人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

沖国大生卒論支援(12回目)

今朝の新聞では台風24号が超大型の台風に成長しつつ沖縄に接近してきている!との予報が載っていましたが、Kさんは前回生まれたてのオレンジ色の卵がどうなっているかを確かめたい!ということで強風と雨の中を出かけました。


c0180460_00230621.jpg

冬に向けてだんだんと潮の引きが少なくなっていて、膝まで位の水中歩行をしてイソギンチャクGを目指すといい運動になりました。



c0180460_00240880.jpg
イソギンチャクGにたどり着くにはさらに水深が深くなり、肩までの水深のところもありました。



c0180460_00250397.jpg
イソギンチャクGの3匹のカクレクマノミは元気で、4回目の産卵をしていてビックリ!



c0180460_00254011.jpg
さらに良く観察すると嬉しいことに1匹の5~6mmほどのカクレクマノミの赤ちゃんがすみついていました。バンザ~~イ!



c0180460_00263471.jpg
イソギンチャクEではいつもの独り身のカクレクマノミが出迎えてくれましたが、ここでも5~6mmほどのカクレクマノミの赤ちゃんがすみついていました。バンザ~~イ!



c0180460_00272424.jpg
イソギンチャクFはイソギンチャクエビのご夫婦だけがいて、


c0180460_00273391.jpg
焦げ茶色の卵を抱いていました。



c0180460_00280836.jpg
そばに3cmほどのイトマキボラの幼貝が住みついていました。



c0180460_00310059.jpg
イソギンチャクDは5mmと8mm程の赤ちゃんカクレクマノミ2匹や


c0180460_00292094.jpg
イッカクガニ、イソギンチャクエビ、ホシナシカクレエビなどがたくさん住みつき、イソギンチャクもずいぶん大きくなってきたように感じました。



c0180460_00315989.jpg
イソギンチャクB2は行方不明になって1か月になりますが元居た場所を訪れてみてビックリ!!



c0180460_00321017.jpg
相変わらず白化していたから発見できたのですが、あっちこっち潮に流されながら元の場所近くに居ついたようでビックリ!でした。こんなことってあるんですね?!?!



c0180460_00325813.jpg
イソギンチャクCは白化現象も落ち着いてきたようで、5mmと1cmほどのカクレクマノミの赤ちゃんがすみついていました。バンザ~~イ!



c0180460_00340126.jpg
イソギンチャクAはいくら探しても発見できず、???でした。



c0180460_00335050.jpg
今日のイソギンチャク調査は台風の強風と雨に悩まされましたが、カクレクマノミの赤ちゃんがいっぱい住み着いてくれていて、イソギンチャクGから生まれたカクレクマノミかも?と想像するだけでもとてもハッピーな気分になれました。



c0180460_00352225.jpg
Kさん、お疲れさまでした。


c0180460_00351331.jpg


by nami-5963 | 2018-09-26 23:55 | 磯遊び | Comments(0)