人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

6月16日の観察会

6月16日の観察会は梅雨だというのにカンカン照りのお天気の中、親子連れの19名の参加者と6名のスタッフが集まり、



c0180460_11415083.jpg
新しくできた駐車場でいつものように貝のコマ・笛遊びや



c0180460_11415021.jpg
海の危険生物や海でのルール説明をしてスタートしました。



c0180460_11415042.jpg
最初に、岸にたくさん落ちている巻貝には全部ヤドカリがすみこんでいることが分かってビックリ!していると、



c0180460_11415039.jpg
小さなイソアワモチがたくさん現れてグミのような感触をみんなで楽しみ、



c0180460_11415004.jpg
岸辺の岩場にあいた一つ穴はカニの住み家で二つ穴は岩の中に二枚貝が住み込んでいることを紹介しこれらの生きものが食事をすることを通じて沖縄のきれいな海づくりに貢献していることを知りました。



c0180460_11432054.jpg
海に入ると一抱えもあるような珍しい外洋性のマンジュウヒトデと



c0180460_11434706.jpg
タツノオトシゴの仲間でオスが卵を抱いてイクメンをする口先と丸い尻尾を赤色におしゃれしたヨウジウオが現れて興奮していると、



c0180460_11443493.jpg
海草藻場でアオリイカの卵塊が見つかって珍しいのでみんなで押しかけました。



c0180460_11443456.jpg
白い袋に入ってプニュブニュとした感触が気持ちよく、夏の風物詩の貴重な体験にみなさん大喜び!



c0180460_11453133.jpg
いつものようにクロナマコ(左)、ニセクロナマコ()、オオイカリナマコ ()の感触の違いや毒のあるなしとみんな海の掃除屋さんだということを知り、



c0180460_11460828.jpg
フグのハリセンボンや



c0180460_11463194.jpg
細くて折れやすい毒針を持つガンガゼの赤ちゃん、



c0180460_11465012.jpg
肉食のタマガイ類の卵塊の砂茶わんや毒針を持った大きなイモガイやかわいい二つの目を出すクモガイ、



c0180460_11473471.jpg
珍しいコブシメの赤ちゃんに出合い嬉しくて大喜びし、



c0180460_11475151.jpg
砂潜りの名人技でヤドカリを襲って食べるソデカラッパの砂潜りのようすを何度も楽しく観察しました。



c0180460_11481775.jpg
海草藻場を歩いていると夜行性の30cmもあるという大きなトラフシャコの巣穴を見つけ、戸締りのようすやかなりの深さであることを観察できました。



c0180460_11490549.jpg
海草藻場に空いた1~2cmの巣穴にすむ赤いトゲアナエビを周りに生えたリュウキュウスガモの海草を使って「トゲアナエビ釣り」の遊びにチャレンジすると、



c0180460_11490547.jpg
エサの海草のリュウキュウスガモを両手のはさみで取りに来るトゲアナエビとのやり取りが面白く、



c0180460_11490524.jpg
「これは食べられますか?」「すごい力で引く~!」「草をとられました!」「釣りあげられないのですか?」とみなさん童心に帰ってとても楽しんでいました。



c0180460_11500179.jpg
最後に大きなブロックについたフジツボ、オハグロガキ、カサガイ、オニヒザラガイなどはみんな生きていて干潮時の今はピシッと殻を閉じて乾燥を防ぎ、満潮時にプランクトンを捕食して生活していることを学ぶことができました。



c0180460_11500875.jpg
帰り道でもコブラの100倍の毒を持つというウミヘビの赤ちゃんや



c0180460_11500872.jpg
青色のきれいなタイワンガザミのオスが現れ、大喜びで家族ごとに記念撮影をすることができました。



c0180460_11501875.jpg
みんなで本当にたくさんの珍しい生きものに出合うことができた楽しい観察会を無事に終えることができました。




みなさん、ありがとうございました。






# by nami-5963 | 2019-06-17 11:39 | 磯遊び | Comments(0)

6~8月のチラシや改訂新版のパンフレットをAさんといっしょに配布して回りました。



c0180460_01140258.jpg

チラシの表面は6~8月の5回の観察会を案内し、



c0180460_01140216.jpg

裏面は肉食の巻貝の「タマガイ類」の紹介となっていますので、皆さんご活用ください。




チラシやパンフレットを置いて頂いているところを紹介しますと、




カーミージーの海の出入り口(6か所)のフェンス、隠れ家喫茶・清ちゃん、浦添市立歴史にふれる館、NEOSU、コープ牧港店、宜野湾市立博物館、浦添市役所玄関ロビー、市長室・秘書課、市環境保全課、浦添市立中央公民館、浦添市立図書館、緑ヶ丘自治会館、伊祖自治会館、港川小学校、パーラー幸、環境省・漫湖・水鳥湿地センター、県立図書館、那覇市立ほしぞら公民館、県立博物館・美術館、泡瀬・ウミエラ館、海洋博研修センター、

となっています。



今回、配布して回って得た情報などを紹介しますと、



c0180460_01155739.jpg

浦添市立歴史にふれる館では、「戦前・戦後のガラス製品展」が、



c0180460_01162685.jpg

宜野湾市立博物館では、「沖縄戦の中の宜野湾」展が、



c0180460_01161751.jpg

浦添市の環境保全課では「てだこ環境プランナー養成講座」が開催されるようです。

Aさんも私もこの講座の卒業生なんですよ。



c0180460_01172216.jpg

また、漫湖水鳥・湿地センターでは「漫湖チュラカーギ大作戦」が



c0180460_01191237.jpg

那覇市のほしぞら公民館では、プラネタリウムの特別無料投影会や



c0180460_01191293.jpg

「星空案内人」講座が、



c0180460_01220740.jpg

県立博物館・美術館では「ジブリの大博覧会」もあるようですので、みなさんどうぞご参加下さ~い。



c0180460_01191297.jpg

県立博物館・美術館でもらったチラシに「海岸の植物観察会」や



c0180460_01191201.jpg

「ウミガメまつり」の案内もありましたので紹介させてもらいます。



c0180460_01300739.jpg
また、パンフレットに挟んだ年間計画のチラシも紹介しておきますので、ご活用下さい。



# by nami-5963 | 2019-06-06 07:04 | 磯遊び | Comments(0)

6月2日の観察会

6月2日の観察会は夜明け前に雷を伴った土砂降りの大雨があったため開催が心配されましたが、ボースカウトのグループと親子連れの19名の参加者と5名のスタッフが集まり、



c0180460_18564029.jpg
新しくできた駐車場で貝のコマ・笛遊びや



c0180460_18564032.jpg
海の危険生物や海でのルール説明をしてスタートしました。



c0180460_18582411.jpg
海にたくさん落ちている巻貝に全部ヤドカリさんが入っていることが分かってビックリ!していると、



c0180460_18592557.jpg
砂地に長い触角を左右にフリフリして死体を探しながら進むイボヨフバイがいたり、



c0180460_18564062.jpg
小さなイソアワモチがたくさん現れてグミのような感触をみんなで楽しみ、これらの生きものが食事をすることを通じて沖縄のきれいな海づくりに貢献していることを知りました。



c0180460_18582413.jpg
フグのハリセンボンに出合い嬉しくて拍手で大喜びしているところに



c0180460_18582439.jpg
毒針を持った大きなイモガイが現れ、危険生物で学習した効果で顔をそむけていました。



c0180460_19013072.jpg
クロナマコ(左)、ニセクロナマコ()の感触の違いや毒のあるなしを知り、



c0180460_19014060.jpg
食べると毒のあるケブカガニを見つけて観察していると



c0180460_19014473.jpg
黒い卵をたくさん持っているのがわかったり、



c0180460_19023149.jpg
褐虫藻が住み込んできれいな色のヒメシャコガイをみんなでのぞき込み、砂潜りの名人技でヤドカリを襲って食べるソデカラッパの砂潜りのようすを何度も楽しく観察しました。



c0180460_19050328.jpg
海草藻場に空いた1~2cmの巣穴にすむ赤いトゲアナエビを周りに生えたリュウキュウスガモの海草を使って「トゲアナエビ釣り」の遊びにチャレンジすると、



c0180460_19050312.jpg
エサの海草のリュウキュウスガモを両手のはさみで取りに来るトゲアナエビとのやり取りが面白く、



c0180460_19050305.jpg
「これは食べられますか?」「すごい力で引く~!」「草をとられました!」「釣りあげられないのですか?」とみなさん童心に帰ってとても楽しんでいました。



c0180460_19055846.jpg
タカラガイのキイロダカラを見つけた友達がいて、



c0180460_19060460.jpg
お金として使われた歴史とお金にまつわる漢字には「貝」という字が使われている説明を受け、みなさんガッテン!のようでした。



c0180460_19061264.jpg
最後に大きなブロックについたフジツボ、オハグロガキ、カサガイ、オニヒザラガイなどはみんな生きていて干潮時の今はピシッと殻を閉じて乾燥を防ぎ、満潮時にプランクトンを捕食して生活していることを学ぶことができました。



c0180460_19065325.jpg
帰り道にも岩に白い卵の袋(らんのう)を産み付けたイモガイも現れました。



c0180460_19071415.jpg
みんなで本当にたくさんの生きものに出合い、心配した一滴の雨も降ることなく、楽しい観察会を無事に終えることができました。


ありがとうございました。



# by nami-5963 | 2019-06-03 18:50 | 磯遊び | Comments(0)

5月19日の観察会

5月19日の観察会は梅雨に入ったというのにカンカン照りの中、親子連れの21名の参加者と6名のスタッフが集まり、



c0180460_17291802.jpg
新しくできた駐車場で貝のコマ・笛遊びや海の危険生物や海でのルール説明をしてスタートしました。



c0180460_17293257.jpg
海に入る前にたくさん落ちている巻貝に全部ヤドカリさんが入っていることが分かってビックリ!し、



c0180460_17293237.jpg
そばの岩場に空いた一つ穴はカニの住み家で二つ穴は岩の中に二枚貝が住み込んでいることを紹介していると、



c0180460_17293219.jpg
かわいい表情のフグのハリセンボンや



c0180460_17293249.jpg
紫色の汁を出すクロナマコや



c0180460_17293254.jpg
アメフラシやイソアワモチが現れてビックリ!



c0180460_17311086.jpg
20cmほどの細長いヨウジウオと砂潜りの名人技でヤドカリを襲って食べるソデカラッパ(左)、



c0180460_17313912.jpg
毒のあるとげがすぐに折れてとても危険なガンガゼの赤ちゃん、



c0180460_17320308.jpg
砂地とそっくりな色模様を持つヒラメの赤ちゃん、




c0180460_17322264.jpg
サンゴにすむ珍しいベンケイハゼも姿を見せ、みんなで大喜びしました。



c0180460_17332993.jpg
海草藻場に空いた1~2cmの巣穴にすむ赤いトゲアナエビを周りに生えたリュウキュウスガモの海草を使って「トゲアナエビ釣り」の遊びにチャレンジすると、



c0180460_17332924.jpg
エサの海草のリュウキュウスガモを両手のはさみで取りに来るトゲアナエビとのやり取りが面白く、



c0180460_17332934.jpg
「すごい力で引く!」「草をとられた!」「釣りあげられないのですか?」「食べられますか?」とみなさん童心に帰ってとても楽しんでいました。



c0180460_17344579.jpg
最後に大きなブロックについたフジツボ、オハグロガキ、カサガイ、オニヒザラガイなどはみんな生きていて干潮時の今はピシッと殻を閉じて乾燥を防ぎ、満潮時にプランクトンを捕食して生活していることや




c0180460_17344543.jpg

タカラガイのキイロダカラが、お金として使われた歴史とお金にまつわる漢字には「貝」という字が使われている説明を受け、みなさんガッテン!のようでした。



c0180460_17353874.jpg

カンカン照りでとても暑かったので、ブロックの周りで海水浴も楽しむことができました。



c0180460_17354860.jpg

帰り道でも足元にハリセンボンがやってきたのを嬉しそうにすくい上げて記念撮影をすることもできました。



c0180460_17354834.jpg

みんなで本当にたくさんの生きものに出合い、楽しい観察会を無事に終えることができました。




ありがとうございました。





# by nami-5963 | 2019-05-20 17:27 | 磯遊び | Comments(0)

湧き水funクラブ定期総会

湧き水funクラブの定期総会があり、12名の会員の参加がありました。



c0180460_14133338.jpg
私は、最近カーミージーの海で遊び隊との日程が重なることが多かったため、久しぶりの参加となりました。




役員と会計報告、規約を決め、今年度の活動予定を確認していきました。



c0180460_14143577.jpg


c0180460_14143678.jpg
湧き水funクラブとしては琉球大学と連携して取り組んできた「水の環プロジェクト」が3年目のまとめになることと湧き水funクラブも結成10周年を迎えるため冊子づくりに取り組むことになりました。



c0180460_14153475.jpg
そのために年間計画を充実させたものにしていきました。



c0180460_14160290.jpg
この5月23日に顧問の金城さんの「沖縄の水道について」の講演会、


c0180460_14162966.jpg

6月2日には「みずのわ教室」があり、11月には東京で「サイエンス・アゴラ見学」があり、来年の3月には総まとめをする予定になりました。



c0180460_14165464.jpg
恒例のおやつタイムを取りながらの各自の情報交換では、浦添市では市民が5名以上いるグループで講師料を1回につき7000円を補助する制度があり、これを有効利用する方法を教えてもらったり、



c0180460_14172379.jpg
カーミージーの海で遊び隊は観察会を170回して3600人の参加費を貯金し、新しいパンフレットやチラシを作ったことを紹介し、実物を手にしてもらいました。



c0180460_14174451.jpg
今回3名の新入会員さんも増え、ますます幅広い活動が可能になっていきそうで、とても楽しみで~す。





# by nami-5963 | 2019-05-20 14:18 | ダイビング・クジラ・水中写真 | Comments(0)