人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

7月29日の観察会

7月29日は好天に恵まれた観察会に35名の参加者と7名のスタッフが集まりました。



c0180460_00115845.jpg

その中に観察会参加者の3000人目の小学1年生がいましたので、お祝いに大きなホシダカラとイモガイの仲間のアンボンクロザメの貝殻をプレゼントに用意しました。



c0180460_00125476.jpg

最初にみんなで「3000人記念」の表彰式をしてお祝いし、



c0180460_00130176.jpg

いつもの危険生物の説明と注意をしてスタートしました。



c0180460_00134612.jpg

最初にクロナマコに出合い、硬くて紫色の汁を出して敵を撃退することや



c0180460_00135370.jpg

チクチク突き刺さるイカリの形の骨片を持つオオイカリナマコや



c0180460_00140074.jpg

堅い体を持つトゲクリイロナマコもみんな海の掃除屋さんだということを知り、



c0180460_00143512.jpg

かわいい二つの目玉を出し七つの貝殻の突起を持つクモガイ、



c0180460_00150089.jpg

食べると毒が強いが触るととてもつるつるスベスベの体を持つスベスベマンジュウガニ、



c0180460_00151834.jpg

巻貝のタマガイの仲間が砂と卵を粘液で混ぜ合わせて作った芸術作品の砂茶わん、



c0180460_00154489.jpg

片方の腕が大きく、パチンパチンと警戒心や縄張りを主張するテッポウエビ、



c0180460_00160264.jpg

海草のリュウキュウスガモの上に乗った緑色の5mmほどのウミウシや



c0180460_00161774.jpg

腕の長いひし形の形のヒシガニ、



c0180460_00163485.jpg

真っ黒なサザナミフグの5mmほどの幼魚に出合いビックリすることばかりでした。



c0180460_00170517.jpg

みんなで海草のリュウキュウスガモを1~2cmの穴につっこみ、



c0180460_00170064.jpg
トゲアナエビで「草を引きちぎられた!」「とても引きが強くてびっくりした!」と遊び、トゲアナエビ釣りを夢中になって楽しみ、



c0180460_00173886.jpg

大きなブロックについた生きものたちはみんな生きているが、潮が満ちたときにだけエサをとる活動を通じてきれいな海づくりに貢献していることを学習し、観察会を無事終わることができました。



c0180460_00185774.jpg

みなさんお疲れさまでした。








by nami-5963 | 2018-07-30 20:07 | 磯遊び | Comments(0)