人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

カテゴリ:沖縄の不思議( 1074 )

岡波島のクジラ化石

「おきなわ石の会」で豊見城市沖に見える岡波島(おかはじま)のクジラ化石の観察会があり、「こんな機会は二度とないかも!」ということでAさんといっしょに出かけました。


c0180460_17121614.jpg

朝の9時までに与根漁港に42名の地質ファンが集まり、



c0180460_17121723.jpg
チャーターした漁船(渡船料2500円)に分乗して岡波島に向かいましたが、



c0180460_17121710.jpg
熱低の風とうねりが強くて、岸から50mも離れたところで下船しなくてはならず、



c0180460_17121785.jpg
胸まで海水につかり、お互いに支え合いながら岸に無事たどり着くことができました。



c0180460_17121713.jpg
4隻の船でピストン運転をするため、全員がそろうまでに時間があったので、海岸の貝拾いを楽しむことができましたし、足元の砂は有孔虫の死骸の丸い粒で出てきているのにビックリ!



c0180460_17162513.jpg
クジラの化石のある所まで、潮がまだ引ききっていない海を歩いて行くのが大変でしたが、



c0180460_17162542.jpg
到着してみると、発見された1898年時に何者かに持ち去られていた頭部としっぽの骨以外のすべての骨がきれいに現存しているのにビックリ!



c0180460_17162537.jpg
化石を含んだ地層は100万年前にできた琉球石灰岩の地層で、名護博物館などにはクジラの骨格標本はありますが、


c0180460_17162592.jpg

化石として肩甲骨や肋骨から背骨までがきちんと残っているのはとても貴重で、



c0180460_17215754.jpg
天然記念物などに指定して保存しない限り崩れていくばかりだ!と心配になりました。



c0180460_17162474.jpg
現存する骨格をメジャーで測定すると7.7mで26個の脊椎があるのが分かりました。



c0180460_17234602.jpg
頭部が残っていたとしても10m少しの体長だとすると現在も慶良間諸島にやってきて出産・子育てをするザトウクジラ(2013.2.2、参照、カテゴリー「ダイビング・クジラ」参照)の子供の大きさくらいですので、骨の組織もきちんと残っていることなどから将来のDNA鑑定からどんなクジラがどんな病気で死亡したのかということも判明するのではないか?と期待に胸が膨らみました。




私が、「この地層の続きが名城の喜屋武漁港にあり、クジラの肋骨の化石を見たことがある!(2012.9.25、参照)」という話をすると、会長さんには「浪岡がゾウの化石を見た!そうだ。」、と伝わり「伝言ゲーム」の難しさを痛感したり、



c0180460_17244568.jpg
小学1年生の会長のお孫さんから、「骨の化石にはカルシュウム(Ca)以外にどんなものがふくまれていますか?」という難しい質問も出て、楽しい観察会になりました。



c0180460_17254829.jpg
もう一つの素晴らしかったことは、琉球石灰岩のノッチ部分の2mの高さにたくさんの水の嫌いな貝・キバアマガイが生息していましたが、



c0180460_17254817.jpg
たくさんの白い卵は赤ちゃんになる時にどうしても必要な海水中にちゃんと産みつけられている!という素晴らしい観察場所があったことでした。



c0180460_17264684.jpg
帰り道はとてもよく潮が引いていて、テーブルサンゴやルリスズメダイ、



c0180460_17215600.jpg
オニヒザラガイやクモヒトデたちの生きものに出合い、



c0180460_17264611.jpg
沖縄戦の不発弾を自衛隊が爆発処理した跡地も見学することができ、



c0180460_17121604.jpg
砲弾の一部がビーチロックの中に取り込まれているのがあり、ビーチロックができるのに今まで数千年かかるといわれていたものよりずいぶん短い50~60年でできる!ということも分かりました。


c0180460_17264692.jpg

船に乗るのを待ちながら会長のお孫さんとタカラガイの笛遊びをし、



c0180460_17264667.jpg
岩の上にこぶのようについた二枚貝(カネツケザル)を割って食べてみたり、



c0180460_17264678.jpg
貝殻を脱いだ貝のイソアワモチや毒を持つケブカガニを観察して楽しく過ごしました。



c0180460_17285260.jpg
Aさんも「楽しくて、いい経験になりました!」と満足そうでした。



c0180460_17285228.jpg
みなさん、お疲れさまでした。


c0180460_17323680.jpg




by nami-5963 | 2019-09-15 17:06 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

化石展

宜野湾市立博物館で化石展をやっているので、夏休みのゆみさんを誘って出かけました。



c0180460_01495027.jpg
館内に入るとホールに大きなマンモスの骨格標本が置いてあり、圧倒されながら記念撮影をしてから展示室を見て回ると、



c0180460_01503485.jpg
恐竜のタルボサウルスの頭部の骨格標本や



c0180460_01505714.jpg
おおきなアンモナイト、



c0180460_01524068.jpg
プロトケラプスと卵の化石まであり、見ごたえがありました。



c0180460_01510877.jpg
ゆみさんは生きているリュウキュウヤマガメと



c0180460_01510481.jpg
化石のリュウキュウヤマガメが同時に展示されているのに不思議そうにし、



c0180460_01541513.jpg
大きな巻貝の化石を見て「じいちゃんこの貝なら食べ応えありそうだね。」と言っていました。



c0180460_01545238.jpg
また、ゆみさんはカーミージーを作る琉球石灰岩(アワイシ、粟石)に入っている有孔虫の化石をルーペで熱心にのぞき込んでいましたし、



c0180460_01551702.jpg
以前に行った嘉陽層の褶曲のコーナーでは「ここへ行ったね!」とよく覚えているようで、化石展では「マンモスが大きかったのが印象に残っている!」そうでした。



c0180460_01573583.jpg
常設展は学校からも学習に訪れたことがあるようで、貝の腕輪で遊んだ後は、



c0180460_01580005.jpg
スタンプを丁寧に押してお土産にしていました。



c0180460_01582446.jpg
常設展では他にも、遺跡から発見されたジュゴンの骨で作られた珍しい死者を弔うための「蝶形骨製品」や



c0180460_01593889.jpg
沖縄線で最初の激戦地となった「嘉数の戦い」のこと、



c0180460_01585512.jpg
普天間飛行場が米軍によってブルトーザで強引に住民の家や田畑を壊し、天然記念物の松並木を切り倒して作られたことなどが学べる貴重な展示がありますので、

c0180460_01590027.jpg
みなさんも出かけてみて下さ~い。




by nami-5963 | 2019-08-20 09:41 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

台風対策

台風9号に続いて台風10号が発生し、台風9号が先島方面に上陸しそうなので、私たちも台風対策をすることにしました。



c0180460_16432467.jpg
家では強風で飛びそうなものや植木鉢をまとめて物陰にしまい、よしずをたたんで収納しました。



c0180460_16401830.jpg
カーミージーでは海の出入り口の8カ所に掲示した、パンフレットや観察会案内チラシ、生きものシリーズの図鑑をラミネートした13枚を外していきました。



c0180460_16401802.jpg
強風に吹き飛ばされてプラスチックごみが増えることを心配してのことですが、たくさんの枚数なので奥さんもゆみさんも手伝ってくれることになりました。


c0180460_16401822.jpg

三人で取り組むと能率よく作業が進みましたが、それでも全部取り去るのに40分ほどかかり、

c0180460_16401829.jpg
フェンスが久しぶりにすっきりました。



c0180460_16452076.jpg
台風の通過後は、パンフレットと一番新しい観察会の案内チラシと生きものシリーズの図鑑だけのコンパクトなものにし、掲示場所も4か所に絞り込むことにしました。


c0180460_16454651.jpg


by nami-5963 | 2019-08-15 16:36 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

7月の石の会の定例会

おきなわ石の会の7月の定例会が西原町の中央公民館であり、Aさんといっしょに出かけました。



c0180460_16371155.jpg
今回も熱心な地質ファンが40名以上集まり、



c0180460_16375463.jpg
会員の所有する石を持ち寄って石に対する見識を深めるのが目的だったため、Aさんも紫水晶やメノウを、



c0180460_16381880.jpg
私も年輪がはっきりわかる硅化木(けいかぼく)を持参しました。



c0180460_16384076.jpg
会長さんの「沖縄の石のあれこれ」の話の後で持参した硅化木(けいかぼく)が木材の炭素(C)と地中のケイ素(Si)とが入れ替わり(置換)、年輪が残ったまま硬い石になった珍しい物だ!ということでみなさんに回してみてもらい、持参した甲斐がありました。



c0180460_16391559.jpg
後半は中学の理科で取り組むマグマが冷えてできる火成岩の分類に取り組みました。



c0180460_16393456.jpg
火成岩はマグマが急に冷えてできたため、鉱物の結晶がまばらにみられる斑状(はんじょう)組織をもつ火山岩と

マグマがゆっくり冷えてできたため、岩を作る鉱物の結晶が大きく成長した等粒状(とうりゅうじょう)組織を持つ深成岩に二分され、

それぞれに含まれる鉱物の種類によっても岩石が分類されることを示す一覧表を説明してもらいました。



c0180460_16413164.jpg
これを使ってA~Fの6個の岩石を分類する実験にいくつもの班に分かれて、みんな熱心に取り組みました。



c0180460_16404657.jpg
A~Fの6個の岩石は、A、安山岩(あんざんがん)、B、花崗岩(かこうがん)、C、玄武岩(げんぶがん)、D、閃緑岩(せんりょくがん)、E、斑糲岩(はんれいがん)、F、流紋岩(りゅうもんがん)でした。




Aさんもとても熱心に取り組み、「今日の勉強で石のことがとてもすっきりわかるようになりました!」との感想を述べるだけあって全問正解し、ますます石のことに興味が湧いてきたようでした。



c0180460_16422291.jpg
持ち込まれた石の中でどうしてできたものやら、作り物か自然にできたものか、いったい何なのか?というものもあり、会長さんも持ち帰るというものもありましたし、



c0180460_16425754.jpg
Aさんの持ち込んだ「良質の石炭?」も「閃亜鉛鉱(せんあえんこう)」かもしれない?というものもあり、次回がまた、楽しみになりました。




by nami-5963 | 2019-07-14 16:26 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

石の会総会

「おきなわ石の会」の2019年度の総会があり、Aさんといっしょに北谷町の「ちゃたんニライセンター」に出かけました。



c0180460_17325366.jpg

早く着くと、会長さんの「蔵書プレゼントコーナー」が設けられており、一冊ずつ頂きました。



c0180460_17325381.jpg

総会には50人以上の参加者があり、会計報告などの後に、



c0180460_17345119.jpg

今年の事業計画が明らかになり、Aさんはクジラ(鯨)の化石に関心を示していました。



c0180460_17345199.jpg

総会後、宝石テルヤ代表の照屋行雄さんから「世界の宝石~輝きを放つまで」という講演があり、いい勉強になりましたので、いくつかレポートしますと、




照屋さんは沖縄市の貝塚の貝拾いからスタートし、東京で宝石店を開き、現在はタイで自社工場を持っているそうですが、自社工場を持つのは人に頼むと時間がかかるからで、すべて自社工場で賄っている。タイは宝石に関する技術は世界一のレベルなので、ここに工場を置くととても便利、



c0180460_17362970.jpg

持ち込み標本の右の+-の電気を帯びるデンキイシ(電気石)と



c0180460_17325410.jpg

左のピンク色のルビーの鉱物の入った置物は置物としての値打ちはあるが、宝石としては①変色しない②透明度が高いという特徴がないので値打ちがない、




ダイヤモンドは炭素(元素はC)でできた硬度10の鉱物で、一番硬くてトンネル工事などで大活躍するが、硬度が1違うと鉄と豆腐の違いくらいの硬さの差がある、ダイヤモンドは何事にもおかされないという意味を持っていて、屈折率と光の反射で本物と偽物はすぐに見分けられる、


エジプト王朝時代と現代の宝石研磨の技術は全く変化していない、発掘技術が進化したことは確かだが、


サンゴや真珠、琥珀は有機物で鉱物とは違うが商品価値が高いということで宝石扱いを受けている、


宝石の取れるところは昔から貧乏な国が多く、宝石業界は昔からユダヤ人が牛耳っているのが不思議だ、等々のお話がありました。



c0180460_17345158.jpg

関連して、「沖縄ミネラルマルシェ」の展示販売会や



c0180460_17345271.jpg

「地球の北と南の石」の企画展もあるそうで~す。



c0180460_17384848.jpg

石の会総会後、偶然に立ち寄った「ちゃたんニライセンター」前の沖縄そばのお店の「一本松」の軟骨ソーキそばは550円と安くておいしかったのにはびっくり!でした。みなさんも一度行ってみて下さ~い。




by nami-5963 | 2019-05-12 17:31 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

平成最後の同窓会

不思議な縁で始まった同窓会も今年で25年目の四半世紀を迎え、平成最後の同窓会として「東北三大サクラをめぐる11春景色3日間」の旅に出かけました。沖縄から参加の場合、前後に二泊が加わり4泊5日の大旅行となりましたが、素晴らしい春の東北地方の景色を報告させてもらいます。



c0180460_14581002.jpg
新大阪駅から「のぞみ」で東京に出て、東京駅から東北新幹線の「やまびこ」に初めて乗車して仙台に着き、観光バスに乗り換え東北自動車道で世界遺産の中尊寺に向かいました。



c0180460_14581011.jpg
あいにくの雨で、びしょぬれになりながら1200年前に「争いのない仏国土」を目指して建立された「金色堂」を見学し、



c0180460_14581012.jpg
もう桜は散ってしまい葉桜ばかりの中、満開のしだれ桜を見つけ、みんなで記念撮影をしました。



c0180460_14592309.jpg
その後は、バスに揺られて花巻温泉郷のホテルに着き、温泉につかり美味しいごちそうを食べて見た夜桜は最高でした。



c0180460_14592334.jpg
二日目は、みちのく三大桜名所のひとつで、2Kmに1万本の桜のトンネルがあるという「北上展勝地(きたがみてんしょうち)」を訪ねましたが、素晴らしいサクラはすべて葉桜となっており、残念!



c0180460_14592351.jpg
次の東北屈指のサクラの名所・弘前公園に向かう高速道路沿いは雪景色になり出し、ビックリ!



c0180460_14592387.jpg
弘前公園に着くと、雨にうたれてソメイヨシノは散り始めており、



c0180460_14592376.jpg
おかげでお堀に浮かんだ花びらの「花筏(はないかだ)」を見ることができ、ラッキー!



c0180460_15013043.jpg
雨に煙って岩木山は見られなかったものの、



c0180460_15013009.jpg
本丸の天守の周りのしだれ桜はすべて満開状態でとても見ごたえがあり、



c0180460_15013029.jpg
大満足!



c0180460_15022560.jpg
「ねぷた村」では津軽三味線の演奏が楽しめましたが、もう少し時間が欲しかったで~す。



c0180460_15022529.jpg
次に、「八甲田山の雪の回廊」を目指ざそうとすると、吹雪のため通行止め!との知らせに別ルートで十和田湖に向かい、湖畔を歩きながら高村光太郎作の「乙女の像」までを往復しましたが、



c0180460_15022557.jpg
十和田湖の水のきれいさにビックリ!



c0180460_15022562.jpg
十和田八幡平国立公園でも有名な奥入瀬渓谷は積雪による白黒の水墨画的な世界が広がり、



c0180460_15043714.jpg
普段写真などで目にする緑豊かな世界と異なり、



c0180460_15043723.jpg
また違った趣が楽しめとても素晴らしかったで~す。



c0180460_15043708.jpg
三日目は、初めて見られる青空のもとお宿の湯瀬温泉を出発すると、



c0180460_15043750.jpg
道路は「雪の回廊」のように積雪でいっぱいで、ビックリ!



c0180460_15060518.jpg
道沿いの玉川温泉が強酸性で魚が住めないため石灰で中和しているために宝仙湖の湖水が乳白色を帯びたグリーンでとてもきれいでした。



c0180460_15063123.jpg
さらに下流にある日本一深い湖の田沢湖畔で休憩し、本物の秋田犬(あきたいぬ)を見ることができました。



c0180460_15063189.jpg
最後の観光は角館(かくのだて)の武家屋敷で、



c0180460_15063155.jpg
上級武士の青柳家に入るといろんな展示品の中に「解体新書」の挿図をえがいた青柳家の親戚筋の「小田野直武」の存在を知り、ビックリ!



c0180460_15063159.jpg
さらに、角館は伝統工芸の樺細工(かばざいく)工芸が盛んで、素晴らしいたくさんの作品が鑑賞できましたし、すべて材料はヤマザクラの樹皮だということも初めて知りました。



c0180460_15082027.jpg
一番驚いたのは、ソメイヨシノやヤマザクラも満開状態で青空に映えてとても鮮やかで、



c0180460_15082021.jpg
最高の景色でした。



c0180460_15082074.jpg
これで、二泊三日の東北地方を巡る楽しい思い出いっぱいの同窓会を無事に終えることができました。




みなさん、大変お世話になりありがとうございました。





by nami-5963 | 2019-04-30 22:53 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

県民投票

この2月24日、「名護市辺野古の米軍新基地建設に必要な埋め立ての賛否を問う県民投票」が投開票され、改めて圧倒的な沖縄県民の埋め立て反対の民意が示されました。



c0180460_14311356.jpg
前回の知事選挙より多い43万票、71%の反対票が示され、世論調査でも81%が国は結果を尊重すべきだという数字が出ているにもかかわらず、自民党政府は「結果を真摯に受け止める」と言いつつ無視をし続け、「辺野古が唯一の解決策だ」と言い続けています。「県民に寄り添い、負担を軽減し、丁寧な説明を尽くす」」とは口で言うだけで現実にはますます県民の負担は増すばかりで、一度も丁寧な説明を聞いたことがありません。




このように沖縄と県民を無視する姿勢は、明らかに国による沖縄への差別に他ならず、イジメの典型です。過去2回の知事選挙、度重なる国政選挙の結果でも明らかな沖縄県民の民意を堂々と無視しけることは、社会への悪影響も多大だと感じています。国が堂々と沖縄差別とイジメをすることを常に見せつけられ、見慣れてしまった国民はそれが当たり前のような錯覚に陥り、国内にいじめ問題が後を絶たない社会問題の下地を作る大きな要素になっているように思います。



c0180460_14321477.jpg
また、国の無視と差別政策の長年の継続は沖縄県民にあきらめの気持ちを育て上げ、アルコール依存症やギャンブル依存症になる県民を増やし続けています。その一つの現れは今回の県民投票の投票率が52.48%と低いことです。国民的には無関心やかかわり拒否の姿勢を育み,政府の思うつぼの無関心層の増大を産んでいるのが現状です。




ではどうすればいいのか?これはなかなか複雑で難しい問題ですが、「諦めないこと!」に尽きるように思います。

最後まであきらめず、戦い抜くことです。




辺野古の基地ゲート前に毎日座り込むことも一つなのですが、私は辺野古と同じくらい、いやそれ以上に浦添市に那覇軍港を移転し、原子力潜水艦や大きな原子力空母が軽々と入港できる新たな大きな軍港を作るたくらみを警戒しています。

この埋め立てや軍港移設の事実はあまり公にされず、こっそり進められていますし、このカーミージーの海が素晴らしい自然が残る宝の海だということもまだ、多くの市民・県民には知られていません。



c0180460_14324238.jpg
そこで、この素晴らしい自然の残るカーミージーの海が埋め立てられる前にその海の豊かさと素晴らしさを広く小中学生や市民のみなさんに広めたい!という「カーミージーの海で遊び隊」の活動趣旨があり、この活動を継続していく意義があります。おかげさまで現在までに、165回の観察会を実施し、3439人の市民のみなさんに参加してもらえ、素晴らしい自然を体感してもらえています。

この活動を仲間のみなさんと地道に継続していくことが私の「辺野古闘争」だと思っています。



c0180460_14334084.jpg
今回の県民投票の結果を知事は日米両政府に訴え、工事中止を要請して行きますが、それを支えて今後も粘り強く活動していきたいと思います。それに対して答えを出すのは政府や国会であり、国民のみなさんの側にあることを自覚してほしいと思います。




by nami-5963 | 2019-02-27 14:30 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

今年初めての「おきなわ石の会」の一月定例会が恩納村博物館との共催でサイエンスカフェとして開かれるというので、Aさんといっしょに出かけました。



c0180460_02260409.jpg
一時間も早く着いてしまい、Aさんが行ったことがないという恩納村博物館のそばにある「仲泊遺跡第三貝塚」と「比屋根坂石畳道(ひやごんざかいしだたみみち)」を訪れました。



c0180460_02262405.jpg
琉球王朝時代の国道にあたる「国頭方西海道(くにがみほうせいかいどう)」の比屋根坂石畳道が80mほど現存していて、その坂道の途中の洞窟に3500年前の「仲泊遺跡第三貝塚」がありました。



c0180460_02273452.jpg
石畳道を尾根付近まで登るとルネッサンスリゾートホテルときれいな海が望むことができ、「仲泊遺跡第三貝塚」の住民はこの高台から魚の群れを見つけ、みんなで漁をし、魚介類を食料にしつつ、ヤンバルの森にすむ猪も食べることができたというグルメ三昧な生活をしていたことが発掘調査の結果分かったそうです。



c0180460_02282068.jpg
定刻の10時になり、遅ればせながらの新年のあいさつを交わしながらサイエンスカフェがスタートし、


c0180460_02290259.jpg
会長から「付加体談義」の説明が始まる頃には60人ほどの地質ファンが集まり、いつもながらの大盛況となりました。



c0180460_02372643.jpg
「付加体」とは海洋プレートによって運ばれてきた海底堆積物が大陸プレートにぶつかり、沈み込む部分でどんどん陸側に押し上げられる時に海底堆積物の地層が褶曲したり断層ができ、



c0180460_02325796.jpg
これが沖縄の嘉陽層でみられるということでした。



c0180460_02333247.jpg
そのため、沖縄でも太平洋側には新しい地層が分布し、東シナ海側に古い地層が分布する特徴がみられると丁寧な説明がありました。




その後、このことを実証する実験が三つありました。



c0180460_02341270.jpg
一つ目は、土砂がどのように堆積するかの実験で、土砂の荒い大きい粒の物が先に沈み、小さい細かい物が後に沈み地層を作ることが証明され、みなさんガッテン!のようでした。



c0180460_11002605.jpg
二つ目の実験は濡れタオルを沈み込みプレートに見立てた板で押していくとどんどん地層が押し曲げられて褶曲ができていく様子がよく分かりました。



c0180460_02350318.jpg
三つ目の実験は水平な互層状態にしたココアと小麦粉の地層を沈み込みプレートに見立てた板で押して行くと目の前で褶曲や断層ができるのにみなさんビックリ!



c0180460_02342136.jpg
これが一番工夫されていてよく理解できるように思いました。




いろいろと難しいことがよく理解できるように工夫して頂いたことに感謝感激!で、本当にありがとうございました。



c0180460_02353941.jpg

この後、Aさんが初めてだという恩納村博物館を見学して回り、



c0180460_02361310.jpg

隣の「道の駅おんな」でおいしい昼食を食べて帰路につきました。

Aさんの安全運転に感謝!ありがとうございました。





by nami-5963 | 2019-01-14 10:52 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

謹 賀 新 年



c0180460_00133606.jpg

2019.1.1


明るく平和な一年でありますよう祈りしております


亥年の「猪突猛進」ではなく、じっくり確実な歩みを進めたいと思いますので、
今年もよろしくお願い致します


なみまる






by nami-5963 | 2019-01-01 00:14 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

湧き水巡りの忘年会

湧き水fun俱楽部で西原町にでかけての「金丸ゆかりのカーを訪ねて」と題した忘年会があり、14人が参加しました。



c0180460_03091540.jpg
最初に西原町のサンエーの駐車場に集まり、サンエーの南東部にあるジーマヌウカーを訪れると、金丸が漁網を干したところとの説明がありました。



c0180460_03091501.jpg
車で翁長地区に移動すると翁長ヒージャーガーがあり、ここには色や形が血管や沖縄の細モズクに似ている「シマチスジノリ」が生育しているそうで、



c0180460_03091522.jpg
その後山道を登り、テラコシノロガーにも行ってみました。



c0180460_03091504.jpg
テラコシノロガーは幸地ノロが稲穂祭の時に祭祀を行ったことが由来だと「琉球国由来記」に載っているそうです。



c0180460_03113860.jpg
天気が良くなり、気温も高くなり汗ばむほどになってきた頃に内間御殿に着きました。



c0180460_03121181.jpg
ここでは「ニシハラ歴史ガイド」のお二人が詳しく丁寧に案内をして下さいました。



c0180460_03121176.jpg
内間御殿は金丸が第二尚氏王統の初代国王・尚円王に即位するまで住んでいたということから国の史跡にも指定されており、現在は石垣の修復中でした。



c0180460_03121273.jpg
金丸は「英雄色を好む」の通りのイケメンだったそうで九人の愛人(お手つきさんというそうでした!)もいたということと、内間御殿内にも五つのカーがありとても水が豊富な地で稲作も盛んだったことで、財力を蓄えた金丸が国王に上り詰める力を蓄えていった場所だということがよく分かりました。



c0180460_03121287.jpg
最後に掛保久(かけぼく)の親川(ウェーガー)にも寄り、


c0180460_12422775.jpg
みんなで記念撮影をし、お二人のガイドさんにお礼を述べてお別れしました。




昼食はすぐ近くのレストランでおいしいランチをとり、ビンゴゲームを楽しみ、参加者一人ひとりがこの一年を振り返り、とても充実した忘年会となりました。




みなさんこの一年大変お世話になりました。来年もよろしくお願いしま~す。





by nami-5963 | 2018-12-16 09:02 | 沖縄の不思議 | Comments(0)