沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

カテゴリ:沖縄の不思議( 1044 )

おきなわ石の会の3月定例会が、玉城青少年の家であり、Aさんといっしょに出かけました。



c0180460_01074977.jpg
今日のテーマは「玉城グスク周辺の地質と地形」ということで、玉城青少年の家の職員さんでもあり石の会の会員のTさんの案内で、いつものように熱心な地質funの40名が集まりました。



c0180460_01082975.jpg
Tさんが「ウォークラリー 問題用紙」を作ってくださっていたので、それに沿って楽しく学習していくことができました。



c0180460_01090578.jpg
150mの高台にある石灰岩台地が舞台ですので、最初の円形の「くぼみは何か?」ということも石灰岩の鍾乳洞の洞窟の一部だった!ということでした。



c0180460_01094058.jpg
ほかにも、この大木はマメ科のクロヨナで、年に二回紫の花を咲かせる!とか



c0180460_01113845.jpg
この石垣は、畑の土の流出を防ぐためのもの!とか



c0180460_01101634.jpg
「エイリアンの顔」があるという石灰岩の岩場では下から伸びた鍾乳石が石筍(せきじゅん)、上から伸びたのが氷柱石(つららいし)、くっついたのが石柱(せきちゅう)というように質問と解説が繰り返されとても分かりやすかったです。



c0180460_01125433.jpg
その場で、最新の知識が披露されたのが、石灰岩に空いたたくさんの穴がどうしてできたのか?というところで、



c0180460_01132722.jpg
今までは波蝕痕(波でできた浸食地形)や風蝕痕(風の力で巻き上げられた砂粒などが作った浸食地形)と説明されてきたが、最近では地中海のコルシカ島でみられるタフォニという化学的な浸食地形だという説明がありました。



c0180460_01135720.jpg
また、途中にはとても立派なオオタニワタリが成長していたり、



c0180460_01142243.jpg
アカギが岩に抱き着いて成長しているようすをみたり、



c0180460_01145306.jpg
台風で岩が崩れて抱き着いていた根や幹が網目状のカゴのようになって落下している姿も見学し、



c0180460_01152784.jpg
大きな鍾乳石にも出会い、



c0180460_01160218.jpg
石灰岩の割れ目を通って玉城グスクに出ました。



c0180460_01163119.jpg
この玉城グスクは180mの高さの柱状カルストの一部で、



c0180460_01170199.jpg
隆起してできた「雨ごい御嶽」のある琉球王府の「東御廻り」の重要な史跡のひとつでした。



c0180460_01173401.jpg
いろんな勉強をした帰りには、Aさんが行ったことがないという有名な湧き水の仲村渠樋川(なかんだかりのヒージャー)



c0180460_01180554.jpg
垣花樋川(かきのはなのヒージャー)に寄って帰りました。



c0180460_01200591.jpg
また、RBCの「ウチナー紀文」の取材もありましたが、3月25日の11時から放送されますので、ぜひご覧下さ~い。




by nami-5963 | 2018-03-11 20:59 | 沖縄の不思議 | Comments(0)
引っ越してから水槽の水替えをしてやると、


c0180460_15323521.jpg
新しい環境になったことを嬉しそうにしていました。



c0180460_15325619.jpg
一月末から二月初めにかけての今年一番の寒波の到来がきっかけで、今年初の金魚の大産卵があり、


c0180460_15341649.jpg
1mmほどの黄色で透明な卵が水草にたくさん産みつけられていました。



c0180460_15351382.jpg
別の水槽に水草を移動して赤ちゃんが生まれても親に食べられてしまわないようにしていますが、なかなか赤ちゃんが生まれてくれませんでした。



c0180460_15355048.jpg
どうしたものか?と思っていた二月の中旬に、爆発的に1~2mmほどの赤ちゃん金魚が生まれだしました。



c0180460_15362718.jpg
二つの水槽の端に一杯くっついている数は2~300匹になるでしょうか。



c0180460_15370907.jpg
一年たつと10匹前後が生き残り、また次の世代を残すことができることでしょう。




沖縄に来て毎年世代更新していてこれで10代目となりま~す。



c0180460_15375904.jpg
そうこうしていると2月末にまたもや寒波がやってきて、大産卵をしていました。




どうやら寒さが産卵活動のきっかけになるようですね。







by nami-5963 | 2018-03-01 15:30 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

サメの赤ちゃんの研究

沖縄美ら島財団の総合研究センターから「サメの赤ちゃん研究の最前線」という面白そうな講座案内があり、Aさんといっしょに県立博物館に出かけました。



c0180460_21163686.jpg
講師の冨田武照さんは生きたサメを身近で研究できるということでジンベイザメが三匹もいる「美ら海水族館」に就職したという「サメ大好き人間」で、「水族館=サメの赤ちゃん研究所」だと言い切って、サメのことを生き生きと楽しそうにお話ししてくれる「サメプロ」でした。



c0180460_21171982.jpg
印象に残ったことをいくつか挙げてみると「サメの赤ちゃんはへその緒がないのにも関わらず、お母さんから栄養や酸素をもらっているのはなぜか?」という疑問を持ち続けていたある日、



c0180460_21174443.jpg
読谷村の定置網にかかって死んだ体長5m、体重1.5tのホホジロザメのメスのおなかをさばいて明らかになったそうです。



c0180460_21182671.jpg
赤ちゃんサメは子宮の中一杯の豆乳のような粘液の中にいて



c0180460_21184930.jpg
取り出せば頭でっかちの状態だったそうで、



c0180460_21194449.jpg
胃の中には小さなサメの歯がいっぱいたまっていたそうで、



c0180460_21201453.jpg
そんなことから、胎児は子宮の中で飲み食いし、栄養成分は種類によってさまざまだということが分かった、と嬉しそうに話してくれました。



c0180460_21211878.jpg
もう一つ印象に残ったことは、新聞にも載ったイタチザメの出産の時にいっしょに出てきた薄い膜を東大の電子顕微鏡で調べてみると、膜にたくさん開いた小さな穴はゴミや細菌やウィルスを遮断するがミルクや酸素を通すことのできる優れたものだ!ということが分かった、ととても嬉しそうに話してくださいました。



c0180460_21215178.jpg
自分の研究に自信と誇りを持ち、研究することが楽しくて仕方がないという雰囲気の話を久しぶりに聞くことができとても感動しました。




カーミージーの海で遊び隊のガイドも子供たちに感動を与えることができたら、と思いつつ励んでいま~す。




by nami-5963 | 2018-02-25 21:12 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

防災と湧き水

湧き水fun俱楽部の2月の例会は名護市の「防災研修センター」に出かけ、貴重な体験をたくさんすることができました。



c0180460_14325857.jpg
最初の「防災学習シアター」では災害の危険性や恐ろしさを臨場感のある映像で体感し、



c0180460_14332150.jpg
初期消火体験では、Nさんご夫婦が二人とも「消火できませんでした!」の結果となり、「これだと我が家は全焼だ!」と気合を入れて再チャレンジしていました。



c0180460_14335380.jpg
「煙避難体験」では、怖い煙の中で姿勢を低くし安全に逃げる方法を学び、



c0180460_14342376.jpg
「地震体験室」では、地震発生時の室内で行うべき行動を学びました。



c0180460_14350458.jpg
面白かったのは「水害時脱出体験」で、どれだけの水位で車のドアや家の扉が開かなくなるか?というもので、水圧の恐ろしい力を体験できました。



c0180460_14355601.jpg
昼食後は「許田の手水」の湧き水を訪れ、



c0180460_14363486.jpg
その素晴らしい水量と



c0180460_14365948.jpg
おいしさにびっくり!して帰路につきました。




by nami-5963 | 2018-02-18 10:30 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

引っ越し

実は、去年の暮れに引越しをしました。



c0180460_16533523.jpg
2年前の引っ越しで、賃貸の新築マンションに入居し、二人の年金生活で10万円以上の家賃を払い続けてきましたが、冷静になって考えてみると、どちらかがいなくなると生活が破綻してしまうことは明らかなので、一人の年金でも過ごせるような家賃のところに、引越しができる元気なうちに住み替えよう、という計画を立てました。



c0180460_16501367.jpg
奥さんがインターネットで1か月をかけていい物件を探し、二人で見て回って11月の末に決めました。




12月は二つの物件を借り、余裕をもって引っ越しができるようにしましたが、問題は新しいお家も部屋数は同じながら収納スペースや廊下がない分、荷物を減らさなければならないという課題が残りました。



c0180460_16520465.jpg
ベッド、ソファ、掃除機などの大きな家具は市に引き取ってもらい、



c0180460_16514520.jpg
凧・釣り・ボーリングなどの趣味の道具は日本の凧の会・凧博物館に寄贈し、他は友人にもらってもらい、



c0180460_16511646.jpg
フクロウや海の生きものなどの置物は近所のこども達にもらってもらい、



c0180460_16512927.jpg
ゆみさんからも仲良くしてもらったお礼にお菓子をプレゼントさせてもらいました。




やはり断捨離あるのみでした。



c0180460_16503793.jpg
新居は前より少し狭いものの、ベランダは二部屋分もあり、ゆみさんはローラーボードをすいすい楽しんだり、



c0180460_16472308.jpg
金魚たちものびのび過ごし、



c0180460_16492643.jpg
今まで集めた貝殻の標本作りや図鑑の写真撮影もでき、とても嬉しく思っていま~す。




狭いながらも「終の棲家」が決まり、ほっとしています。





by nami-5963 | 2018-01-29 16:10 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

初ウクシー(初仕事)

先日、湧き水fun倶楽部の初ウクシー(初仕事)がありました。




第三土曜日が定例会のため、遅まきながらの新年のあいさつを交わしながら11人でスタートしました。



c0180460_21235715.jpg
最初にお茶の先生が、お花と「瑞気満高堂」の色紙を用意して下さり、



c0180460_21241983.jpg
女性陣のお世話で新年のお茶会となり、



c0180460_21243557.jpg
一人ひとりおいしいお茶を頂き、新鮮な気分になれました。




続いて近況報告や新年の抱負を語ることになり、戌年のKさんからスタートしました。




2月17日の名護市防災センターの説明と帰路に名護の名水巡りをする予定や



c0180460_21252737.jpg
1月27日のかーオブザイヤーの説明、




年金生活苦で引っ越しをしたことや4月14日のカーミージーの湧き水巡りの予定、夏にもお茶会がしたい、今年から名護高に勤務して朝は早く夜遅くて大変なこと、


c0180460_21255946.jpg
県のかりゆし長寿大学を卒業したが、生活環境に<水>のことがなかったので入れてもらったことや阪神大震災から23年になり当時の大切な教訓をおもいおこしたこと、ヘルニアで手術入院し、健康の大切さを痛感したこと、また一つ年を取ってしまった!温泉ソムリエとして活躍したく、赤倉温泉に入ってきたこと、屋冨祖公民館に釣瓶の水くみが完成した、


c0180460_21263846.jpg
ミツカンの報告資料や琉大との交流資料の貸し出しができること、図書館から湧き水の講演依頼が来ていること、今年で8年目なので10周年に向けて今から企画して取り組んでいきたい、



などたくさんのことが出されました。



c0180460_21271509.jpg
一区切りついたところに小4のI君親子が到着して13人になり、



c0180460_21290762.jpg
I君が「湧き水の水辺にすむ生きものさがし~宜野湾市を中心に~」の研究報告を大人顔負けの資料を駆使して7分間の発表をしてくれました。

その後もみなさんの質問にもしっかり答え、いろんな助言も受けて、10分間の新聞社の発表本番に備えてもらうことになりました。



c0180460_21293229.jpg
ガンバレ、I君!


by nami-5963 | 2018-01-22 21:21 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

謹賀新年



2018.1.1

今年は戌(いぬ)歳ですね。

戌と言えばすぐに「忠犬ハチ公」を思い出しますが、賢くて人間に尽くす動物という印象が強いですね。今迄に出合って印象的なワンちゃんを紹介してみたいと思います。




c0180460_03255980.jpg
このワンちゃんはカーミージーの海が干潮になるとご主人さまといっしょに散歩を楽しんでいて、会うたびに口笛を吹くとしっぽを振って大喜びし私の周りをぐるぐる回り、



c0180460_03280838.jpg
途中立ち止まってはこちらを見上げてカメラ目線を見せ、



c0180460_03271665.jpg
またしっぼを振りながら走り回ってとても嬉しそうにしてくれます。




カーミージーの海では海の生きもの以外にもたくさんの出会いがあり、とても楽しいで~す。




今年も飛躍の年にしたいと思いますので、みなさんよろしくお願い致します。




もう一匹のワンちゃんは、北中城村のそば屋さんで飼われているワンちゃんです。



c0180460_03284358.jpg
ゆみさんとも仲良しでお店を訪れるたびに交流を深めて楽しんでいます。



c0180460_03285888.jpg
最後は2000年代に座間味島にダイビングに通っていた時のショップの前のお宿で飼われていたワンちゃんです。




年間30日を超えるダイビングに行くたびに交流を楽しんできましたが、老衰で亡くなったようで、とても残念で~す。






by nami-5963 | 2018-01-01 06:27 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

10歳の誕生日

12月8日にゆみさんが10歳の誕生日を迎えました。おめでとうございます!



ゆみさんが生まれたことを契機に「一緒に遊ぼう!」と退職を決意し、大阪の方から引っ越してきて早10年がたとうとしていることに感慨深いものを覚えます。




12月8日はママがお休みなため朝も放課後も我が家には来ずで、お家でお誕生を祝ってもらい、ピザとパスタを食べに行ったそうでした。




そんな訳で、翌日の放課後に我が家でのお誕生会となりました。



c0180460_18174801.jpg

初めに「ハッピーバースデー」の歌を二回うたって、



c0180460_18181583.jpg

お誕生のプレゼントをもらい、照れながらうれしそうなゆみさんでした。



c0180460_18184202.jpg

なんだろうと興味津々で包みを開けてみると、いくつか持っているサバイバルシリーズの「干潟のサバイバル1・2」だったので、



c0180460_18352107.jpg
嬉しそうに見せてくれました。



c0180460_18195816.jpg

その後は誕生ケーキに10本のローソクをともし、一気に吹き消し、



c0180460_18201792.jpg

おいしく頂きました。



c0180460_18203876.jpg

ケーキの後は熱心に「干潟のサバイバル1・2」を読んでいるゆみさんにつられ私も読んでみると、とてもいい勉強になりました。




次は20歳のお祝いをし、いっしょにお酒が飲めることを楽しみにしていま~す。







by nami-5963 | 2017-12-10 18:15 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

凧作り教室

中央公民館祭りがあり、


c0180460_01081020.jpg

その中で凧作り教室を担当することになりました。



c0180460_01085117.jpg

担当の職員さんがとても熱心で何度も打ち合わせをして材料の準備もして下さり、わたしは本番に足を運ぶだけでした。




最初に凧(たこ、タコ)についての歴史的なお話を少ししました。




凧は江戸凧(えどだこ)!と言われるように江戸時代の武家社会において長男の誕生祝に立身出世や勇ましくたくましい金太郎や義経などのように育つことを願ってあげられたこと、




江戸時代以前は大阪(坂)で「イカのぼり」として楽しまれていた遊びを江戸っ子は大坂がイカなら江戸はタコだ!と対抗心を燃やしたこと、




武家社会では身分の低い下働きを強いられていた奴(やっこ)さんが武家屋敷を見下す「奴凧(やっこだこ)」を揚げて虐げられた町民たちが日頃のうっ憤を晴らしていた!ことを話すとお父さんやお爺さんから「タコにこんな面白い歴史があるなんて知らなかた!」「授業でこんな歴史が学べたら勉強好きになっていたかも!」という感想が出されていました。




一時間ずつの2班体制で各定員10名でしたが、おじいちゃんやお父さんお母さんもいっしょでどちらも満員御礼の盛況でした。



c0180460_01225298.jpg
材料は身近な折り紙やミシン糸、毛糸といったもので、簡単にできるもののとても性能のいい「折り紙凧」に取り組みました。



c0180460_01233619.jpg
テキストに沿って丁寧に作ることを大切にして作り進めていくとみなさん熱心に取り組み、出来上がるととてもいい表情を見せてくれました。



c0180460_01240042.jpg
凧揚げというとみなさんは走る!と思っているようですが、風を背中に受けて凧を風にのせていく感じで揚げていくことを知ってもらうとうまく行き、「とても楽しかった!」の感想が聞かれました。



c0180460_01243208.jpg
二班目は子ども連れのお母さんが多く、こどもといっしょに熱心に作り上げ、



c0180460_01250140.jpg
小雨が降り出したものの良い風にのせて凧揚げを楽しみました。



c0180460_01252331.jpg
風を背中に受けてたこを揚げる!こともとても上手でお母さんが「こんなによく揚がるタコだとは思わなかった!」とビックリ!した感想を漏らしていました。




とても楽しい凧作りと凧揚げになりましたので、みなさんもチャレンジしてみて下さ~い。






by nami-5963 | 2017-12-03 10:57 | 沖縄の不思議 | Comments(2)

伊祖大綱引き

今年も「伊祖大綱引き」の季節がやって来たようで、ポストに案内チラシが入っていました。


c0180460_18481011.jpg

去年のようすが写真で紹介されていて、よく見ると「ばあちゃん」が写っているのを発見し、下校後のゆみさんと「ばあちゃん、どこだ?」のゲームをしていると、「ここにじいちゃんも写ってる!」と新しい発見をしたりして、楽しく盛り上がることができました。



c0180460_18485102.jpg

当日の天気予報は雨!でしたが、三人で出かけると、途中で「ニンニクカズラ」のきれいな薄紫の花を見つけたゆみさんが、においをかいで「くっさぁ~~!」と叫んでいました。



c0180460_18491517.jpg

会場に着き、しばらくすると綱引き実行委員長や自治会長さんのあいさつがあり、伊祖グスクで採火した聖火がともされ、いよいよ英祖王の入場となり、豊作の報告と豊作への感謝の儀式がありました。



c0180460_18494041.jpg

その後は空手の演武、



c0180460_18512527.jpg

伊祖旗頭の入場があり、



c0180460_18514396.jpg

長寿クラブの演舞が始まるころから雨がぱらつき始めました。



c0180460_18520585.jpg

東西の大綱の入場時には雨脚もどんどん強くなり出し、



c0180460_18525375.jpg

東西の支度(したく)のにらみ合いは降りしきる雨の中で行われました。



c0180460_18543536.jpg

東西の大綱がカヌチ棒でしっかり固定されて綱引きの準備がOK!となり、



c0180460_18551547.jpg

実行委員長の赤旗を振り下ろすのを合図に綱引きが開始されました。



c0180460_18564289.jpg

今までは東西が一勝一敗なだけに力のこもった大綱引きとなりましたが、



c0180460_18564806.jpg

徐々に西(イリ)が優勢になり、



c0180460_18565658.jpg

最後は浦添商業高校の野球部員の応援を受けた西が降りしきる雨の中の勝利を収め、大喜びしていました。




雨が強くなる一方なので、お守りの綱ももらわずに急いで帰路につきました。








by nami-5963 | 2017-11-26 18:57 | 沖縄の不思議 | Comments(0)