人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

沖国大生卒論支援(16回目)

沖国大生の卒論支援(16回目)で真夜中のカーミージーの海にKさんとお友達二人の計4人でイソギンチャクの調査に出かけました。



c0180460_01282265.jpg
今日はエビ取り機を持参しましたが、今年一番の冷え込みの風が強く吹き水面が波立っていてエビどころではありませんでしたが、寝ぼけたハリセンボンには出会えました。



c0180460_01282288.jpg
最初のイソギンチャクGに向けて歩いていると岩にたくさんの緑藻類がついているので、今年はアーサがたくさん採れそうに感じていると、



c0180460_01282382.jpg
お友達の一人が「珍しいウミウシがいる!」と呼ぶ方に行ってみると12~3cmはありそうな大型のウミウシで、


c0180460_01282216.jpg
私もこんなものを見るのは初めてでビックリ!でした。



c0180460_01310944.jpg
イソギンチャクGに着くと三匹のカクレクマノミはイソギンチャクに潜ってお休みで、驚かさないようにエビなどを探しましたが、一匹も見当たりませんでした。



c0180460_01342611.jpg
次への移動中に前回に出合った大きなマンジュウヒトデにも出会いました。



c0180460_01320206.jpg
イソギンチャクEにはイソギンチャクエビのご夫婦が住んでいましたが、カクレクマノミの姿は見られませんでした。



c0180460_01320163.jpg
イソギンチャクFは今日の水位ではイソギンチャク本体がすべて水面から出てしまっていてエビなどの姿は全く見られませんでした。



c0180460_01320153.jpg
いつも生きものがいっぱいで賑やかなイソギンチャクDはカクレクマノミが二匹とイソギンチャクエビが三匹、テナガカクレエビが前回は11匹いたのが1匹しか見当たらずでした。どこへ行ったのでしょうか?



c0180460_01320274.jpg
前回はいくら探しても見つけることができなかったイソギンチャクB2でしたが、今回はKさんの「見つけるぞ!」という気合勝ちで岩の下に潜り込んで見つけにくいイソギンチャクB2を見つけることができました。




まだ、白化は回復しておらず、生きものは住みついていませんでした。




イソギンチャクCに向かう途中で手のひら大くらいのイソアワモチに出合いビックリ!



c0180460_01320129.jpg
イソギンチャクCでは2cmほどに成長したカクレクマノミが一匹で元気に出迎えてくれましたが、他の生きものは見当たらずでした。




台風以後、エビなどの生きものの数が随分と減ってきたので、調査する時間も短くて済み、2時前には無事に真夜中の調査を終えることができました。



みなさん、お疲れさまでした。





by nami-5963 | 2018-11-23 20:25 | 磯遊び | Comments(0)