人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

沖国大生卒論支援(10回目)

沖国大生の卒論支援の10回目でカーミージーの海に出かけました。



c0180460_23295847.jpg
今日は雨の心配もなくよく晴れて気持ちのいいカーミージーの海でした。



c0180460_23303926.jpg
一番遠くて水深のあるイソギンチャクGで共生エビを探しているとカクレクマノミの二度目の産卵を発見!



c0180460_23311147.jpg
親が私たち侵入者から卵を守ろうと必死になっている姿にはいつ見ても頭が下がる思いで~す。




c0180460_23325991.jpg
イソギンチャクFも前回の調査でイソギンチャクエビご夫婦が住み着いていて、



c0180460_23332340.jpg
メスが濃い緑色の卵を抱えているのにもビックリ!



c0180460_23340453.jpg
イソギンチャクEのカクレクマノミは相変わらず元気な独り者のようですが、



c0180460_23344007.jpg
一番共生エビの数も多く、イソギンチャクエビのメスは緑色の卵を抱えていました。



c0180460_23352079.jpg
イソギンチャクDにもかわいいカクレクマノミが一匹住みつき、



c0180460_23355031.jpg
コワタクズガニのご夫婦も健在でした。



c0180460_23364872.jpg
イソギンチャクB2はまだ白化したままで共生生物はゼロ!でしたが、しっかり岩に定着しているという力強さが感じられるのがとても嬉しかったで~す。



c0180460_23371570.jpg
移動中に岩のくぼみにしっかり隠れこんだ大きなイワオオギガニに出会いました。



c0180460_23374951.jpg
イソギンチャクCは白化しかけているせいか共生エビの姿は見られませんでしたが、



c0180460_23382041.jpg
イッカクガニのご夫婦が住みつき、メスは茶色い卵を抱いていました。



c0180460_23384811.jpg
イソギンチャクAは白化しかけていますが、前回の調査で一匹のカクレクマノミが住みつき、その後1cmくらいに成長して元気にしていたのがとても嬉しかったで~す。




c0180460_23392323.jpg
お疲れさまでした。







by nami-5963 | 2018-08-28 23:28 | 磯遊び | Comments(0)