人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

<   2009年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

穏やかで暖かい日が続き、汗ばむほどの陽気の中、世界遺産の玉陵(たまうどぅん)の解説会*に出かけました。ここは首里城の西側にあり、琉球王国の第二尚氏王統歴代の陵墓で、第三代の尚真王が、父である初代の尚円王のお骨を納めるために1501年に造った墓だそうです。
自然の岩山を掘りぬいた三つの墓室が連なっています。

c0180460_2112068.jpg

王がなくなると真中の中室に収められます。次の王が亡くなった時に、洗骨して東側の東室に収め直されます。

c0180460_21135450.jpg

この東室には歴代国王と王妃の遺骨が現在も葬られているそうです。

c0180460_2117941.jpg

西側の西室は、王になれなかった王子たちが葬られているそうです。
周りに木が多く、風水上の配慮が尽くされ、魔物が寄り付かないような造りになっています。

c0180460_21182667.jpg

中国産のキリョク岩製の魔除けの石獅子(シーサー)も立派なものがいくつも墓の上から睨みを利かせています。
c0180460_21191527.jpg


c0180460_21233875.jpg

遺骨を納める厨子甕(ずしがめ)も中国産のキリョク岩製、琉球石灰岩製、陶器製などと時代に合わせて変化しているのも見ものでした。
c0180460_21243838.jpg


第二代と七代の王が入っていないことにも人間臭さが垣間見られるような、歴史的文化的遺産でした。解説員の説明も丁寧で分かりやすく、有意義な一時間でした。

世界遺産の解説会*
世界遺産の「玉陵」と「織名園」で奇数月の第三日曜日、午前10時~11時の間、管理指導員が園内を案内しながら歴史や遺産の特徴を解説してくれます。参加・入園料は無料(普段は有料!)ですのでみなさんも参加してみてはいかがですか?
「玉陵」TEL098-885-2861  「織名園」TEL098-855-5836
by nami-5963 | 2009-01-19 21:35 | 歴史・史跡・世界遺産 | Comments(0)

初潜り・砂辺

初潜りの二日目は、西海岸の砂辺でした。よく晴れていて、私のホームグラウンドの慶良間諸島も自分のマンションもよく見えました。

c0180460_148688.jpg

ビーチエントリーして最初に出会ったのは、大きな口を開けて海の中をぐるぐる旋回しているグルクマの大群でした。これは水面近くの動物プランクトンを、えらでこし取って食べている姿で、まさに集団朝食中!集団の中で口を閉じている魚は、それなりのりりしい顔だちなのですが・・・

c0180460_151814.jpg

一時間後に帰る時にも同じ格好をしていましたので、海の中でエサを得て、生きて行くということは大変なことのようです。

c0180460_1531614.jpg

海底では、岩の表面に生えた藻などをつついて食事中の魚もたくさん見かけました。コンビニやスーパーを持たない魚たちは、毎日!この食事を繰り返し、生きながら子孫を残すことに一生懸命なのです。

c0180460_156231.jpg

次に出会ったのは、冬のシーズンになると深い海から浅場のサンゴの隙間に卵を産みにやってくるイカの仲間のコブシメです。大小合わせて9匹いましたが、今回は警戒心が強く、あまりそばに寄れず、残念でした。

c0180460_1583237.jpg

水を勢いよく噴射して遠ざかる時に視線が合い、お互いを意識しているのがよく分かりました。

c0180460_223050.jpg

次は、今まで一度も出会ったことのなかったキンチャクガニのご夫婦です。五ミリほどのカニが両手(ハサミ)にイソギンチャクを持ち、ポンポンを振るように上手に動かします。「これは毒を持つイソギンチャクだぞ!こわいんだぞ!」とアピールし、わが身を守っています。小さなカニバサミイソギンチャクも、どこからかちゃんと自分で見つけてくるところが偉いですね。

c0180460_28855.jpg

他には珍しいチンヨウジウオがいました(上)。本当に爪楊枝ぐらいの大きさで、頭が白くてビックリ!でした。また、サンゴのポリブの間に毛むくじゃらの体のオランウータンクラブも見かけました。姿かたちがオランウータンそっくりなカニで、目がオレンジ色に輝いているのが印象的でした(下)。
c0180460_2134983.jpg


c0180460_220769.jpg

最後に、普段は単独行動をしているオグロトラギスのご夫婦に出会いました。今年も仲の良い
「夫婦愛」をテーマに、写真を撮り続けたいと思いました。

c0180460_2271522.jpg

帰る時に見たソフトコーラルの群生が、逆光できれいに浮かび上がっているのも、とても幻想的でした。
by nami-5963 | 2009-01-18 03:41 | ダイビング・クジラ・水中写真 | Comments(3)

初潜り・レッドビーチ

正月から荒れ模様の天気が続き、寒さも厳しく海も大荒れ!しかし、「待てば海路の日和あり!」で、風も波もない絶好のダイビング日和となりました。

c0180460_231853100.jpg

太平洋側の金武(きん)町のレッドビーチに出かけました。まるで温泉にでも入る雰囲気で、今年初のダイビングとなりました。

c0180460_23205259.jpg

最初にとても珍しい、ニシキフウライウオのご夫婦とご対面!

c0180460_23234228.jpg

大きい方が雌で、卵を抱えてお腹が膨らんでいました。やせっぽっちの雄が貧相!

c0180460_23254257.jpg


c0180460_23282469.jpg

次に出会ったのは、アカククリのご夫婦の二組。あっちゃ向いたり、こっちゃ向いたりしていました。

c0180460_233046.jpg

その横にはアカククリの名前の由来になった、体のふちを蛍光オレンジ色で「赤色でくくっている!」若魚がいてビックリ!このどぎつい色彩と縁取りは、毒を持っているヒラムシの模様をまねたもの(擬態)だそうです。

c0180460_23325519.jpg

鼻筋が通っていてとても凛々しい姿!も。

c0180460_23352959.jpg

そのヒラムシが、体をひらひらとくねらせて泳いできました。

c0180460_23382921.jpg

岩の上に着地しましたが、とても大きくてビックリしました。

岸へ戻ろうとしていると、珍しいものに三つ出会いました。

c0180460_23405152.jpg

ひとつ目がイトヒキフエダイ!砂地のエサを狙っていたようで、体色を白っぽくしたり(上)、黄色に戻したり(下)していました。逃げようとしないので、写真は撮り放題でした。

c0180460_23423098.jpg


c0180460_23461943.jpg

二番手は、砂地を這いまわっていたイッポンテグリです。腹鰭の一部が「一本の指」のようになっていて、これで砂地を歩くように移動します。口紅をつけたようでとてもオシャレですね。

c0180460_23483743.jpg

もう岸に着く!という時に、四匹のナンヨウツバメウオの幼魚が太陽の光を浴びながら、優雅に泳いでいました。海っていいもんですね!

c0180460_23522328.jpg

帰り道に遅い昼ごはんを食べました。「和泉食堂」のアーサー汁定食(780円)が、美味しくってボリューム満点で大満足でした。

本島でのダイビングはギャラリーHでお世話になっています。カメラマンには特にお勧めですので、みなさんも一度、利用してみて下さい!
Gallery H  
〒902-0061 沖縄県那覇市古島2-5-24-101
TEL 098-884-5764 携帯090-8740-8826
URL:http://gallery-h.photo-web.cc/
by nami-5963 | 2009-01-17 00:03 | ダイビング・クジラ・水中写真 | Comments(0)

金魚とメダカ

「タント」と一緒に沖縄にやってきた金魚とメダカのその後についてもふれてみますと・・・3cmほどの金魚が2匹、メダカが20匹の引っ越しには米びつのような大きなタッパーを二つ用意しました。タッパーにはたくさんの水草を入れて呼吸がしやすいようにしましたが、二泊三日を光の当たらない船室ですごしたため、三分の一のメダカは死んでしまい、あとは元気もなく、弱り果てていました。新しい家に着くなり、すぐに水をかえ、水草に光を当て、塩を一つまみ入れてやりました。塩は皮膚病や弱った時に効果があると聞いていましたが、効果てきめんで金魚もメダカも少しずつ回復して行ってくれ、ホッとひと安心!生活環境を整えるため、大きなバスタブを買って来て、あったかい環境でしっかり三度の食事を取りだすと、金魚もメダカもどんどん大きく成長し出しました。2匹の金魚は偶然にも雄と雌だったようで(大きい方が雌!)、4~5cmくらいに成長しだした6月頃から、朝の6時ごろにバシャバシャと水しぶきをあげながら水草に、卵を産みつけ出しました。メダカも毎日確実に、水草に卵を産みつけています。卵のついた水草を別の水槽に移し、新しい水草を与えてやるとどんどん卵を産み続けました。

c0180460_2348262.jpg

それでも、卵から大人になるまでに成長するのはなかなか難しいのですが、金魚の赤ちゃんもどんどん増えながら成長し、今では5匹家族になりました。

c0180460_2351563.jpg

大きくなりすぎて?今では25cmにもなってしまい、まるでコイのようです。
エサをやる時には、水面をかき混ぜ、口をパクパクさせてみんなが集まってきたらエサを与えます。

c0180460_23552765.jpg

これを見ていた孫は、自分もやりたくてたまらないようで、同じようにさせてやると大喜び!!
金魚もメダカも次の世代を残しながら元気に過ごしていま~す!
by nami-5963 | 2009-01-16 00:12 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

タント

私の愛車は、ダイハツの「タント」です。つい最近まで、「荷物がたんと(たくさんの大阪弁)載せられる!」という関西的ダジャレから名前がついたということを知りませんでした。この愛車を引越しの時は、大阪の南港から出る有村産業のフェリー「飛龍(1.6万t)」で沖縄に運びました。二泊三日の豪華な船旅で、ギターと金魚・メダカも一緒でした。乗客が少なく、「えらいすいてるな~!」と思っていたら、乗船後すぐに、赤字経営と原油の高騰が重なり倒産してしまいました。「飛龍」の最後の航海に立ち会ったことになり、とても感慨深かったです。

c0180460_583052.jpg

西宮では「タント」のナンバープレートを「1234」にしていました。これがよく目立ち、「昨日、本屋にいたでしょう!」、「〇〇を走っていましたね?!」と、職場でよく声をかけられました。そんなことがあったので、退職して沖縄に来てからは自分へのご褒美のつもりで「5963」にしました。時々、信号待ちをしていると、後ろの車に乗っている人たちが、こちらの車を指さして笑っているのを見ると、まだ目立っているのかな?!と思うことがあります。次は、「4649」「2525」「7777」「8888」等にしようかな?と思っていま~す。4200円を別途支払えば、好きな番号を選べますので、みなさんも一度試してみて下さい。車の運転も楽しくなっちゃいますよ!
by nami-5963 | 2009-01-15 05:09 | 沖縄の不思議 | Comments(0)
今回の料理教室は男性限定で、スタッフの女性が補助で入った以外の7人は男性という、こじんまりとしたアットホームなものでした。

c0180460_22364767.jpg

講師が牧師さんで、会場が教会というのもユニークでした。

①大根キムチと②白菜キムチ作りに取り組みました。大根を①用に角切りし、②用に千切りにしてどちらも塩ふりし、水分を取り除きます。

c0180460_2241755.jpg

その大根を水洗いし、小エビ、イカの塩辛、唐辛子、ナンプラーなどの調味料を入れてよく混ぜます。どちらも常温で12時間かけ、発酵させることがみそだそうです。

c0180460_22433940.jpg


韓国では発酵させていないものは、キムチとは呼ばない!そうで、目からうろこでした。①は三日冷蔵庫で寝かせると食べごろになるそうです。

c0180460_22454639.jpg

②の白菜は前日から水分を取る下ごしらえを講師さんがしてくれていたものに、調理した千切り大根を根元部分から詰めていき、一週間ほど冷蔵庫で寝かせると食べごろになるそうです。今日作ったものはすぐに食べられないのでお土産にし、講師さんが作り置きしてくれていたもので、美味しい昼食会となりました。

c0180460_22482837.jpg

男同士で、いろんなことを楽しくゆんたく(おしゃべり!)することができ、とてもよかったで~す。
by nami-5963 | 2009-01-14 01:58 | 料理・食文化 | Comments(0)

成人式と救急車

1月12日は成人の日で祝日でした。孫が通い始めた無認可の保育園もお休みで、風邪気味なため、薬持参の一日保育を引き受けました。朝、迎えに行き、一緒に遊び、昼寝をしたりしている時は37.5℃位でした。おうどんが食べたい!というので私が作り(やっと作れるようになりました!)、よく食べたので安心していると、39.9℃の熱になり、慌てて那覇の救急病院に夫婦で運びました。風邪・インフルエンザが流行っていて、3時間待ちの混雑ぶりでした。その間に40.6℃になり、ぐったりしている孫を抱きながら、この3時間の間に不思議な体験をしました!救急車で運ばれてくるケースが3件あり、どんな大怪我をした人か?重病人か?と見ていると、3件とも若い夫婦の子連れでした。どうやら最初のこどものようで、熱が出て慌て!驚き!救急車を呼んだようですが、うちの孫よりとても元気で、診察も後回しにされていました。

c0180460_0354640.jpg

そばに「救急車はタクシーではありません!」のポスターがあり、複雑な心境になりました。今年の那覇の成人式はいつものように全国のTVで話題になっていましたが、何かおかしい!?ちょうど前日に、中高生が熱演する「肝高の阿麻和利」を見てきただけに・・・
おかげさまで、孫は座薬を入れてもらって熱も下がり、インフルエンザでもないということで、風邪薬をもらって無事帰って来ました。明日も1日保育を引き受けることとなり、孫と過ごせることが楽しみで~す。
by nami-5963 | 2009-01-13 00:43 | 沖縄の不思議 | Comments(0)
昨日の新聞を見て、びっくりしたり笑ったり!この間の寒波に、宮古島の海岸に魚が仮死状態で二十匹以上が打ち上げられ、近くの住民がお持ち帰りした!とか、今帰仁(なきじん)ではあられが降った!そうです。沖縄でも、こんなことがあるんですね?!

c0180460_22312968.jpg
うるま市で、この地域の中高生だけで演じる本格・琉球史劇の公演があり、出かけました。去年の11月にはハワイ公演もしたとかで、とても関心を持っていました。その名は、現代版組踊・肝高(きむたか)*の阿麻和利(あまわり)です。どんな劇かは、パンフレットの説明をお借りします。


c0180460_22325927.jpg



『「肝高の阿麻和利」は約550年前、沖縄戦乱時代の勝連城主「阿麻和利」の物語を地元中高生が総勢1OO人で演ずる組踊の舞台です。「組踊」とは「音楽・舞踊・台詞」で構成される琉球古典劇で、能や歌舞伎に近く、約300年の歴史があります。「肝高の阿麻和利」は新作組踊で、演技、バンド、ダンス等を取り入れつつも古典劇の形はそのままに「沖縄版ミュージカル」としての作品となっています。2000年3月の初演以来、公演回数通算123回、述べ8万人にご来場いただきました。』
(パンフレットの説明より)



中高生の元気のよい一糸乱れぬ演技とその迫力、郷土の歴史と「阿麻和利」に誇りを持ち、自信にあふれた力強い演技。公演を見終わるとその素晴らしさに感動し、会場は大きな拍手で一杯でした。ただの中高生ではなく、もうプロ!の「肝高」の中高生でした。また、このような素晴らしい公演ができるのは、彼らを支えて10年にもなる「あまわりロマンの会」があり、たくさんの先輩、親、家族、先生たちのバックアップがあったればこそ、と感じました。さらに、幼稚園児や小学生の観客も多く、休憩時に兄さんや姉さんの演技を、通路や廊下で嬉しそうに真似ているのを見て、そのすそ野の広さに驚かされました。沖縄の文化レベルの高さに触れた感動の一日でした。

c0180460_2240573.jpg

公演後、観客を会場から見送る彼らの達成感にあふれ、満足しきった笑顔をご覧下さい。

c0180460_22432527.jpg

c0180460_2246739.jpg

c0180460_2247782.jpg

c0180460_2250374.jpg


肝高(きむたか)*  「心豊か」「気高い」「品位ある」などを意味し、沖縄最古の歌謡集「おもろ              さうし」にしばしばみられる古語。勝連および勝連城の美称。

あまわりロマンの会   TEL 098-978-0608   http://www.amawari.com
by nami-5963 | 2009-01-12 00:13 | 沖縄の不思議 | Comments(0)
この四日間、日本全国が強い冬型の気圧配置におおわれ、荒れ模様の天候が続いていますね。ここ沖縄でも気温は今までの最低の11度に下がり、強風が吹き荒れています。

c0180460_1484761.jpg

ベランダの植物の葉っぱもちぎれまくって飛び散り、目の前の海も荒れまくり、白波が大きく立っています。
ベランダの植物の一つにセイロンベンケイソウがあります。これは、セイロン島を含めた熱帯地方に広く分布し、日本では沖縄の南西諸島や小笠原で自生しているそうです。

c0180460_155811.jpg

このセイロンベンケイソウも悲惨なくらい葉っぱがちぎれてなくなってしまいました。セイロンベンケイソウはたくさんの弓矢が突き刺さっても死ななかった「弁慶」の名前を付けてもらっているように、とても強い生命力を持っています。別名が、「はからめ」と言われるように、葉っぱから新しい芽を出して増えていきます。不思議な生命力ですね!

c0180460_14133690.jpg

12月の強風で飛び散った葉っぱが、まわりの植木鉢で新しい芽を出して成長しているのを見つけました。
c0180460_2355493.jpg


2~3年で、1.5mほどに成長し、灯篭(とうろう)に似た花をつけるため、「灯篭草」とも呼ばれているそうですが、私にはたくましい生命力からついた「はからめ」や「弁慶草」の方が、ぴったりのように思えてなりません。
by nami-5963 | 2009-01-11 00:03 | 沖縄の不思議 | Comments(2)
私の新年早々の買い物は、包丁とまな板でした。
c0180460_1742128.jpg

包丁はセラミック製でよく切れますし、まな板は切ったものを鍋や容器に入れるのにとても便利な作りになっていて、感心しています。
c0180460_17435932.jpg

今年もいろんな料理ができるようになりたいと思い、新聞の案内欄を見ていると、「男の料理教室」がたくさんあるのを発見!し、早速昨日は、韓国料理にチャレンジしてきました。

c0180460_1746384.jpg

講師の先生が説明しながらまず見本を作ってくれました。上が韓国の正月料理のグジョルパン、下の左がなつめの実入りのご飯のテチュバプ、下の右がもち入りスープのトッククです。

c0180460_17503121.jpg

グジョルパンの真ん中にあるのが餃子の皮のようなミルジョンピョンで、これに周りにある8種類の具材を包み込んで食べます。具材は、ミルジョンピョンの右に卵の黄身を焼いたものの千切りがあります。時計回りに、干しエビ、貝割れ大根、牛肉、卵の白身の千切り、人参、ほうれん草、椎茸の8種類の具材が並びます。とても色彩的にきれいですね。

今度は自分たちが作る番になり、ネギを切っていると、自分の指まで切ってしまいアウト!手当てをしていてあまり参加できず、残念!!グジョルパンの8種類の具材を包み込んで食べるミルジョンピョンを焼くのにやっと参加できたくらいでした。

c0180460_17484143.jpg

私たちの班の作品がこれです。みんなで食べるとニンニクとゴマ油の味がよく効いていてとても美味しかったで~す!

「男の料理教室」ということで参加しましたが、男性は私ひとりで、緊張の余り?ドジを踏んでしまいました!!
by nami-5963 | 2009-01-10 01:11 | 料理・食文化 | Comments(0)