火)10時48分のRBC琉球放送の3チャンネルでありますので、皆さんぜひご覧下さ~い。






by nami-5963 | 2018-06-18 18:15 | 磯遊び | Comments(0)