人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

8月17日の観察会

8月17日の観察会は集合時間の少し前まで雨がぱらついていましたが、



c0180460_12044513.jpg
学童クラブの15人のみなさんがマイクロバスで着くころには雨もやみ、スタッフ2名とのこじんまりとした観察会となりました。



c0180460_12050467.jpg
みんなで貝のコマまわしと笛遊びを楽しみ、海の危険生物や海でのルールを確認してスタートしました。



c0180460_12050471.jpg
最初に、岸辺にたくさん落ちている巻貝には全部ヤドカリがすみこんでいることが分かってビックリ!し、



c0180460_12050431.jpg
岸辺の岩場にあいた一つ穴はカニの住み家で二つ穴は岩の中に二枚貝が住み込んでいることを紹介しこれらの生きものが食事をすることを通じて沖縄のきれいな海づくりに貢献していることを知りました。



c0180460_12062543.jpg
海に入ってみると岩場にゴカイの仲間のケヤリムシが「水中花」を咲かせたように広がっていましたが、棒を近づけるとすぐに引っ込むようすを楽しみ、



c0180460_12070283.jpg
クロナマコやニセクロナマコ、オオイカリナマコに出合い、



c0180460_12083187.jpg
感触の違いや毒のあるなしを知り、みなさん砂や泥から栄養を摂り、きれいな砂や泥のウンコをしてきれいな沖縄の海を作る役割を果たしていることを知りました。



c0180460_12090878.jpg
毒針を持って狩りをする大きなイモガイを紹介していると



c0180460_12091991.jpg
コブラの100倍もの毒を持つというウミヘビが現れ、それも自分たちの方に近づいてくるので、みなさん大きな悲鳴を上げ大騒ぎにました。



c0180460_12095770.jpg
ヤドカリを砂潜りの得意技で待ち伏せ、襲って食べる肉食のカニのソデカラッパが見つかり、



c0180460_12104295.jpg
何回も砂に潜るかわいいしぐさを楽しむことができました。



c0180460_12120863.jpg
そのあと、大潮の時期に脱皮して成長するソデカラッパの抜け殻が見つかり、珍しい勉強になりました。



c0180460_12130129.jpg
ほかに、なんにでも抱き着く意味を持つシガヤーダコがみつかり、いったんは捕まえたもののヌルッと逃げられ、黒いスミまではかれて逃げられて大騒ぎになりましたが、自分の足を一本残し(これを自切と言います!)ていったため、みんなで少しずつ「タコ足の踊り食い」を体験することができました。



c0180460_12135733.jpg
海草藻場を歩いているとオレンジ色のカイメンや



c0180460_12142220.jpg
七つの突起を持ちかわいい目を出すクモガイに出会いました。



c0180460_12144684.jpg
海草藻場に空いた1~2cmの巣穴にすむ赤いトゲアナエビを周りに生えたリュウキュウスガモの海草を使って「トゲアナエビ釣り」の遊びにチャレンジすると、



c0180460_12152457.jpg
エサの海草のリュウキュウスガモを両手のはさみで取りに来るトゲアナエビとのやり取りが面白く、



c0180460_12152451.jpg
「すごい力で引かれた!」「草をとられました!」「これは食べられますか?」「釣りあげられないのですか?」とみなさんとても熱心に楽しんでいました。



c0180460_12152326.jpg
最後に大きなブロックについたフジツボ、オハグロガキ、カサガイ、オニヒザラガイなどはみんな生きていて干潮時の今はピシッと殻を閉じて乾燥を防ぎ、満潮時にプランクトンを捕食して生活していることを説明し、



c0180460_12161815.jpg
帰りに、トゲの鋭いハリセンボンにも出会い、愛嬌のあるかわいい姿を楽しむことができました。



c0180460_12162832.jpg
2時間の間にいろんな生き物に出合った観察会を無事に終えることができました。



c0180460_12174611.jpg
学童クラブのみなさんは今回で2度目となりましたので、来年もぜひ遊びに来てくださ~い!



c0180460_12163306.jpg
みなさん、お疲れさまでした。




by nami-5963 | 2019-08-18 11:03 | 磯遊び | Comments(0)