人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

3月16日の観察会

3月16日の観察会は夜の9時前に20人の参加者と5人のスタッフが集まり、ラジオ沖縄の取材も入ってスタートしました。



c0180460_15523333.jpg
みんなが集まるまでに巻き貝のコマ回しやタカラガイの笛遊びを楽しみ、海の危険生物の学習や海でのルールを確認して海に向かいました。



c0180460_15530335.jpg
海辺にはたくさんの巻貝がごろごろしていますが、拾い上げてみるとみんなヤドカリが住んでいることにビックリ!し、岩に空いた一つ穴はカニが、二つ穴には二枚貝が住みこんでいて、グミのような感触のイソアワモチも食事をすることを通じてきれいな沖縄の海を作る役割を果たしていること知り、またもやビックリ!



c0180460_15533491.jpg
海に入るとニセクロナマコ、クロナマコ、オオイカリナマコ、トゲクリイロナマコなどのナマコ類に出会い、感触の違いや毒のあるなしを知り、みなさん汚れた砂や泥から栄養を摂り、


c0180460_15540766.jpg
きれいな砂や泥のウンコをしてきれいな沖縄の海を作る役割を果たしていることを知りました。



c0180460_15543121.jpg
たくさんの寝ぼけたフグのハリセンボンにも出会い、かわいい表情を写真に収めることができました。




みんなが一斉にライトを消して足元の海草藻場をかき回すと、青白くピカッ!ピカッ!と輝くプランクトンの夜光虫とボォ~と長時間光るウミホタルに初めて出会い、みなさん興奮気味に楽しんでいました。



c0180460_15550351.jpg
さらに、ライトをつけて海草藻場に空いた1~2cmの巣穴にすむ赤いトゲアナエビを周りに生えたリュウキュウスガモの海草を使って「トゲアナエビ釣り」の遊びにチャレンジすると、エサのリュウキュウスガモを両手のはさみで取りに来るトゲアナエビとのやり取りが面白く、


c0180460_15554789.jpg
「すごい力で引く!」「草をとられた!」「釣りあげられないのですか?」とみなさん童心に帰ってとても楽しんでいました。



c0180460_15562568.jpg
そうしていると毒針を持つ大きなイモガイや7本の突起を持つクモガイや



c0180460_15573734.jpg
タカラガイも現れ、詳しく説明してもらいました。



c0180460_15580884.jpg
最後に大きなブロックについたフジツボ、オハグロガキ、カサガイ、オニヒザラガイなどはみんな生きていて干潮時の今はピシッと殻を閉じて乾燥を防ぎ、満潮時にプランクトンを捕食して生活し、きれいな沖縄の海を作ることに貢献していること知り、無事に真夜中の観察会を終えることができました。




みなさん、お疲れさまでした。



c0180460_15585589.jpg
ラジオ沖縄の放送は4月3日(水)のAM8時25分からの6分間という予定ですので、みなさんぜひお聞きくださ~い。





by nami-5963 | 2019-03-18 15:44 | 磯遊び | Comments(0)