人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

<   2008年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ブーゲンビレア

まちをドライブしているととっても綺麗なブーゲンビレアに出会いました。こいつはすごいや!と車から降りて近付くと、その立派さにさらに驚きました。

c0180460_23372196.jpg

長さ6mほどに金網沿いに長く伸ばした太さ5cmほどの枝から、花の咲く小枝がたくさん上に伸びています。実にきれいで、見事に手入れされていました。根元のほうに目をやると、幹回りは40cmもあり、ビックリです。周りを見渡すと、もっとすごいものを見つけました。ここのブーゲンビレアは横に6m伸びているだけでしたが、

c0180460_2341453.jpg

お隣の家のものは「チ」の字状に一階にも二階にも左右に枝を這わせているのです。こりやぁ~すごい!とうなってしまいました。ここのおうちは、どうやら造園関係のお仕事をされているようでした。それにしてもここまで育てるのに何十年かかっているのた゜ろうか?と想像をめぐらせてしまいました。
ブーゲンビレアは南米原産、花言葉は「情熱、貴女は魅力に満ちている」だそうで~す。
by nami-5963 | 2008-12-11 23:57 | 花・草木 | Comments(0)

シーサー

沖縄のシーサーは魔除け・守り神の意味を持っています。宮古方面では阿吽の形(阿が雄、吽が雌)の二頭を、本島では一頭を屋根や門柱に飾るそうです。はじめて沖縄に来た16年前、国際通りでお気に入りのシーサーに出会いました。下の写真がそれです。
c0180460_18331279.jpg

何より笑顔が最高!徳利と杯を持っているのが、さらにいい!!いっぺんに気に入ったけれど、でかい!高い!で手が出ませんでした。それからも沖縄に行くたびに国際通りに出かけ、いいシーサーやなぁ~!と眺めて楽しんでいました。そのうちに店の人が、このシーサーを作っている窯元さんを教えてくれました。大当窯(うふどうがま)でした。その後は時間が過ぎ、沖縄に引っ越して来て、残波岬に出かける機会がありました。暑い日だったのでローソンで冷たいお茶を買い込んで、駐車場を出るとすぐに「大当窯」の大きな看板が目に入りました。「あの酒飲みシーサーの店や!」と、偶然な出会いとなりました。お店の奥さんとこの16年間の思いや息子さんが店を継いで頑張っていることなどを楽しくゆんたく(おしゃべりのこと!)しました。最後に念願の小ぶりなシーサーを頂いて帰りました。

c0180460_18362781.jpg

今では、キッチンから毎日、私たちを見守り、励ましてくれていま~す!
みなさんも一度訪ねてみてはいかがですか?陶芸体験もできるようですよ。

大当窯(うふどうがま)
〒904-0322 沖縄県読谷村字波平1821-2
TEL&FAX 098-958-1253
http://www.si-sa-ya.com
by nami-5963 | 2008-12-10 18:44 | 物産 | Comments(2)

夜の怪人たち?!

夜の水中は、昼とは違った神秘的で不思議な世界に変身するんです。その一端を紹介してみましょう。

c0180460_18225196.jpg

左の写真はヤリカタギというチョウチョウウオの仲間。体の後ろの方が角ばったかんじになっていて、昼間はサンゴのポリプを食べて生活しています。だからオニヒトデにサンゴがやられると、姿が見えなくなってしまいます。


c0180460_3254581.jpg

右の写真は夜のヤリカタギ。ちゃんとパジャマに着替えたように変身しています。多くの魚は夜には目立たないような地味でくすんだ色や赤っぽい色に変化し、夜行性の魚に襲われないようにしているんです。素晴らしい知恵ですね!


c0180460_3353145.jpg


おまけ!
左はヤリカタギの幼魚。サンゴの枝の間でよく動き回り、大きな魚から身を守っています。赤ちゃんって、どこの世界でも本当にかわいいですね!我が家の孫も昨日満一歳になりました。





c0180460_443770.jpg

夜は大物に出会うことが多いんですよ。これは30cmもあるウミウシの仲間、ゼニガタフシエラガイです。この大きさに、なんじゃこりゃ~!と水中で思わず叫んでしまいました。昼間にはこの16年間出会ったことはありません!不思議ですね?!


c0180460_4244816.jpg

一番驚いたのはこのオオカイカムリというカニの仲間。40cmほどの体の背中にカイメンをたくさん背負い、カモフラージュしているのですが、動き出した時には本当にお化けに見えました。昼間はカイメンだけを見せてじっと身を守っているんでしょうね。水中の世界はもう、びっくりすることばかりで~す。
by nami-5963 | 2008-12-09 04:53 | ダイビング・クジラ・水中写真 | Comments(2)

寝相もいろいろ

ウツボのような夜行性の魚もいますが、多くは夜に眠ります。サンゴの産卵に出会うまでのナイトダイビングで見られた寝姿を紹介してみます。

c0180460_833283.jpg

有名なのはブダイの膜です。口から粘液を出し、その中に入って眠ります。この自家製寝袋は自分の臭いを封じ込んだ巧みな身を守る手段と考えられています。


c0180460_12572165.jpg

若いアオウミガメが気持ちよさそうに眠っています。よく見ると、サンゴの下に甲羅を潜り込ませ、左肩はサンゴの出っ張りでちゃんと支えています。こういうのを生活の知恵!というんでしょうね。それも三日間とも同じ場所で同じポーズで眠っているんですよ。よっぽど居心地がよくて住み着いているようです。昼間は、下の写真のように寝床の近くで元気よく遊泳していま~す。
c0180460_145881.jpg


c0180460_13185033.jpg

ハギの仲間はサンゴの隙間や岩の穴に上手に入り込んで眠っています。このハギはさらに念入りにサンゴをしっかりくわえ込んで体を支えていました。ウルトラCの技に、お主やるな!と拍手を送りました。
by nami-5963 | 2008-12-08 13:41 | ダイビング・クジラ・水中写真 | Comments(2)

サンゴの大産卵!

ダイビングを始めて16年になりますが、今までサンゴの産卵に出会うチャンスはありませんでした。TVなどですごいなぁ~!と感動するばかりでしたが、今年の6月にやっと感動の出会いに恵まれました。

c0180460_2147367.jpg

大潮の夜の8時以降がチャンスなんですが、その現場に出会うにも三日もかかりました。その日は、サンゴの表面にピンク色の粒がどんどん押しだされてきました。この粒の中に卵子と精子が入っています。



c0180460_2224928.jpg

しだいにゆっくりとピンクの粒がサンゴから離れ出し、真っ暗な海中がピンク色に染まります。すご~い!と水中でも叫ぶ、感動の瞬間です。これが水面に到達し、はじけて精子と卵子が受精します。

c0180460_22275425.jpg
大潮は潮の干満の差が一番大きく潮の流れも速く、受精卵を広い範囲に届けるには一番の条件がそろっているのです。それをよく知っているナマコも、普段は横たえている体を起立させて必死に放精・放卵をしていました。子孫を残そうとする一生懸命でけなげな姿に感動のしっぱなしでした。


このようなたゆまぬ命の営みが、地球上に面々とつながる命のリレーを確かなものにしてきたんだ!と感動した退職後の一日でした。
by nami-5963 | 2008-12-07 23:38 | ダイビング・クジラ・水中写真 | Comments(0)

サンゴ染め

首里城の近くを散策していると「中山門跡」という石碑を見つけました。「守礼の門」はあまりにも有名ですが、こんな門もあったんだ!と説明文を読んでいると、そこはちょうど染め物屋さんの店先でした。
c0180460_19331984.jpg

ちょっとのぞいてみようかな、と軽い気持ちで入ってビックリ!三階建てのすべてがまるで博物館のようでした。染色作業も見学できますし、お茶・泡盛・黒糖の接待もあり、すっかり長居をしてしまいました。
c0180460_1944214.jpg

c0180460_19465624.jpg

c0180460_1949454.jpg

サンゴ染めは、先代が台風の後の海岸でサンゴが割れた断面の複雑な模様を見て、ひらめかれたそうです。私もかわいいお魚の額を頂きました。みなさんも立ち寄ってみてはいかがでしょうか?





首里琉染  
〒903-0825 沖縄県那覇市首里山川町1-54
tel.098-886-1131 fax.098-887-3125
URL.http://www.shuri-ryusen.com
by nami-5963 | 2008-12-06 20:38 | 物産 | Comments(2)

泡瀬干潟

c0180460_212987.jpg


沖縄に来て、本屋で「沖縄の潮干狩と磯遊び」に出会い、そこで泡瀬干潟の存在を知りました。大阪で50年前にやった潮干狩が懐かしくなって出かけました。はじめは2~3個の貝しか獲れなかったのが、だんだんと慣れてきて、たくさん獲れるようになりました。面白くて楽しくておいしいので、はまってしまい、潮汐表を手に大潮の干潮時を心待ちにしてせっせと出かけました。本に書いてあった「訪れた人をとりこにする!」の言葉どおりでした。大阪では50年前になくなってしまったこんな豊かな自然を埋め立てる計画が進んでいると聞き、信じられませんでした。もったいない!もったいない!!

c0180460_21222782.jpg

ここは、地元の小学生の貴重な学習の場にもなっています。砂に隠れたミナミコメツキガニが出てくるのを静かに待ち、出てきたカニを手のひらに乗せて大喜び!

c0180460_21311268.jpg


こんな素晴らしい自然が残っているところは世界的にも珍しいのだそうですが・・・「灯台下暗し!」なんでしょうか?!?埋め立てるなんて、もったいない!もったいない!!
by nami-5963 | 2008-12-05 22:10 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

トックリキワタ

沖縄で生活して感じることは、いつも何かの花が咲き誇っている、ということです。花の楽園!です。 関西人としては、紅葉・黄葉が見られないのがちょっと寂しいのですが・・・

c0180460_1823196.jpg



11月頃からピンクの花が目立ち始めました。濃いピンク~ピンク~うすいピンクと色にも個性があります。 トックリキワタ(徳利木綿)です。
幹が徳利のように膨らみ、綿に包まれた黒い種をつけるそうです。   (最近は小回りの利く新車のバイクを乗り回していま~す)









c0180460_18191073.jpg

立派なトックリキワタのある近所のお家の奥さんに「青空に映えてきれいでいいですね~!」と声をかけると「毎日、掃除が大変さぁ~!」の意外な返事をもらいました・・・
by nami-5963 | 2008-12-04 19:06 | 花・草木 | Comments(2)

天体ショー

今日はとってもいい天気で、すがすがしい一日でした。
朝日は日輪を伴っていましたし、

c0180460_22461516.jpg


夕陽もとてもきれいでした。その夕焼け空に月・金星・木星(大きい順に!)がきれいに並んで、素晴らしい天体ショーを見せてくれていました。

c0180460_2253955.jpg


思わず、「サザエさん」の歌の「あしたもいいてんき~!」を口ずさんでいました。
by nami-5963 | 2008-12-03 23:11 | 宇宙・天体 | Comments(2)

横断幕

関西から憧れの沖縄に引っ越してきたなみまるで~す。
念願のブログがやっと開設できました!
関西人の目で見た沖縄生活の不思議につっこみを入れて行きたいと思います!
今後ともごひいきに!!

記念すべき第一回目は、「横断幕」について!

沖縄の連絡事項は街中の横断幕でされることが多いようです。

c0180460_1563671.jpg


これは大学祭の案内ですが、同窓会やゴルフの案内から選挙事務所開きまで、いろいろ見かけます。関西から来た者にとってはこの連絡方法が不思議でたまりません。

c0180460_18523966.jpg

by nami-5963 | 2008-12-02 15:14 | 沖縄の不思議 | Comments(6)