人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

みさき特別支援学校の観察会

9月25日は朝から台風通過後の好天に恵まれ、観察会日和となりました。

夏の観察会に参加して感動した先生の「カーミージーの海の生きものと触れ合う貴重な体験を生徒たちにもさせてやりたい!」との願いから、何度も打ち合わせを重ね、みさき特別支援学校の観察会が実現しました。


c0180460_00405841.jpg

観察会の時間が1時間しか取れないため、前もって学校でパンフレットを使って海の危険生物の学習をすませ、みさき特別支援学校の高等部3年の14名の生徒さんと7名の職員さんが大型バスでカーミージーの海にやってきました。



c0180460_00412460.jpg
遊び隊の3名が出迎え、予定より早く着いたので、みんなで貝のコマ回しと笛遊びを楽しみました。

取り組んでみると笛は少し難しかったようですが、コマ回しがとても上手な生徒さんが何人かいてみんなが拍手する場面もあり、とても盛り上がりました。



c0180460_00421143.jpg
海での約束事や注意事項を話して海に向かい、



c0180460_00442627.jpg
最初に、岸辺にたくさん落ちている巻貝には全部ヤドカリがすみこんでいることが分かってビックリ!



c0180460_00442699.jpg
次にカタツムリのような角の先に目玉を持つイソアワモチがたくさん現れてグミのような感触をみんなで確かめていると



c0180460_00535996.jpg
膨らんだハリセンボンが二匹も現れ、とても興味深そうに観察していました。



c0180460_00442636.jpg
クロナマコやニセクロナマコ、トゲクリイロナマコ、オオイカリナマコにも出合い、感触の違いや毒のあるなしを知り、みんなで砂や泥から栄養を摂り、きれいな砂や泥のウンコをしてきれいな沖縄の海を作る役割を果たしていることを学習していると、



c0180460_00442633.jpg
七つの突起とかわいい二つの目玉を持つクモガイも現れ、「きれいな貝ですね!」「この貝おいしいですよね!」と会話も弾みました。



c0180460_00463777.jpg
肉食の貝のタマガイ類の卵塊の砂茶わんや



c0180460_00470728.jpg
とても獰猛で挟まれるとやばいベニツケガニの赤ちゃん、



c0180460_00442664.jpg
ハリセンボンが好んで食べるというナガウニや青い熱帯魚のルリスズメダイなどにも出会いました。



c0180460_00370073.jpg
海草藻場に空いた1~2cmの巣穴にすむ赤いトゲアナエビを周りに生えたリュウキュウスガモの海草を使って「トゲアナエビ釣り」の遊びにチャレンジすると、



c0180460_00480184.jpg
エサの海草のリュウキュウスガモを両手のはさみで取りに来るトゲアナエビとのやり取りが面白く、



c0180460_00480171.jpg
「すごい力で引かれた!」「草をとられました!」「これは食べられますか?」「釣りあげられないのですか?」とみなさんとても熱心に楽しむことができました。



c0180460_00370443.jpg
ヤドカリを砂潜りの得意技で待ち伏せ、襲って食べる肉食のカニのソデカラッパが見つかり、砂に潜るかわいいしぐさを何回も楽しむことができました。



c0180460_00391189.jpg
その水たまりですいすいと優雅に泳ぐハリセンボンの姿に癒されるひと時を過ごすこともできました。



c0180460_00394691.jpg
「楽しかった!」「また来たい!」との感想を語ってくれた観察会を無事に終えることができました。

みなさん、お疲れさまでした。





by nami-5963 | 2019-09-26 08:32 | 磯遊び | Comments(0)