人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

湧き水fun倶楽部の9月定例会

10人ほどが集まった湧き水fun倶楽部の9月定例会に久しぶりに参加することができました。




4
月のカーミージーの湧き水案内(2018.4.16、参照)以来、毎月や夏場の観察会に忙しくしている中で、観察回数も130回を数え、参加者数も3300人を超え、海底湧水の数も30カ所以上をGPSに記録できていることを近況報告させてもらいました。



c0180460_15525416.jpg
みなさんもそれぞれに近況報告をしあい、久しぶりに交流を深めることができました。



c0180460_15451098.jpg
最初に、琉大の大学院生の野崎真司さんが「具志頭地区の地下水水質」について報告してくれました。



c0180460_15452009.jpg
八重瀬町では地下水の硝酸性窒素量が地下ダム完成後急激に上昇していて、



c0180460_15452925.jpg
硝酸性窒素や亜硝酸性窒素を摂取すると健康被害を引き起こすそうです。

他にも堆肥の野積みの放置などの問題もあり大腸菌数が増大している問題が報告されました。



c0180460_15463279.jpg
これらの調査結果をどう公開したり生かすかによって農家と畜産家の対立を生んだりしないような方向を探っていかなくてはならない、と話されていました(右端が野崎さん)。




他の近況報告では、与論島の海底湧水の紹介もあり、

那覇市の城東小学校の右隅に新しく湧き水を発見したことや



c0180460_16032471.jpg
おきなわ石の会の本がやっと出版でき、


c0180460_16030847.jpg
辺戸岬の大石林山に「沖縄石の文化博物館」ができたこと、




北海道出身の方がいて最近水道がひかれたが2日で地震のため断水してしまったことや熊に気をつけて通学したりゴミ出しをしていたという貴重な話や

サイエンスサマーキャンプで多良間島の子供たちがトイレのサンポールで石灰岩を溶かす実験をしたり花崗岩(カコウ岩)は水のみ場の石だ!と知識が生活に根づいていたという話も聞けました。



c0180460_23035973.jpg

首里城お水取り行事の20回記念があり、これで完結で最後のバスツアーが催されることが紹介され、




次回は名護のGODAC国際海洋環境情報センターに遠出するそうでとても楽しみで~す。







by nami-5963 | 2018-09-16 15:43 | 沖縄の不思議 | Comments(0)