人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

平成最後の同窓会

不思議な縁で始まった同窓会も今年で25年目の四半世紀を迎え、平成最後の同窓会として「東北三大サクラをめぐる11春景色3日間」の旅に出かけました。沖縄から参加の場合、前後に二泊が加わり4泊5日の大旅行となりましたが、素晴らしい春の東北地方の景色を報告させてもらいます。



c0180460_14581002.jpg
新大阪駅から「のぞみ」で東京に出て、東京駅から東北新幹線の「やまびこ」に初めて乗車して仙台に着き、観光バスに乗り換え東北自動車道で世界遺産の中尊寺に向かいました。



c0180460_14581011.jpg
あいにくの雨で、びしょぬれになりながら1200年前に「争いのない仏国土」を目指して建立された「金色堂」を見学し、



c0180460_14581012.jpg
もう桜は散ってしまい葉桜ばかりの中、満開のしだれ桜を見つけ、みんなで記念撮影をしました。



c0180460_14592309.jpg
その後は、バスに揺られて花巻温泉郷のホテルに着き、温泉につかり美味しいごちそうを食べて見た夜桜は最高でした。



c0180460_14592334.jpg
二日目は、みちのく三大桜名所のひとつで、2Kmに1万本の桜のトンネルがあるという「北上展勝地(きたがみてんしょうち)」を訪ねましたが、素晴らしいサクラはすべて葉桜となっており、残念!



c0180460_14592351.jpg
次の東北屈指のサクラの名所・弘前公園に向かう高速道路沿いは雪景色になり出し、ビックリ!



c0180460_14592387.jpg
弘前公園に着くと、雨にうたれてソメイヨシノは散り始めており、



c0180460_14592376.jpg
おかげでお堀に浮かんだ花びらの「花筏(はないかだ)」を見ることができ、ラッキー!



c0180460_15013043.jpg
雨に煙って岩木山は見られなかったものの、



c0180460_15013009.jpg
本丸の天守の周りのしだれ桜はすべて満開状態でとても見ごたえがあり、



c0180460_15013029.jpg
大満足!



c0180460_15022560.jpg
「ねぷた村」では津軽三味線の演奏が楽しめましたが、もう少し時間が欲しかったで~す。



c0180460_15022529.jpg
次に、「八甲田山の雪の回廊」を目指ざそうとすると、吹雪のため通行止め!との知らせに別ルートで十和田湖に向かい、湖畔を歩きながら高村光太郎作の「乙女の像」までを往復しましたが、



c0180460_15022557.jpg
十和田湖の水のきれいさにビックリ!



c0180460_15022562.jpg
十和田八幡平国立公園でも有名な奥入瀬渓谷は積雪による白黒の水墨画的な世界が広がり、



c0180460_15043714.jpg
普段写真などで目にする緑豊かな世界と異なり、



c0180460_15043723.jpg
また違った趣が楽しめとても素晴らしかったで~す。



c0180460_15043708.jpg
三日目は、初めて見られる青空のもとお宿の湯瀬温泉を出発すると、



c0180460_15043750.jpg
道路は「雪の回廊」のように積雪でいっぱいで、ビックリ!



c0180460_15060518.jpg
道沿いの玉川温泉が強酸性で魚が住めないため石灰で中和しているために宝仙湖の湖水が乳白色を帯びたグリーンでとてもきれいでした。



c0180460_15063123.jpg
さらに下流にある日本一深い湖の田沢湖畔で休憩し、本物の秋田犬(あきたいぬ)を見ることができました。



c0180460_15063189.jpg
最後の観光は角館(かくのだて)の武家屋敷で、



c0180460_15063155.jpg
上級武士の青柳家に入るといろんな展示品の中に「解体新書」の挿図をえがいた青柳家の親戚筋の「小田野直武」の存在を知り、ビックリ!



c0180460_15063159.jpg
さらに、角館は伝統工芸の樺細工(かばざいく)工芸が盛んで、素晴らしいたくさんの作品が鑑賞できましたし、すべて材料はヤマザクラの樹皮だということも初めて知りました。



c0180460_15082027.jpg
一番驚いたのは、ソメイヨシノやヤマザクラも満開状態で青空に映えてとても鮮やかで、



c0180460_15082021.jpg
最高の景色でした。



c0180460_15082074.jpg
これで、二泊三日の東北地方を巡る楽しい思い出いっぱいの同窓会を無事に終えることができました。




みなさん、大変お世話になりありがとうございました。





by nami-5963 | 2019-04-30 22:53 | 沖縄の不思議 | Comments(0)