人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

沖国大生卒論支援(18回目)

今年最後の沖国大生の卒論支援(18回目)で真夜中のカーミージーの海にKさんとお友達一人の計3人でイソギンチャクの調査に出かけました。



c0180460_01113644.jpg
海に入るといきなり大きな毒針を持つイモガイに出合ってびっくりしていると



c0180460_01113615.jpg
寝ぼけたハリセンボンにもたくさん出会い、カーミージーの海にこんなにたくさんいたかな?!とこれまたビックリ!



c0180460_01113627.jpg
他には忍者のようなタコや



c0180460_01185309.jpg
大型のウミウシ、



c0180460_01185424.jpg
ガラス状のトゲが刺さると激痛が走るウミケムシや



c0180460_01185436.jpg
赤い目をした大型のイワオオギガニ、



c0180460_01185453.jpg
すぐに白い内臓のキュビエ管を出すフタスジナマコなどに出合い、



c0180460_01212915.jpg
藻類のイソスギナが至る所に姿を見せてきていました。



c0180460_01210594.jpg
イソギンチャクGにたどり着くと3匹のカクレクマノミはイソギンチャクのお布団にくるまってお休みでした。



c0180460_01223441.jpg
大きさは3cm、4cm、6cmになり、イソギンチャクモエビが新たに一匹住みついていました。



c0180460_01223447.jpg
イソギンチャクFは今日の-8cmの水位では完全に干上がっていて生きものは確認できずでしたが、



c0180460_01223406.jpg
イソギンチャクEにはテナガカクレエビの赤ちゃんが生れたのがたくさん住みついているのを見つけ、Kさんと二人で丁寧にすくって数えていました。



c0180460_01223549.jpg
そばの海草藻場には産卵のためにたくさんのティラジャー(マガキガイ)が集まっており、



c0180460_01223404.jpg
巻貝のイトマキボラのペアや



c0180460_01223493.jpg
砂地には3~4cmほどのかわいいカレイの赤ちゃんまでいて、楽しむことができました。



c0180460_01252424.jpg
イソギンチャクDはカクレクマノミが2匹と


c0180460_01305743.jpg
イソギンチャクエビの3匹は定住者で、



c0180460_01252437.jpg
他にもモクズガニや



c0180460_01304122.jpg
テナガカクレエビもたくさん住みついてとても賑やかでした。



c0180460_01314333.jpg
イソギンチャクB2はまだ白化が落ち着いておらず、生きものもゼロのままで寂しい限りで、



c0180460_01324745.jpg
イソギンチャクCはカクレクマノミの一匹がすぐに出迎えてくれ、よく調べるとテナガカクレエビも一匹新たに住みついていました。



c0180460_01395165.jpg
これで今年のイソギンチャク調査は終了となりました。どうもお疲れさまでした。



c0180460_01405182.jpg
みなさん、よいお年をお迎え下さい。





by nami-5963 | 2018-12-23 22:07 | 磯遊び | Comments(0)