人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

たいちくんの観察会

友人の子供さんが「生きもの大好き!」ということで、沖縄に遊びに来てくれました。

小学2年生ということで、ゆみさんもいっしょに「カーミージーを案内しよう!」ということになり、7月30日に「たいちくんの観察会」を実施しました。



c0180460_16183083.jpg
カーミージーの前の浜には潮が引くと大きなソフトコーラルが現れますが、触ってみて「大きくて柔らかい!」のにビックリ!し、



c0180460_16213198.jpg
以前はニモ(カクレクマノミ)が二匹も住んでいた40cmもある大きなハタゴイソギンチャクを見て、「ニモに会いたかった!」と言っていました。



c0180460_16213162.jpg
そこに、毒のある生きものに詳しいたいちくんを歓迎するかのように毒のきついスベスベマンジュウガニが現れ、その甲羅を触ってみて「本当にすべすべだ!」と言って喜んでいると、



c0180460_16114940.jpg
手のひらに乗るような大きさのイソアワモチが現れ、ビックリ!



c0180460_16183065.jpg
この浜には天然記念物のオカヤドカリがたくさんすんでいるので、ザルにひろって見せると大喜び!

家に帰っても「天然記念物のオカヤドカリを触ったよ!」と報告するくらい印象に残ったようでした。



c0180460_16153530.jpg
熱中症対策で水分補給と水浴びをしながらカーミージーの先端を回ると、



c0180460_16153509.jpg
夏休み中の中学生たちが、グループで水遊びにやってきていて、盛んに飛び込みを繰り返していました。



c0180460_16183077.jpg
岩場に着いたクロフジツボやオハグロガキは今の干潮時は乾燥を防いでじっとしているが、潮が満ちてくるとプランクトンを食べる食事を通じて、沖縄のきれいな海づくりに一役買っていることを紹介すると不思議そうにしていました。



c0180460_16115037.jpg
たくさん転がっている岩を起こしてみると、岩の下から毒針をいっぱい持ったウミケムシや



c0180460_16115072.jpg
伸びちじみを繰り返して移動する




c0180460_16153523.jpg
イナンセドリユムシ、



c0180460_16114980.jpg
パフパフと二枚貝を開け閉めして移動するミノガイの仲間のエボシユキミノ、



c0180460_16213101.jpg
半透明な殻を持つ二枚貝のツマベニアメアゲマキにも出会いました。



c0180460_16183061.jpg
岩の陰には毒針が細くて折れやすくて危険なガンガゼが隠れていて、その周りにキンセンイシモチの幼魚が隠れ住んでいたり、



c0180460_16183027.jpg
クロナマコをもみもみしていると魚やカニを撃退する紫色の汁を出すのにビックリ!


c0180460_16153533.jpg
最後に、海草藻場に空いた1~2cmの巣穴にすむ赤いトゲアナエビを周りに生えたリュウキュウスガモの海草を使って「トゲアナエビ釣り」の遊びにチャレンジすると、



c0180460_16213195.jpg
エサの海草のリュウキュウスガモを両手のはさみで取りに来るトゲアナエビとのやり取りが面白く、「すごい力で引く~!」「草をとられた!」と夢中になって楽しんでいました。



c0180460_16183006.jpg
二時間ほどでたくさんの生きものに出合え、とても刺激になり楽しく過ごせた「たいちくんの観察会」を無事に終えることができました。お疲れさまでした。



c0180460_16183030.jpg
お礼の手紙にもトゲアナエビ釣りがとても楽しく、印象に残ったようでした。

よかった!よかった!





by nami-5963 | 2019-07-31 18:09 | 磯遊び | Comments(0)