人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

沖国大生卒論支援(11回目)


9月10日の沖国大生卒論支援(11回目)は大雨洪水警報が出るほどの大雨で、雷も伴っていたので中止とし、9月12日に実施しました。


c0180460_00260561.jpg

9月12日は見違えるほどの好天に恵まれ、イソギンチャク調査に出かけました。




イソギンチャクGの三匹のカクレクマノミはとても元気にしており、前回確認できた卵は無事に孵化していました。


c0180460_00282928.jpg
エビをよく調べているとちょうど産んだばかりのオレンジ色の卵を発見!これで三回連続の産卵が確認できたことになります。



c0180460_00285749.jpg
赤ちゃんたちが無事に他のイソギンチャクにたどり着くことを祈るばかりで~す。



c0180460_00331949.jpg
イソギンチャクEは相変わらずの独り者のカクレクマノミがすぐに出迎えてくれましたが、共生していたエビの姿が見られませんでした。



c0180460_00344447.jpg
イソギンチャクFは大きく立派なイソギンチャクエビのご夫婦が健在で、


c0180460_00341453.jpg
緑色の卵をしっかり抱いていました。



c0180460_00353489.jpg
イソギンチャクDには嬉しいことに生まれたばかりの5~6mmのかわいいカクレクマノミが住みついてくれていましたし、共生しているカニたちも元気にしていました。



c0180460_00361661.jpg
イソギンチャクB2は先日自力で移動していました(2018.9.7、参照)が、その後どこかに流されてしまったのか?ずいぶん探し回りましたが残念ながら見つかりませんでした。



c0180460_00365008.jpg
気を取り直してイソギンチャクCを訪れると、今までいたイソギンチャクエビの姿はなく、新しくクリーム色の1cmのエビが住み込んでいました。



c0180460_00372098.jpg
また、イッカクガニのご夫婦が住みつき、メスが緑色の卵を抱えていてびっくりしました。




イソギンチャクAはすぐ見つかるものとして捜しましたが、いくら捜せども見つかりませんでした。




ここはどうやら盗難にあったようで残念でなりません。




今回2個のイソギンチャクが盗難や行方不明で落胆してイソギンチャク調査を終えました。



c0180460_00384393.jpg
お疲れさまでした。





by nami-5963 | 2018-09-12 22:24 | 磯遊び | Comments(0)